導入・選定ガイド

ビデオ会議の最新動向2017(前編)――「ハドルルーム」に大注目

文◎村上麻里子(編集部) 2017.10.17

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ビデオコミュニケーション市場は、大規模会議室向けの普及は一段落し、小規模向けが中心となっている。グローバルで数千万室の潜在需要があるだけに、市場の拡大が続きそうだ。

広視野角で狭い部屋をカバー今、ビデオコミュニケーション市場で注目を集めているのが、「ハドルルーム」向け製品だ。

ハドルルームとは一般的には聞き慣れない言葉かもしれない。英語の「huddle room」がそのまま日本語として使われるようになったものだ。huddleには「詰め込む」といった意味があり、狭いスペースに数人程度のメンバーが集まって行う小規模な会議を意味する。

ハドルルーム向けのビデオ会議室に関しては、グローバルで3000万~5000万室もの潜在需要が残されているとの調査もあり、今後の拡大が大いに期待される分野だ。そのため国内でもロジクールが7月にビデオ会議システム「MeetUp(ミートアップ)」の提供を開始したのに続き、ヤマハが10月にビデオサウンドコラボレーションシステム「CS-700」の発売を予定するなど、各社から新製品が相次いで登場している。

これらの製品に共通するのが、①広視野角に対応したカメラ、②ノイズを排除したクリアな音声、③HDMIケーブルと電源ケーブルでつなげるシンプルな構成、④一体型で簡単に設置できるなど、小規模なスペースでの会議をスムーズに行うのに必要な機能を備えることだ。

このうちカメラについては、一般的なビデオ会議システムは奥行きのある広い部屋での利用を想定しているため、画角は90°に設定されている。ところが狭い部屋だとカメラと人の距離が近くなり、90°ではすべての参加者を映し出すことができない。そこでMeetUpやCS-700には120°の視野角に対応したカメラが搭載されている(MeetUpはパン/チルト機能を使えば175°まで拡大可能)。120°であれば、4m×4mほどの狭い部屋でもカメラから至近距離の席や部屋の隅にいる人をカバーすることが可能だ。

小規模会議室や奥行きのない部屋では席が画面に近く、視野角が90°のカメラではカバーしきれないが、120°なら全員を表示できる
小規模会議室や奥行きのない部屋では席が画面に近く、
視野角が90°のカメラではカバーしきれないが、120°なら全員を表示できる



次に音質についてだが、狭い室内にノートPCや紙の資料を机上に広げているとスピーカーが遮られ、相手の声がどこから聞こえるのかがわからなかったり、聞き取りづらくなってしまう。CS-700には「適応型エコーキャンセラー」「ノイズリダクション」「マイク自動追尾」「オートゲインコントロール」などヤマハ独自の音声処理技術が搭載されており、キーボードを叩く音や紙をめくる音などのノイズを収音しない一方、話者の声だけを判別して届けることができる。

さらに、いずれの製品も20万円以下と手頃な価格に設定されているので、予算の限られている中小企業や、大企業の支店・事業所など拠点での導入に適している。

ヤマハのビデオサウンドコラボレーションシステム「CS-700」は、120°の広視野角カメラや独自の音声処理技術により、スムーズな遠隔会議が行える
ヤマハのビデオサウンドコラボレーションシステム「CS-700」は、
120°の広視野角カメラや独自の音声処理技術により、スムーズな遠隔会議が行える

スペシャルトピックスPR

hpearuba1711
watchguard1711
logicool1709

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
次世代SPS2017_B

スペシャルトピックス

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot16
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます