企業ネットワーク最前線

ノキアが技術イベント開催――電話回線で1Gbps超を可能にするG.fastをアピール

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2017.12.01

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ノキアソリューションズ&ネットワークスは2017年11月30日、技術イベント「Connected Future 2017」を都内で開催。メタル回線を利用して1Gbpsを超えるブロードバンドサービスを可能にする「G.fast」のデモなどを公開した。

 
「Connected Future」は、ノキアが顧客である通信事業者などを対象に毎年行っているイベント。今回は「5G/IoT」「データセンター」「AI・アナリティックス&イノベーション」などをテーマに、最新の技術・ソリューションが18のブースで紹介された。

ノキアが、今回力を入れていた展示の1つに、既設のメタル回線を利用して1Gbps超の高速データ通信サービスを可能にするG.fastのデモンストレーションがある。

FTTHサービスには、光ファイバーを顧客宅に直接引き込む方式のほか、光ファイバーを建物の共用部分まで引き込み、それ以降は電話用に敷設されたメタル回線を用いるVDSL方式もある。ノキアは来年春に、G.fastと日本のVDSL規格の双方に対応できる製品を新たに投入し、G.fastの展開を本格化させる。

デモでは、この製品を用いて実際に50mのメタル回線を介して、下り1Gbps強、上り500Mbpsの通信が可能であることが示された。ノキアでは「4K/8KのIPTVにも十分に対応できる」と述べる。

ノキアは、10月に地域通信事業者のエネコム(広島市)と接続試験を実施しており、FTTHサービスを手がけるNTT東西、KDDI、ソフトバンクやCATV事業者などへの導入を目指している。「VDSLとの後方互換性を確保したことで数百万台(子機)規模の需要が期待できる」と見ているという。

G.fastのデモ。50mのメタル回線を介して下り1Gbps強の通信が可能
G.fastのデモ。50mのメタル回線を介して下り1Gbps強の通信が可能



MEC(Multi-access Edge Computing)のコーナーでも大掛かりなデモが行われた。

ブースを取り囲む形で4台のカメラを設置、エンコードした上でノキアのエッジコンピューティングサーバーを利用して、Wi-Fi経由で配信。ユーザーがスマートフォンのアプリを使って望むアングルの映像を閲覧できるようにする。LTE/5Gで導入が見込まれるMECによる低遅延な映像配信を、まずWi-Fiで体験してもらおうというものだ。

野球やサッカーなどの競技を会場で観戦する場合、臨場感は得られるものの、試合の流れなどがつかみにくいことがある。その際、ワンセグで情報を得ようとしても、「目の前の試合より6秒程度遅れて表示されるため違和感が大きい」。このエッジビデオオーケストレーションという技術は、その解決策になるものだという。基本的にはLTE/5G網への導入を想定したソリューションだが、「Wi-Fiをアクセス回線として用いれば、競技場などが自ら導入することもできる」という。

このほか、災害現場などに自営LTEの基地局を持ち込み、映像伝送や一斉同報などの通信を可能にする「パブリックセーフティLTE」や、ノキアが開発した2.4TBの処理能力を持つチップを用いた大容量スイッチなど、最新のソリューションに来場者の関心が集まった。

パブリックセーフティLTEでは、動画で災害現場などの情報を共有できる
パブリックセーフティLTEでは、動画で災害現場などの情報を共有できる




ブース展示とあわせて行われた技術セミナーでは、2018年1月1日付でノキアソリューション&ネットワークスの日本法人社長に就任予定のジョン・ハリトン氏(現在はノキア米国法人の無線通信部門責任者)がパネルディスカッションに参加し、日本の顧客に初めて紹介された。

スペシャルトピックスPR

atmark1712
yamaha1710
softbank1710

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】つながるクルマが「移動」を変える
     モビリティIoT革命


◆[インタビュー]シスコ鈴木専務「IoTの幻滅期をいち早く経験したシスコは他社の1年先を行く」 ◆920MHz帯“大混雑時代”の対応策に ◆LPWAで地域活性化に挑む藤枝市 ◆handyがホテルの客室電話を変える ◆ネットワークセキュリティの新常識 ◆IoTルーター/ゲートウェイの最新トレンド

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
日本IBM

スペシャルトピックス

サクサ中小企業も容易にセキュリティ対策

サクサのUTM「SS5000」は、コンパクトながら充実機能。外部だけでなく内部の脅威にも対応できる。

Office 365ADCでOffice 365通信の課題解決!

Office 365通信の課題であるプロキシ/FWの負荷増大と運用の複雑化を一気に解決するのがADCだ。

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンネットワークとPCを同時に守る!

ウォッチガードはNW防御にエンドポイントでのセンサー技術を組み合わせ、包括的で効果的な対策を実現!

サイバーリーズンAIで攻撃の兆候をリアルタイム検知
既知だけでなく未知の脅威も防御

AIを活用した独自分析技術で、悪意ある振る舞いを検知するEDR製品。

パロアルトネットワークスGTP-C/GTP-Uのセキュリティ強化
次世代FWをモバイル網に適用

携帯電話事業者のネットワークは次世代ファイアウォールが守る。

NECマグナスコミュニケーションズPHS/ISDNからLTEへ簡単移行!

「マルチキャリアで冗長化したい」「シリアルI/Fなど既存環境に手を加えたくない」といった声に応える。

アットマークテクノ柔軟な拡張性・出荷実績30万台の
安心感の日本製IoTゲートウェイ

ASEAN中心に認証を取得で、IoTシステムの海外展開にも便利だ。

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション201712
wj2018b
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2017 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます