導入・選定ガイド

IoTルーター/ゲートウェイ市場の最新トレンド――LPWA搭載製品も登場!

文◎唐島明子(編集部) 2018.01.30

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

IoTシステムを本格導入する動きが一気に加速している。そんな国内IoT市場の動向とともに、コネクティビティの要でもあるIoTゲートウェイの特徴やLPWAとの関係などをレポートする。

 
「IoT(Internet of Things)は、件数ベースで明らかに増えてきた。あるITベンダーによれば、2016年は数十件だったIoT案件が、2017年はその5倍になったと聞いている」。こう語るのは、富士キメラ総研の第二部門主任を務める村瀬浩一氏だ。

同氏はまた、「2016年に行われていたPoC(概念実証)により、ITベンダーの中にノウハウが溜まり、IoTの具体的な効果も見えてきた。そのため、2017年からIoTビジネスが本格化している」と説明する。企業によるIoTの取り組みは、これまではPoCが中心だった。しかし、2017年からは本格導入に向けた動きが活発化しており、この流れは2018~21年へ続いていくという。

国内IoT市場全体の動向は?富士キメラ総研が2017年6月に発表した国内IoT市場調査によれば、IoT市場全体の規模は、2016年度に5532億円だったものが、5年後の2021年度には約2.5倍の1兆3806億円になる見込みだ(図表1)。

 

図表1 ビッグデータ・IoT関連ビジネスの国内市場(ビジネス形態別)
図表1 ビッグデータ・IoT関連ビジネスの国内市場(ビジネス形態別)


同調査では、IoTの市場を6つのレイヤーに分けている。6つとは、「コネクティビティ」「プラットフォーム」「アプリケーション」「システムインテグレーション」「上位サービス」「保守/運用サービス、他」。これらのレイヤーの中で、最も大きなポーションを占めるのは、システム開発を行うシステムインテグレーションであり、今後も同じ傾向が続く見通しだ。

また、2016年度から2021年度までの間で最も年平均成長率(CAGR)が高いのはコネクティビティのレイヤーで、CAGRは約27%になるというのが富士キメラ総研の見立てである。コネクティビティはモノをインターネットに接続するための第一歩であり、これからIoTの導入を進める企業や、その企業を支援するITベンダーにとって見逃せないところだ。

パッケージ提供するメーカーもコネクティビティの主要製品の1つが、「IoTルーター/IoTゲートウェイ」である。両製品を選定するうえで大前提となるのは、その製品がどのようなインターフェイスや通信サービスに対応できるかだ。

センサーや機械など、IoTルーター/ゲートウェイに接続したいIoTデバイスがWi-FiやBluetoothでデータを送信してくるのであれば、ルーター/ゲートウェイもWi-FiやBluetoothに対応している製品を、シリアル通信インターフェイスしか搭載していない工場の機械であれば、ルーター/ゲートウェイ側もそのインターフェイスに対応している製品を選択することになる。

また、ルーター/ゲートウェイに集めたデータを、有線WANや3G、LTEでクラウドなどに送信したい場合は、有線WANのポートや3G、LTEの通信モジュールを搭載した製品を選ぶことになる。LTEは、カバレッジが広く、有線ネットワークの工事が不要な手軽さもあり、最近のルーター/ゲートウェイはLTE対応が定番になっている。

とはいえ、ハードウェアのスペックで製品を差別化するのは難しい。そのため、「IoTゲートウェイのメーカーが、クラウドのプラットフォームも含めてワンパッケージのソリューションサービスを打ち出すケースがある」(富士キメラ総研・第二研究開発部門ADの辻田洋佑氏)。

例えば、IoTルーターとIoTゲートウェイの市場で高いシェアを持つサン電子は、同社のゲートウェイ「Rooster GXシリーズ」とプラットフォーム「Bacsoft IoT Platform」、3Gの通信サービスをセットにした「IoTスターターキット」を提供している。工場の機械、施設の空調機器などをRooster GXシリーズに接続すると、それらのデータは自動的にクラウドへ収集され、グラフィカルに表示できるようになる。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

logicool1801
kyowa1801
softbank1801

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoT無線を自営する
WI-SUN FAN/EnOcean/EnOcean Long Range/Bluetooth mesh/SmartHop/LoRaWANの特色や活用のポイント、最新事例を徹底レポート!

◆[インタビュー]KDDI総合研究所 中島康之所長「5Gきっかけに“不連続な進化”」 ◆5G NRの策定完了、その注目点は? ◆屋外や工場に広がる高速PLC

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ダイワテクニカルハドルルーム向け高品質テレビ会議
販売店の手軽なプラスワン商材に!

4KとGoogleアシスタント対応
販売価格は破格の約12万5000円!

日本マイクロソフトOffice 365の悩みはオフロードで解決! NIerが教えるNW構築法

Office 365の導入支援で豊富な実績を持つNIer 3社に秘訣を聞いた。

アイキューブドシステムズスマホでOffice 365をセキュアに
MDMには“働き過ぎ防止”機能

端末にデータを残さずブラウザやメーラー等のアプリを利用できる。

マクニカネットワークスセキュリティと生産性向上を両立
モバイル活用に必須のEMMとは?

スマートデバイスの業務利用に本当に必要なのは「EMM」だ。

ネットモーションソフトウェアあらゆる環境で「切れないVPN」

「スマホのアンテナは立っているのにつながらない」。NetMotionなら高速かつ安定した通信が可能だ。

日本制禦機器ついにISDNが終了、コスパ追求しながら光回線へ移行する方法

既存のISDN機器を使い続けながら、毎月の通信料金は今より安く!

日本マイクロソフトWindows 10/Office 365の更新
これだけ知っていれば怖くない!

ネットワーク帯域を圧迫するアップデートをうまく乗り切るには?

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズチェック・ポイントのSMB戦略
あらゆる環境で攻撃を未然に防ぐ

日本向けにローカライズし、パートナーもユーザーも扱いやすく。

ロジクールSkype for Business用
会議室コンソール「SmartDock」

働き方改革に有効なSfB会議が簡単かつ安全に始められる!

協和エクシオSfB導入の課題解決をサポート

協和エクシオは通建事業60年のノウハウを活かし、Skype for Business導入トータルサービスを提供する。

ソフトバンクSkype for Businessの利用促進
コスト大幅削減を実現するには?

ソフトバンクのGlobalMeet電話会議サービスで実現可能だ。

ブロードメディア・テクノロジーズグローバル企業の悩みを一掃!
“本当に使える”SD-WAN基盤

WANの課題を一掃するAryakaの
SD-WANが心強い味方になる。

NECネッツエスアイSilver PeakのSD-WANは
独自技術でSaaS通信をフル制御

「SaaSを快適かつ安定的に使いたい」という企業ニーズに応える。

日商エレクトロニクスクラウドが快適に使えるSD-WAN

日商エレクトロニクスが販売する「Cisco SD-WAN」(旧Viptela)は、常に進化し続けるSD-WANだ。

サクサ中小企業も容易にセキュリティ対策

サクサのUTM「SS5000」は、コンパクトながら充実機能。外部だけでなく内部の脅威にも対応できる。

Office 365ADCでOffice 365通信の課題解決!

Office 365通信の課題であるプロキシ/FWの負荷増大と運用の複雑化を一気に解決するのがADCだ。

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンネットワークとPCを同時に守る!

ウォッチガードはNW防御にエンドポイントでのセンサー技術を組み合わせ、包括的で効果的な対策を実現!

サイバーリーズンAIで攻撃の兆候をリアルタイム検知
既知だけでなく未知の脅威も防御

AIを活用した独自分析技術で、悪意ある振る舞いを検知するEDR製品。

パロアルトネットワークスGTP-C/GTP-Uのセキュリティ強化
次世代FWをモバイル網に適用

携帯電話事業者のネットワークは次世代ファイアウォールが守る。

NECマグナスコミュニケーションズPHS/ISDNからLTEへ簡単移行!

「マルチキャリアで冗長化したい」「シリアルI/Fなど既存環境に手を加えたくない」といった声に応える。

アットマークテクノ柔軟な拡張性・出荷実績30万台の
安心感の日本製IoTゲートウェイ

ASEAN中心に認証を取得で、IoTシステムの海外展開にも便利だ。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション201712
iot19
compass
watson

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2017 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます