VTVジャパン MCU(多地点接続装置)「SCOPIA Elite」 映像コミュニケーションを会議室の外へ テレビ会議とWeb会議の統合ニーズに対応

ビジネスのスピード向上を目指す企業が増えるなか、テレビ会議は“会議室”の外でも使われるようになってきた。同時に、専用端末だけでなくPCやタブレット端末をビジュアルコミュニケーションの端末として使いたいというニーズも高まっている。VTVジャパンはAvayaのMCU「SCOPIA Elite」を軸に、こうした新しいニーズに応えている。
栢野正典氏

VTVジャパン株式会社
代表取締役
栢野正典氏

 離れた場所にある会議室同士をつなぐのがテレビ会議の基本用途だが、現在は「会議室以外の場所で利用したいというケースも増えている」。そう話すのは、テレビ会議ネットワーク製品に特化したインテグレーター、VTVジャパン社長の栢野正典氏だ。

 ビジュアルコミュニケーションによってビジネススピードを速め、業務の質を高めたいという企業ニーズとモバイル端末の普及が、新しいテレビ会議の活用法を生み出している。その例として栢野氏が挙げるのが、営業の商談での活用ケースだ。営業担当社員が客先で「技術的に詳しい説明がほしい」と言われた際に、タブレット端末を使ってオフィスにいる技術者を呼び出す。離れた場所にいるエキスパートに商談の場へ加わってもらい、詳細な説明をするのだ。プレゼンする側も、そして顧客側も業務スピードを向上させられる。

 PCをテレビ会議の端末に使いたいというニーズも高まっており、取引先や仕入れ先などとの間で使いたいという声も増えている。タブレットやPCをテレビ会議の端末として活用することで、こうした多様なニーズに応えることができる。

多様なクライアントソフトから運用管理ソフトまで無償で提供


 これを可能にするのが、AvayaのMCU(多地点接続装置)「SCOPIA Elite」だ。接続用アプリ「SCOPIA Mobile」をApp StoreやGoogle Playからダウンロードするだけで、スマートデバイスからテレビ会議に参加できる。PCの場合は、MCUにバンドルされているプラグインソフトをインストールすればよい。加えて、ゲートキーパーや運用管理ソフト等を無償で提供していることもSCOPIA Eliteの特徴だ。

 また、PCを活用したビジュアルコミュニケーションシステムにはWeb会議があるが、SCOPIA Eliteでは、これとテレビ会議の統合利用も可能にしている。テレビ会議システムの規格は概ね、国際標準に準拠しており、メーカーが異なっても相互接続が可能だ。しかし、Web会議の技術は各ベンダー独自のもの。この両者をスムーズに統合するには高い技術が求められるが、これをMCUとWeb会議のサーバーが連動することで実現した。

 導入も非常にシンプルで、MCU にバンドル(無償)されるWeb会議のサーバーソフトをインストールするだけで、テレビ会議とWeb会議の混在環境が構築できる。

 従来、MCUを導入する企業は大手企業が大半だったが、ここへきて変化が生まれている。栢野氏は「エントリーモデルのSCOPIA Elite MCU5105は、中小企業も導入している」と話す。導入の容易性に加え、運用の柔軟性が評価されているという。

 テレビ会議の活用は、役員同士の会議やトップダウンのメッセージ伝達に加えて、部門同士の横のコミュニケーションなどビジネスの“現場”へと降りてきている。VTVジャパンでは製品提供にとどまらず、導入コンサルティングによって企業のテレビ会議活用を多面的にサポートしていく考えだ。

 なお、6月7日(金)にVTVジャパン主催「ビジュアルコミュニケーション最新活用セミナー」を予定している。

「ビジュアルコミュニケーション最新活用セミナー2013」

2013年6月7日(金)13:30〜17:15 TKP赤坂ツインタワー

(内容)
・AvayaのUC戦略
・SCOPIA製品デモ
・VTVジャパン導入事例
・VTVジャパンのソリューション

page top
お問い合わせ先
VTVジャパン株式会社
TEL:0120-880-576
URL:http://www.vtv.co.jp/
http://www.vcsolution.jp/