キーパーソンが語る

ワイヤレスジャパン 2018/ワイヤレス・テクノロジー・パーク 2018 基調講演レポート

インテル コーチ氏「5G時代のネットワークをクラウドからコア、エッジまで支える」

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2018.06.01

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

「5Gではネットワークの強化が大きな課題となるが、これにより新たな可能性が見えてくる」――。インテルの5G戦略を担うアレキサンダー・D・コーチ氏はこう述べて、インテルが推進するエンドツーエンドのネットワーク変革への取り組みを説明した。新時代のネットワークでは、エッジに大きなビジネスチャンスが生まれるという。

 
「ワイヤレスは5Gを実現するための重要な要素だが、氷山の一角に過ぎない」。インテルで5Gビジネスを担当するアレキサンダー・D・コーチ氏はこう前置きして、インテルの5Gへの取り組みを説明した。

コーチ氏はまずこのワイヤレス分野について、「インテルはWi-FiやBluetoothからGNSS、3G、そしてLTEまで幅広いソリューションを持つ数少ない半導体企業の1つ。5Gの標準化にも積極的に貢献している。さらに大きな投資を行い、様々なプレイヤーと協力してプロトタイプの5Gモデムを開発し、5Gを現実のものにしてきた」と話した。このプロトタイプは、すでにタブレット端末などに搭載され、デバイスメーカーや通信事業者によるテストが進められている。

インテルは、ワイヤレス・テクノロジー・パークでこのプロトタイプモデムを搭載した世界初の5G対応モバイルPC(2 in 1 PC)による映像配信デモを披露したが、「モバイルPC上で5Gが実際に動いているのを見ると、きっと驚かれるだろう」とコーチ氏は語った。

インテル コーポレーション ネットワークプラットフォームグループ バイスプレジデント 5G戦略・プログラムオフィス ジェネラルマネージャーのアレキサンダー・D・コーチ氏
インテル コーポレーション ネットワークプラットフォームグループ バイスプレジデント
5G戦略・プログラムオフィス ジェネラルマネージャーのアレキサンダー・D・コーチ氏



さらにコーチ氏は「5G対応のモバイルPCは、おそらく来年にも数機種が商用化される」との見通しを示したうえで、そのキーとなる商用版モデム製品の開発状況について、「5G用モデムチップ『XMM8000シリーズ』の最初の製品となる『XMM8060』を2019年前半にデバイスメーカーに提供すべく、準備を進めている」と説明した。

インテルではXMM8060を用いた通信モジュール(組込み用端末)を展開することで、2019年に実用化が見込まれているFWA(固定無線アクセス)のCPEやコネクテッド・カーなど、「電話以外のものにも広く実装できるようにする」戦略だという。

ワイヤレスは5Gという氷山の一角に過ぎないとコーチ氏は指摘する
ワイヤレスは5Gという氷山の一角に過ぎないとコーチ氏は指摘する


 
さらにコーチ氏は、話題を氷山の一角(ワイヤレス)から、「これを水面下で支える基盤」であるネットワークに移し、「5Gではネットワークの強化が大きな課題となる」と述べた。

クラウドからコア、エッジ、アクセス、そしてデバイスに至るエンドツーエンドの5Gネットワークに求められる要件として、コーチ氏がまず挙げたのが「柔軟性」だ。

「5Gでは、どういったタイプのサービスがネットワークに乗って来るかわからないので、すべてのエンドポイントがパフォーマンスを発揮できるようにする設定能力、拡張性が必要になる」。これを実現するには「ソフトウェア・デファインド」が不可欠になるという。

「5、6年くらい前にクラウドの世界で始まったNFV/SDNの動きが通信事業者のコアネットワークに広がってきている。時間はかかるだろうが、RAN(無線アクセスネットワーク)でもこの動きが見られるようになるだろう」とコーチ氏は予測する。

さらに仮想化の進展に伴い、コアネットワークに集約されていた網機能が分散配置されるようになることで、「エッジにも高いパフォーマンスが求められるようになる」という。

インテルは、特定のベンダーやプラットフォームに依存せずに無償で利用できるオープン標準が、この変化を加速させる役割を担うと見て、OPNFV(Open Platform for NFV)やONAP(Open Network Automation Platform)など、多くのコミュニティに参画している。

5G時代にはネットワークのエコシステムも変わってくる
5G時代にはネットワークのエコシステムも変わってくる


分散ネットワークを実現するXeon SoCでは、インテルはこのエンドツーエンドのネットワーク変革を実現するために、どのようなソリューションを展開していくのか。

コーチ氏は「インテルが担う分野は、やはりコンピューティングを支えるプロセッサーが中心となる」と話した。主力となるのがクラウド上の大量のワークロードを支える「Intel Xeon スケーラブル・プロセッサー」である。

さらに、電力供給や設置スペースに制約があるエッジ向けに「Intel Xeon SoC(Xeon Dシリーズ)」も提供している。Xeonプロセッサーの基本的な機能を備えつつ、省電力化・省スペース化を図ったもので、ネットワーキングやストレージ・デバイスとの接続機能なども搭載されている。

デバイス向けには、小型・低消費電力の「Intel Atomプロセッサー」を提供している。

コーチ氏は「これらの製品は共通のプラットフォームで動いているので、通信事業者のニーズに合わせ、ロケーションをまたいで拡張することができる」という。5G時代のネットワークは、これらのプロセッサーに支えられることになる。

さらに、インテルではFPGA(プログラム可能なLSI)やLANとの接続を担うイーサネット・コントローラー、メモリーや帯域幅といったリソースの共有状況を可視化・制御するリソース・ディレクターなど、多様なハードウェア・ソフトウェア製品の提供を通じて、5G時代のネットワークのニーズに応えていく。

仮想化技術をベースとした新たなネットワークへの移行に伴い、「ネットワークを取り巻くバリューチェーンも大きく変わる」とコーチ氏は指摘する。新時代のネットワークでは、大手の通信ベンダーだけでなく、「中小規模のアプリケーションベンダーやOSベンダーなどの新たなプレイヤーが、新しいサービスや機能をネットワークに提供できるようになる」という。そのため、「ビジネス・プロセスや、求められるスキル、人材のタイプも変わってくる」とコーチ氏は指摘する。

インテルが、新時代のエコシステムの構築に向けて設けた「ネットワークビルダー」プログラムには、「独立系ソフトウェアベンダーなど300社以上が参加している」とのことだ。

5G時代のネットワークを支えるインテルのソリューション
5G時代のネットワークを支えるインテルのソリューション

 
エッジに大きなビジネスチャンスコーチ氏が特に強調したのは、「多くのエコシステムの参加者にとって、エッジが大きなビジネスチャンスになる」ということである。

IDCが行った調査では、2019年までにIoTにより生成されるデータの45%は、ネットワークのエッジ近く、またはエッジ上で保存・処理・分析・対応されるようになるという。

例えば、「映像で顔認識を行う場合、HD画質の映像をすべてクラウドに上げるのではなく、エッジで処理を行い、必要なデータをクラウドに送ることで、よりよいエクスペリエンスが得られる」という。

決済・ペイメントを顔認識で行おうという動きも出てきている。セキュリティー対策上、データをクラウド上に上げたくないという企業も少なくない。低遅延を必要とするアプリケーションでもエッジ処理は不可欠だ。

これらのニーズに、優れたコンピューティング・ストレージの能力、拡張性を持つインテルのプロセッサー、プラットフォームで応えることができ、様々なサービス、ビジネスが登場してくるというのである。

講演の最後にコーチ氏は、「コネクテッド・カー」「高精細メディア」「医療」「ロボテックス」の4分野で、日本には5Gの非常に大きなビジネスチャンスがあると見ていると述べた。

さらに、5Gをこれらのマーケットに展開していくには、技術だけでなく、その業界と関わりつつ、そのノウハウを発展させていくことが重要だと指摘。「5Gがこれから産業をどう変え、コンシューマーに新しいエクスペリエンスを提供できるか、皆様とともに楽しみにしていきたい」と講演を締め括った。

スペシャルトピックスPR

d-link1805
intel1806
comarch1806

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoT FUTURE CITY
 [IoTは暮らしをどう変えるか]“おらが街”もデジタル化
 [柏の葉スマートシティ]IoT事業創造の一大拠点に
 [Fujisawa サスティナブル・スマートタウン]持続的に成長する街を
 [Fukuoka City LoRaWAN]IoTで変化を生み出す街


◆[インタビュー] NEC 河村厚男常務「キャリア事業を構造改革」 ◆「日中間通信」の課題と攻略法 ◆ソフトバンクが日本初のNB-IoT ◆モバイル市場の公正競争の今後 ◆急成長するシスコの“サービス”事業

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

インテル5Gをエンドツーエンドでカバー
新たな価値創出を目指すインテル

インテルは強みの仮想化技術で5G時代のネットワーク構築に貢献する。

コマーチキャリア向けOSS/BSSに強み
自動化やe-ヘルスで社会課題解決

自動化やe-ヘルスで多くの実績を持つコマーチが日本市場に参入した。

ブロードメディア・テクノロジーズ小森コーポレーションが
Aryakaで日中間通信を安定化!

日系企業の中国ビジネスに立ちはだかるのが通信環境の問題だ。

IIJグローバルソリューションズ日中間ネットワークの安定運用へ
VPN規制を乗り切る解決策提供

安定的な越境通信を実現するには何が必要か?

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

SigfoxSigfoxが開始1年で100万回線!
いよいよ花開くIoTビジネス

LPWAの代表格「Sigfox」の最新動向と活用事例を徹底レポート!

WatchGuard Wi-Fi Cloud不正APを自動遮断するWIPS搭載!
ソーシャルWi-Fiで販促支援も

セキュアな無線LAN環境を実現できる「WatchGuard Wi-Fi Cloud」

無線LAN構築・運用のポイントをSCSKが語る

無線LANの大きなトレンドとなっている「クラウドWi-Fi」で課題解決!

ジェイピー・セキュア導入実績100万サイト以上の
国産WAF「SiteGuard」

業界最速レベルで防御機能を提供するジェイピー・セキュアのWAF製品

ライムライト・ネットワークスクラウド型WAFでWebサイトを保護

ライムライトなら、自社のCDNやDDoS対策との多層防御でオリジンサーバーを攻撃から防御できる。

Office 365ユーザは使わなきゃ損
Teamsでチームワークが劇的に!

Office 365の新ツール「Teams」を使い始める企業が続出している。

CASO新技術のホワイトボックス
M2Mルーターは「切れない接続」

Foxconnグループでホワイトボックスを展開するCASO。

東京エレクトロンデバイスグローバル企業のSaaS活用を後押し
マルチクラウド化の準備はCASBで

マルチクラウドを一元的に管理したい。そんな望みを叶えられる。

拠点・モバイルをつなぐだけ!
クラウドの安全はシンプルに守る

クラウド利用の拡大とともに複雑化するセキュリティ課題を解決!

NetskopeCASBでクラウドはどこまで操れるか
既存のセキュリティとどう違う?
 

Netskopeを例にCASBの機能と使い方、メリットを整理した。

ソフトバンクソフトバンクがSMB向けの
ソリューションパートナー募集!

働き方改革を中心に新たなソリューション開発を支援する。

日本マイクロソフトSkype for Businessを
快適に使いこなすコツとは?

UCの導入効果を最大化するためには備えが必要だ。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション20180226
ngn
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます