企業ネットワーク最前線

ワークスタイル変革Day 2017 講演レポート

「生産性を3%上げられない企業は生き残れない」、伊藤元重・東大名誉教授

文◎太田智晴(編集部) 2017.10.03

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

「賃金が上がれば、生産性の低い企業は淘汰される」――。東京大学名誉教授/学習院大学 国際社会科学部 教授の伊藤元重氏は「ワークスタイル変革Day 2017」の基調講演に登壇。AIやIoT、働き方改革などにより生産性を向上できない企業が“淘汰”されることで、日本経済は成長すると話した。

 
「アメリカでは第三次産業革命、ドイツではインダストリー4.0、日本ではSociety 5.0と呼んでいるが、いずれにせよ今、社会を大きく変革するような技術革新が起きている。これに影響を受けない企業は、ほとんどいないだろう」

「日本の未来を変えるAI、IoT、働き方改革」と題した基調講演。まず、こう語り出した東京大学名誉教授/学習院大学 国際社会科学部 教授の伊藤元重氏が強調したのは、生産性向上の重要性である。

なぜなら、人手不足は今後ますます深刻化する。その結果、仮に賃金水準が3%上がれば、「労働生産性を3%上げられない企業は生き残れない」からである。伊藤教授によると、政府関係者は「何とか名目賃金が3%上がってほしい」と考えているという。

AI、IoT、ロボットなどのイノベーションを活用した働き方改革による生産性向上が、これからの企業にとっては必要不可欠ということだ。

東京大学名誉教授/学習院大学 国際社会科学部 教授 伊藤元重氏
東京大学名誉教授/学習院大学 国際社会科学部 教授 伊藤元重氏



イノベーションと経済成長イノベーションは、生産性にどのような影響を及ぼすのか。伊藤教授によると、経済学では「TFP」という考え方を使って分析してきた。

TFPとはTotal Factor Productivityの略。日本語にすると「全要素生産性」で、労働や資本の増加では説明できない生産力の増加を表す。

「ノーベル経済学賞を受賞したソローの有名な仮説で、現在では検証もされているが、経済成長の中身を見ると、労働者や資本の増加以外の要因によって、経済成長している割合が実はかなり大きい」

つまり、イノベーションこそが経済成長を実現したきたわけだが、TFPは具体的には主として次の2つの要因からなる。1つは、技術革新だ。「これまでなかった新しい技術により、生産性が上がる」

もう1つは、生産の効率化だ。「いわゆる産業調整。生産性の低い分野から高い分野に資源がシフトすることで生産性が上がる。あるいは企業再編だったり、もちろん企業内での働き方改革もそうだ」

研究によれば、アメリカは1880年~1980年まで、TFPが非常に高い水準にあった。電力やモータリゼーション、飛行機の普及などの技術革新が、この“黄金の100年”を支えた。ところが、「1980年を境にガタッと落ちた。それから約40年、非常に厳しい状況だ」。

日本においても、TFPは1990年に落ち込む。「我々は何となく、バブルが崩壊して日本経済は厳しいと理解しているわけだが、それでは物事の半分しか見ていない。実際には、アメリカで起きたことが、10年遅れて日本で起きただけだ」

先進国において、イノベーションによる経済成長は、終わったかのようにも見えた。しかし今、「『もう一度、TFPが上がるのではないか』と言われている」と伊藤教授。その背景にあるのはもちろん、AIやIoT、ロボットといった技術革新である。

「問題は今起きている技術革新が、過去の巨大な技術革新と同程度、あるいはそれ以上に大きいかどうかだが、私は期待できるだろうと思っている」と伊藤教授は語った。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

yamaha1708
macnica1708
nokia1708

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】セルラーLPWAでGO!
●LTE-MとNB-IoTの違い/●世界のセルラーLPWA商用展開マップ/●注目セルラーLPWA事例 ほか

◆[インタビュー]NTTドコモ 執行役員 大野友義氏「対話型AIであらゆる生活を革新」 ◆LTEコードレス「sXGP」- 自営PHSから自営LTEへ ◆OTTも参戦!海底ケーブル市場の今 ◆ネットワーク監視ツール ◆働き方改革で拡大する法人スマデバ

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
yamaha_YSL_V810

スペシャルトピックス

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
emc
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます