アイルネット スマートビジネスフォン「AGEphone Business」 これまでにないまったく新しいコンセプトで PBX/ビジネスホン市場に革命を起こす

フルIPによる新たなコミュニケーションシステムを提案し続けるアイルネット。今回、スマートフォンを内線電話化するスマートビジネスフォン「AGEphone Business」を投入した。これまでにない製品コンセプトのホーム画面を搭載するなど、使い勝手の向上を実現している。

 「我々は“AGEphone Business”で、まったく新しいビジネスコミュニケーションを提案していきたい」。アイルネット常務取締役法人事業部長の古屋光俊氏はこう語る。同社は2011年12月、スマートビジネスフォン「AGEphone Business」の販売を開始した。iPhoneとAndroid搭載スマートフォンをPBXの内線端末として利用するためのアプリケーションであり、12月にiPhone版、2012年2月にAndroid版を発売する。

 AGEphone Businessは、京都のソフトフォン開発会社ageet(アギート)と共同開発した。ageetはSIPソフトフォン専業会社として、業界内では技術力に定評があり、国内で販売されているスマートフォン用ソフトフォンは同社の製品をベースにしているケースが多い。

 アイルネットは、場所にとらわれない柔軟なワークスタイルを支えるための新しいフルIPのコミュニケーションシステムの提案を推進している。11月の無線IPフォン「TR1」投入もその一環だ。AGEphone Businessも同戦略を担う重要なツールだ。このため、TR1と同様に標準SIPに準拠すべく作り込んでおり、同社のSIPサーバー「アイルネットコミュニケーションサーバー(iCS)」はもちろん、市場のあらゆるSIPサーバーやIP-PBXとの接続が可能だ。

通信系販社にインテグレートを


 さらに古屋常務は「新しい概念を取り入れ、これまでにない便利な使い勝手を実現した」と話す。それが、新開発のホーム画面だ(図表)。「既存の内線アプリは電話機のボタンを焼き付けただけのものだが、今回ボタンだけでなく、ラインをタッチするだけで選択できる形にして表現力が深まった」。

図表 「AGEphone Business」のこれまでにない便利な使い方

図表 「AGEphone Business」のこれまでにない便利な使い方

 マルチライン表示を実現しており、着信中、通話中、保留中といった状態を色分けで表示するため分かりやすく、iPhoneやAndroid端末の電話帳に電話番号を登録しておけば、それぞれのラインで誰と誰が話しているのか、その電話は通話中なのか保留中なのかといった状態も一目で分かる。相手の顔写真を電話帳に登録しておけば、アイコン表示でより視認性が向上する。

 内線機能としては、発着信、保留・転送、ピックアップ、パーク保留といったビジネスホンの基本機能をサポート。顔写真入りのワンタッチダイヤルも可能だ。音声コーデックは「Speex」を採用。8kbpsで圧縮をかけているので、遅延が少なくバランスの取れた高い音声品質を実現している。

 AGEphone BusinessはApp StoreとAndroidマーケットで1200円(税別)で購入できる。実際の利用にあたっては、SIPサーバーやIP-PBXとのインテグレートが必要だ。アイルネットでは通常の導入構築サービスに加え、AGEphone Businessのインテグレーションに係る保守・メンテナンスサービスとして2年間で1ライセンス当たり5000円〜(税別)のメニューを用意しており、「それを通信系ディーラーの方々の新たな収益源にしていただきたい」という。「我々はPBX/ビジネスホン市場に革命を起こしたい。そのために、通信系ディーラーの方々と一体となって取り組んでいきたい」と古屋常務は意欲的だ。

page top
お問い合わせ先
株式会社アイルネット
法人事業部
TEL:050-5528-9755
URL:http://www.islenet.co.jp