NETGEAR 無線LANソリューション コンシューマー用APはもう卒業! 中小企業に最適な無線LANとは?

企業ネットワークの“主役”を無線LANが担う時代が到来している。だが、「目に付くのは、高価な大企業向けか、コンシューマー用の無線APばかり……。中小企業に最適な無線LANソリューションが見当たらない」とお困りの方も多いのでは? そんななか、中小企業に特化した無線LANソリューションを提供するのがNETGEARだ。
杉田哲也氏

ネットギアジャパン
社長
杉田哲也氏

 有線LANインターフェースを持たないスマートフォン/タブレットの普及を背景に、オフィスや学校、病院などで無線LANが急速に広まっている。

 もちろん無線LANは以前からオフィスなどでも利用されてきたが、最近の特徴は“主役”を任されるケースが増えていることだ。かつて無線LANというと、会議室などで部分的に使われる“脇役”としての導入が多かった。しかし今は、有線LANに代わるメインインフラを担うことが多くなっている。

 今後このトレンドがますます加速することは間違いないが、そこで知っておきたいのが次のポイントである。無線LANに堂々と“主役”を張らせるには、無線LANコントローラーという“裏方”が欠かせない──。

2種類ある無線LANの構築法 本格活用なら集中管理型を!


 無線LANをすでに導入している企業の中には、コンシューマー用の無線LANアクセスポイント(以下、無線AP)を採用しているところも少なくないだろう。会議室などへの部分導入であれば、確かにコンシューマー用の無線APで十分かもしれない。

 しかし、オフィスのフロア全体を無線LAN化するなど、無線LANをフル活用したい場合には違う。無線LANコントローラーが必要だ。

 無線LANの構築方法は大きく2つの方式に分かれる。まずは、個々の無線APが独立して動作する「自律型」だ。個々の無線APを1台ずつ設定・管理する必要があるため、複数台の無線APを設置する場合は運用管理が大変になる。コンシューマー用無線APはこちらに該当する。

 もう1つは無線LANコントローラーを活用する「集中管理型」だ。複数台の無線APをまとめて設定・管理したり、ある無線APが故障したら別の無線APが自動的に電波出力を上げて、そのエリアをカバーするなど、複数台の無線APを自動連携させることもできる。無線LANコントローラーと無線APは、同一ベンダーの製品を組み合わせることが必要だ。

 オフィスなどのメインインフラとして無線LANを導入する場合、選ぶべきは当然、集中管理型のほうだが、実は1つ課題もあった。それは「中小企業にとって、無線LANコントローラーは非常に高価」という課題である。

 ただ、それも、もはや過去の話のようだ。「NETGEARの無線LANソリューションなら、中小企業の方にも容易に手が届きます」とネットギアジャパンの杉田哲也社長は語る。

NETGEARの無線LANコントローラー「WC7520」と2.4GHz/5GHzを同時利用できるデュアルバンド無線LANアクセスポイント「WNDAP360」

NETGEARの無線LANコントローラー「WC7520」と2.4GHz/5GHzを同時利用できるデュアルバンド無線LANアクセスポイント「WNDAP360」。無線APは自律型で運用することもできる

図表1 無線LANコントローラー「WC7520」の機能の一例

図表1 無線LANコントローラー「WC7520」の機能の一例

中小企業のためのNETGEAR 50万円以下でスタート可能


 NETGEARは、中小企業向けのネットワーク機器ベンダーとして1996年に米シリコンバレーで誕生した企業だ。以来、コンシューマー向けやストレージ分野などに事業を拡大しながらも、「大企業向けの技術を、中小企業にお手頃な価格でお届けすることを一貫して使命にしてきました」と杉田氏は説明する。

 NETGEARの無線LANコントローラー「WC7520」の希望小売価格は50万円(税別)。1台のコントローラーで、標準では20台、追加ライセンスの購入で50台までの無線APを管理できる。さらに、WC7520は3台までのスタック構成に対応しており、最大150台の無線APを一括管理可能だ。

 無線APについては、IEEE802.11nに対応した2つのモデルを用意する。「WNAP320」は2.4GHz帯のシングルバンド対応で4万円。2.4GHzと5GHz帯のデュアルバンド対応の「WNDAP360」は5万4000円だ。

 このようにリーズナブルな価格を実現しているNETGEARだが、さらに驚くのは、無線LANコントローラーを購入すると無線APが無償で付いてくるバンドルキャンペーンを現在実施中なことである。シングルバンドのWNAP320なら10台、デュアルバンドのWNDAP360なら6台が、WC7520を1台購入すると付いてくる。つまり、50万円を大きく下回る実売価格で、集中管理型の無線LANインフラをスタートさせられる。

 NETGEARがこうした優れたコストパフォーマンスを実現できる理由は、その強力な調達力にある。同社のワールドワイドでの無線LAN関連機器の出荷台数は、四半期ベースで約400万台。このボリュームがあるからこそ、低価格で商品を提供できるのだ。

図表2 NETGEAR製品による無線LANの構成例(医療ネットワークの場合)

図表2 NETGEAR製品による無線LANの構成例(医療ネットワークの場合)

ライフタイム保証でずっと安心 中小企業をトータルサポート


 「ライフタイム保証」も、NETGEAR製品ならではの特徴だ。これは、購入した製品を利用している間はずっと、ハードウェア故障時に代替品を提供してくれるサービスである(中古品や譲渡品、災害や不正使用などによる破損・故障は対象外)。購入後30日以内に登録したユーザーであれば、無償でこのライフタイム保証が受けられる。

 また、電話・メールによるサポートは日本語で365日体制だ。

 さらに、有償となるが、製品の故障時に、代替品を特急で先出し配送する保守サービス「クイックデリバリー」もある。2時間対応と翌日対応の2タイプから選べ、迅速にトラブルを解決可能だ(2時間タイプのサービス提供地域は、東京23区・横浜市・川崎市・名古屋市・大阪市)。

 このほか、近々、現地調査したうえで無線APの最適な設置場所をプランニングして提供するサイトサーベイサービスを始める。

 無線LANをメインインフラとして活用するうえでは保守・サポート体制が非常に重要になるが、NETGEARなら安心というわけだ。

 NETGEARの無線LANソリューションのメインターゲットは数十〜数百ユーザー規模の一般オフィスや学校、病院など。「無線LANコントローラーは多くのベンダーから提供されていますが、NETGEAR製品を除いて中小企業のニーズに適したものは、ほとんど見当たらないはずです。また、我々なら、無線LAN構築に必要なPoEスイッチなども含め、トータルで高いコストパフォーマンスを約束できます」と杉田氏。

 NETGEARの無線LANソリューションと共に、いよいよ中小企業でも本格的に、無線LANがネットワークの“主役”として大活躍していくことになりそうだ。

ホワイトペーパーダウンロード
ホワイトペーパーダウンロード 無線LANコントローラーWC7520とActive Directoryを使用した
無線クライアントの認証


ビジネスネットワークには多種多様なユーザーがアクセスします。セキュリティを維持しながら適切なレベルのアクセスを提供するため、IT担当者はそれぞれのユーザーを認証する必要があります。本書では、WC7520無線コントローラーとActive Directory でユーザー認証する方法について説明します。

ホワイトペーパーダウンロードはこちら
page top
お問い合わせ先
ネットギアジャパン合同会社
TEL:03-3538-2600
URL:http://www.netgear.jp/