ICT×未来

<特集>モビリティIoT革命の衝撃(第1回)

クルマはモバイル通信でどこまで進化するか?

文◎坪田弘樹(編集部) 2018.01.17

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

クルマをIoT化するコネクテッドカーと自動運転によって、人とモノの移動(モビリティ)は大きく変化する。移動コストは劇的に下がり、かつ運転からの解放によって車内は第3の生活空間になる。その影響はあらゆる産業に及ぶ。

 
取引先へ向かうクルマの中で、オフィスにいる上司や同僚とビデオ会議をしながら商談に向けた最終確認をする。両手はハンドルではなく手元のタブレット端末を操作し、資料をチェックしながら議論を交わす。打ち合わせが終わったら、到着までは映画を見てリラックスしよう――。

10年後、クルマ内の過ごし方はそんなふうに変わっているかもしれない。車内空間は家のリビングやオフィスに限りなく近い「第3の生活空間」になる。

“部屋がそのまま動いたら”を体現した近未来モビリティ「Honda 家モビ Concept」のイメージ
“部屋がそのまま動いたら”を体現した近未来モビリティ「Honda 家モビ Concept」のイメージ



これを可能にするのが、完全自動運転とコネクテッドカーの2つの要素だ。人は運転操作から解放され、さらに様々な情報へのアクセスと自由なコミュニケーションが可能になる。自動車メーカーは今、そんな未来を我々に提案し始めている。

メルセデスベンツ傘下のスマートが発表した自動運転コンセプトカー「smart vision EQ fortwo」
メルセデスベンツ傘下のスマートが発表した自動運転コンセプトカー「smart vision EQ fortwo」。
カーシェアリングでの使用を想定しており、各種の通信/コミュニケーション機能を搭載。
自動走行するEVであるためハンドルもペダルもなく、移動時間を自由に使える


クルマをIoT化する通信技術こうした世界を実現するには、クルマが様々なセンサーと通信機能を備え、車両周辺の状況を認識し、かつ外の世界と密なコミュニケーションを取れるようにする必要がある。

そこではどのような通信技術が使われるのか。

総務省が2016年12月から2017年8月まで開催した「Connected Car社会の実現に向けた研究会」では、コネクテッドカーを実現する無線通信技術を図表1のように整理している。

道路に設置された通信機とクルマが通信する【V2I(Vehicle to Infrastructure)型】、クルマ同士が直接通信して情報を交換する【V2V(Vehicle to Vehicle)型】、そしてLTEや5G、IoT無線を活用する【携帯電話型】だ。

 

図表1 クルマが利用する無線システム
図表1 クルマが利用する無線システム


これらのうちV2I型については、ETCサービス等で用いられてきたDSRC(Dedicated Short Range Communications:狭域通信。5.8GHz帯を使う)を活用したITSシステムの高度化が進められている。ETCは従来、高速道路料金の収受に使われてきたが、2015年には渋滞回避や安全運転支援等の情報を提供するETC2.0に発展。さらに今後は、ITSで得られたデータを民間に展開し、車両の運行管理や街中での駐車場料金支払など、多目的利用が進む見通しだ。

V2V型については車載レーダーシステムや700MHz帯を使った車車間通信によって衝突回避や被害軽減ブレーキ操作を行う安全運転支援システムの開発が進んでいる。

こうした路車間・車車間通信によって、見通し外の周辺状況検知や協調型の運転支援が可能になる。現在はトヨタ自動車がドライバー向けの安全運転支援システム「ITS Connect」として提供しているが、将来の完全自動運転にもつながる技術だ。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

limelight1805
d-link1805
日本ビジネスシステムズ

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】プライベートLTEと
   5G URLLCの世界

[第一部]プライベートLTE 
●“Wi-Fi超え”の企業無線/●プライベートLTEを構築しよう [第二部]5G URLLC ●5Gの目玉「URLLC」とは?/●202X年、5Gはこう使う

◆[インタビュー] NTT 篠原弘道副社長 「B2B2Xで広がる可能性」 ◆クラウド管理型無線LAN ◆WAF ◆光伝送で進むオープン化

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

SigfoxSigfoxが開始1年で100万回線!
いよいよ花開くIoTビジネス

LPWAの代表格「Sigfox」の最新動向と活用事例を徹底レポート!

WatchGuard Wi-Fi Cloud不正APを自動遮断するWIPS搭載!
ソーシャルWi-Fiで販促支援も

セキュアな無線LAN環境を実現できる「WatchGuard Wi-Fi Cloud」

無線LAN構築・運用のポイントをSCSKが語る

無線LANの大きなトレンドとなっている「クラウドWi-Fi」で課題解決!

ジェイピー・セキュア導入実績100万サイト以上の
国産WAF「SiteGuard」

業界最速レベルで防御機能を提供するジェイピー・セキュアのWAF製品

ライムライト・ネットワークスクラウド型WAFでWebサイトを保護

ライムライトなら、自社のCDNやDDoS対策との多層防御でオリジンサーバーを攻撃から防御できる。

Office 365ユーザは使わなきゃ損
Teamsでチームワークが劇的に!

Office 365の新ツール「Teams」を使い始める企業が続出している。

CASO新技術のホワイトボックス
M2Mルーターは「切れない接続」

Foxconnグループでホワイトボックスを展開するCASO。

東京エレクトロンデバイスグローバル企業のSaaS活用を後押し
マルチクラウド化の準備はCASBで

マルチクラウドを一元的に管理したい。そんな望みを叶えられる。

拠点・モバイルをつなぐだけ!
クラウドの安全はシンプルに守る

クラウド利用の拡大とともに複雑化するセキュリティ課題を解決!

NetskopeCASBでクラウドはどこまで操れるか
既存のセキュリティとどう違う?
 

Netskopeを例にCASBの機能と使い方、メリットを整理した。

ソフトバンクソフトバンクがSMB向けの
ソリューションパートナー募集!

働き方改革を中心に新たなソリューション開発を支援する。

日本マイクロソフトSkype for Businessを
快適に使いこなすコツとは?

UCの導入効果を最大化するためには備えが必要だ。

日本ビジネスシステムズ“電話”からはじめる働き方改革!

日本ビジネスシステムズのクラウドPBXは、働き方改革を目指す日本企業にピッタリのIP電話サービスだ。

Dialpadピュアクラウドで進化し続ける電話

「PBXを買いたくない」「電話回線を引きたくない」。そんな企業に最適なクラウドテレフォニーがある。

東京エレクトロンデバイスIoTデバイス特化のAIで異常検知

IoTデバイスを狙ったマルウェアが急増中だ。ZingBox IoT Guardianは、IoTに特化したAIで検知する。

Aruba次世代NACでIoTの脅威をブロック

Arubaの次世代NACはエージェントレスでIoT端末にも対応! リスクを検知し有害端末を隔離できる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション20180226
iot
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます