企業ネットワーク最前線

データセンターインターコネクト(DCI)最新動向――光伝送にもSDN/オープン化の波

文◎坪田弘樹(編集部) 2017.09.06

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ネットワーク業界において成長著しい分野の1つが、データセンター間を相互接続するDCIだ。プライベート網の構築を進めるOTTのニーズが市場を牽引。特に光伝送装置で技術革新が進んでいる。

 
留まることを知らないトラフィック増への対処は今やネットワーク業界全体の課題だが、なかでも帯域不足が顕著で、これを解消すべく投資が活発に行われている領域の1つがデータセンター(DC)間を相互接続するDC(Iデータセンターインターコネクト)だ。

DCIは、地理的に分散した複数のDCを連携させて1つのDCのように設計し運用するためのソリューションである。DCをまたいで仮想マシンのライブマイグレーションを行ったり、アプリケーション間の通信を容易に行えるようにすることで、可用性の向上やトラフィックの分散・最適化、リソース消費の効率化など様々なメリットを享受できる。クラウドの普及などを背景に、ここ数年急成長している市場だ。

その成長を支えているのが通信キャリア、そしてGoogleやFacebook、Amazonといった、いわゆるOTT(Over the Top)による投資だ。特に、DCI市場のトレンドを決めているのがOTTのニーズである。

「メトロDCI」がトレンドにOTTの動向で注目すべき点は2つある。1つがDCの分散化だ。

OTTは、超大容量で高い処理能力を持つハイパースケールDCを構築するのと並行して、近年は都市部に小規模な「メトロDC」を構築している。これらをメッシュ状につないで仮想的に1つのDCとして運用する形態が主流になっている(図表1)。

 

図表1 OTTにみるデータセンター構築・運用形態の変化
図表1 OTTにみるデータセンター構築・運用形態の変化


ここで問題になるのが、DC間をつなぐネットワークの帯域だ。

一般的に、DCのトラフィックのうち75%はDC内で扱われ、残りの25%が外部へ出入りすると言われている。だが、前記のような“DCのクラスタ化”が進むと、以前はDC内で処理されていたトラフィックがDC間を結ぶネットワークを流れることになる。富士通のネットワークプロダクト事業本部・光コアネットワーク事業部でシニアディレクター兼プロダクト方式部長を務める杉山晃氏は「こうした使われ方をしているメトロネットワークは、すでに帯域が逼迫している状況」と語る。

このような形態は今後、OTT以外にも広がっていくと考えられる。クラウドの手前でデータ処理を行うエッジコンピューティングや、動画配信・Webアプリを高速化するCDNの広がりもその後押しとなるだろう。

通信キャリアのColtテクノロジーサービスでアジア プロダクトマネジメント本部・プロダクトマネジャーを務める田中雄作氏も「小型DCをつなぐ形態は実際に増えてきている」と話す。

同社は広帯域サービスを主力とし、OTTから一般企業のDCまで様々なユーザーにサービスを提供している。なお、クラウド/DC事業者、そして一般企業ともに「広帯域へとシフトしている」状況で、かつニーズも多様化。特に「納期要求が厳しい。早く増設したいという要望が増えてきている」という。

これに応えるため、Coltはネットワークインフラの増強を進めるとともに、他事業者のDCとの接続も700程度まで増やし、短納期の要求に応える体制を強化している。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

kyowa1801
softbank1801
broadmedia1801

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】ネットワーク未来予想図
     ~これから2020年までに起こること~


◆[インタビュー]原田博司 京大教授「Wi-SUN FANが海外で人気! LPWA市場で世界第3位へ」 ◆ブロックチェーンにIoT担当者が注目すべき理由 ◆SD-WANの2018年 ◆Skype for Businessが働き方を変える ◆“業界3位” エクストリームネットワークスの野望

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

日本マイクロソフトWindows 10/Office 365の更新
これだけ知っていれば怖くない!

ネットワーク帯域を圧迫するアップデートをうまく乗り切るには?

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズチェック・ポイントのSMB戦略
あらゆる環境で攻撃を未然に防ぐ

日本向けにローカライズし、パートナーもユーザーも扱いやすく。

ロジクールSkype for Business用
会議室コンソール「SmartDock」

働き方改革に有効なSfB会議が簡単かつ安全に始められる!

協和エクシオSfB導入の課題解決をサポート

協和エクシオは通建事業60年のノウハウを活かし、Skype for Business導入トータルサービスを提供する。

ソフトバンクSkype for Businessの利用促進
コスト大幅削減を実現するには?

ソフトバンクのGlobalMeet電話会議サービスで実現可能だ。

ブロードメディア・テクノロジーズグローバル企業の悩みを一掃!
“本当に使える”SD-WAN基盤

WANの課題を一掃するAryakaの
SD-WANが心強い味方になる。

NECネッツエスアイSilver PeakのSD-WANは
独自技術でSaaS通信をフル制御

「SaaSを快適かつ安定的に使いたい」という企業ニーズに応える。

日商エレクトロニクスクラウドが快適に使えるSD-WAN

日商エレクトロニクスが販売する「Cisco SD-WAN」(旧Viptela)は、常に進化し続けるSD-WANだ。

サクサ中小企業も容易にセキュリティ対策

サクサのUTM「SS5000」は、コンパクトながら充実機能。外部だけでなく内部の脅威にも対応できる。

Office 365ADCでOffice 365通信の課題解決!

Office 365通信の課題であるプロキシ/FWの負荷増大と運用の複雑化を一気に解決するのがADCだ。

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンネットワークとPCを同時に守る!

ウォッチガードはNW防御にエンドポイントでのセンサー技術を組み合わせ、包括的で効果的な対策を実現!

サイバーリーズンAIで攻撃の兆候をリアルタイム検知
既知だけでなく未知の脅威も防御

AIを活用した独自分析技術で、悪意ある振る舞いを検知するEDR製品。

パロアルトネットワークスGTP-C/GTP-Uのセキュリティ強化
次世代FWをモバイル網に適用

携帯電話事業者のネットワークは次世代ファイアウォールが守る。

NECマグナスコミュニケーションズPHS/ISDNからLTEへ簡単移行!

「マルチキャリアで冗長化したい」「シリアルI/Fなど既存環境に手を加えたくない」といった声に応える。

アットマークテクノ柔軟な拡張性・出荷実績30万台の
安心感の日本製IoTゲートウェイ

ASEAN中心に認証を取得で、IoTシステムの海外展開にも便利だ。

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション201712
wj2018a
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2017 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます