企業ネットワーク最前線

ビジネスの明日を動かすICTトレンド

日本の学校教育における「情報化」

文◎西俊明(ライトサポートアンドコミュニケーション) 2018.05.08

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

今回のテーマは、「教育と情報化」です。なかでも日本の初等中等教育、特に小学校の現場で求められている情報化にフォーカスしたいと思います。

 
現在、我が国の国際競争力の低下が懸念されています。いくつかデータを確認してみましょう。

OECD(経済協力開発機構)のデータによると、2016年の日本の1人当たり労働生産性(就業者1人当たり付加価値)は、8万1777ドルであり、OECD加盟35カ国中21位でした。先進7カ国中では最低となっています。アメリカと比較すると3分の2程度の水準です。

また、イギリスの教育専門誌『タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)』が集計する「世界大学ランキング」の最新版(2018年版)によると、100位以内に入った日本の大学は2校のみ。46位の東京大学(昨年39位)と74位の京都大学(昨年91位)だけとなります。

同じくTHEによる「アジア大学ランキング」では、2015年まで東京大学が3年連続で1位でしたが、2016年には東京大学は7位に後退し、首位はシンガポール国立大学となりました。

このように、産業・高等教育のいずれにおいても、「国際競争力が相対的に低い」という実態があります。

こうした状況に対し、「小中高などの初等・中等教育がどうあるべきか」という議論が高まるのは必然でしょう。

実際、第2次安倍内閣成立後の2013年より首相の諮問機関として教育再生実行会議が設置され、政治主導で次々と教育改革が進んでいます。

実行会議で検討されたことは、しかるべき手続きを経て現場教育に反映されますが、その中でも特に、2020年から実施される次期学習指導要領が1つのターニングポイントとなります。

学習指導要領とは?学習指導要領とは、10年に一度改訂される教育課程の基準です。この学習指導要領によって教科書が作られ、日本中の学校で授業が実施されます。

ある研究者は「学習指導要領は国民形成の教科書である」と表現しましたが、それほど重要なものです。

最新の学習指導要領は2017年に策定され、2020年から順次、小中高等学校や特別支援学校で実施されます。

国の教育改革で検討された内容は、原則として新学習指導要領として展開する、という流れとなります。

「ゆとり教育」と「脱ゆとり教育」学習指導要領についてあまりご存知ない方でも、「ゆとり教育」という言葉を聞いたことはあるでしょう。

「ゆとり教育」「脱ゆとり」などの言葉が国民的な議論を呼んだり、あるいは、該当する世代の人々を揶揄する言葉として使われていることは、どなたもご存知だと思います。

いわゆる「ゆとり教育」とは、1980年度施行の学習指導要領に沿った学校教育(カリキュラム)から始まりました。このカリキュラムは、1970年代までの「詰め込み教育」を是正し、思考力を鍛えるために「ゆとりある学校」を目指して作られたものです。

この年の学習指導要領から授業時間が削減され、この傾向は1992年度、2002年度の学習指導要領にも受け継がれました。

特に、「生きる力」を重視するとされた2002年度からの学習指導要領では、小中学校の学習内容を3割削減、完全学校週5日制の導入などもあり、この学習指導要領を、狭義の「ゆとり教育」とする考え方もあります。

1980年代以降、常に賛否両論だった「ゆとり教育」ですが、2000年以降、大きな批判を浴びることとなります。その契機となったのは、OECD実施の生徒の学習到達度調査(PISA)などの国際学力テストで順位を落としたことです。

こうした経緯により、2011年から施行された新学習指導要領では、これまでの流れに反し、授業時間の増加が盛り込まれました。このことをマスコミが「脱ゆとり教育」と呼ぶようになったのです。

以上が、国民的な議論にもなった「ゆとり教育/脱ゆとり教育」についての経緯となります。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

著者プロフィール

西俊明(にし・としあき)

慶應義塾大学文学部卒業。合同会社ライトサポートアンドコミュニケーション代表社員/CEO。富士通株式会社で17年間にわたり、営業、マーケティング業務に従事。2008年、経済産業大臣登録・中小企業診断士として独立し、2010年、合同会社ライトサポートアンドコミュニケーション設立。専門分野は営業・マーケティング・IT。Webマーケティングやソーシャルメディア活用のテーマを中心に、8年間で200社以上の企業や個人事業主のマーケティングのコンサルを実施、180回以上のセミナー登壇実績をもつ。著書に『あたらしいWebマーケティングの教科書』『ITパスポート最速合格術』『高度試験共通試験によくでる午前問題集』(技術評論社)、『絶対合格 応用情報技術者』(マイナビ)、『やさしい基本情報技術者問題集』『やさしい応用情報技術者問題集』(ソフトバンククリエイティブ)、『問題解決に役立つ生産管理』『問題解決に役だつ品質管理』(誠文堂新光社)などがある。

スペシャルトピックスPR

palo1804
casb1804
kccs1805

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】プライベートLTEと
   5G URLLCの世界

[第一部]プライベートLTE 
●“Wi-Fi超え”の企業無線/●プライベートLTEを構築しよう [第二部]5G URLLC ●5Gの目玉「URLLC」とは?/●202X年、5Gはこう使う

◆[インタビュー] NTT 篠原弘道副社長 「B2B2Xで広がる可能性」 ◆クラウド管理型無線LAN ◆WAF ◆光伝送で進むオープン化

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

SigfoxSigfoxが開始1年で100万回線!
いよいよ花開くIoTビジネス

LPWAの代表格「Sigfox」の最新動向と活用事例を徹底レポート!

WatchGuard Wi-Fi Cloud不正APを自動遮断するWIPS搭載!
ソーシャルWi-Fiで販促支援も

セキュアな無線LAN環境を実現できる「WatchGuard Wi-Fi Cloud」

無線LAN構築・運用のポイントをSCSKが語る

無線LANの大きなトレンドとなっている「クラウドWi-Fi」で課題解決!

ジェイピー・セキュア導入実績100万サイト以上の
国産WAF「SiteGuard」

業界最速レベルで防御機能を提供するジェイピー・セキュアのWAF製品

ライムライト・ネットワークスクラウド型WAFでWebサイトを保護

ライムライトなら、自社のCDNやDDoS対策との多層防御でオリジンサーバーを攻撃から防御できる。

Office 365ユーザは使わなきゃ損
Teamsでチームワークが劇的に!

Office 365の新ツール「Teams」を使い始める企業が続出している。

CASO新技術のホワイトボックス
M2Mルーターは「切れない接続」

Foxconnグループでホワイトボックスを展開するCASO。

東京エレクトロンデバイスグローバル企業のSaaS活用を後押し
マルチクラウド化の準備はCASBで

マルチクラウドを一元的に管理したい。そんな望みを叶えられる。

拠点・モバイルをつなぐだけ!
クラウドの安全はシンプルに守る

クラウド利用の拡大とともに複雑化するセキュリティ課題を解決!

NetskopeCASBでクラウドはどこまで操れるか
既存のセキュリティとどう違う?
 

Netskopeを例にCASBの機能と使い方、メリットを整理した。

ソフトバンクソフトバンクがSMB向けの
ソリューションパートナー募集!

働き方改革を中心に新たなソリューション開発を支援する。

日本マイクロソフトSkype for Businessを
快適に使いこなすコツとは?

UCの導入効果を最大化するためには備えが必要だ。

日本ビジネスシステムズ“電話”からはじめる働き方改革!

日本ビジネスシステムズのクラウドPBXは、働き方改革を目指す日本企業にピッタリのIP電話サービスだ。

Dialpadピュアクラウドで進化し続ける電話

「PBXを買いたくない」「電話回線を引きたくない」。そんな企業に最適なクラウドテレフォニーがある。

東京エレクトロンデバイスIoTデバイス特化のAIで異常検知

IoTデバイスを狙ったマルウェアが急増中だ。ZingBox IoT Guardianは、IoTに特化したAIで検知する。

Aruba次世代NACでIoTの脅威をブロック

Arubaの次世代NACはエージェントレスでIoT端末にも対応! リスクを検知し有害端末を隔離できる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション20180226
ngn
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます