企業ネットワーク最前線

データセンターインターコネクト(DCI)最新動向――光伝送にもSDN/オープン化の波

文◎坪田弘樹(編集部) 2017.09.06

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ネットワーク業界において成長著しい分野の1つが、データセンター間を相互接続するDCIだ。プライベート網の構築を進めるOTTのニーズが市場を牽引。特に光伝送装置で技術革新が進んでいる。

 
留まることを知らないトラフィック増への対処は今やネットワーク業界全体の課題だが、なかでも帯域不足が顕著で、これを解消すべく投資が活発に行われている領域の1つがデータセンター(DC)間を相互接続するDC(Iデータセンターインターコネクト)だ。

DCIは、地理的に分散した複数のDCを連携させて1つのDCのように設計し運用するためのソリューションである。DCをまたいで仮想マシンのライブマイグレーションを行ったり、アプリケーション間の通信を容易に行えるようにすることで、可用性の向上やトラフィックの分散・最適化、リソース消費の効率化など様々なメリットを享受できる。クラウドの普及などを背景に、ここ数年急成長している市場だ。

その成長を支えているのが通信キャリア、そしてGoogleやFacebook、Amazonといった、いわゆるOTT(Over the Top)による投資だ。特に、DCI市場のトレンドを決めているのがOTTのニーズである。

「メトロDCI」がトレンドにOTTの動向で注目すべき点は2つある。1つがDCの分散化だ。

OTTは、超大容量で高い処理能力を持つハイパースケールDCを構築するのと並行して、近年は都市部に小規模な「メトロDC」を構築している。これらをメッシュ状につないで仮想的に1つのDCとして運用する形態が主流になっている(図表1)。

 

図表1 OTTにみるデータセンター構築・運用形態の変化
図表1 OTTにみるデータセンター構築・運用形態の変化


ここで問題になるのが、DC間をつなぐネットワークの帯域だ。

一般的に、DCのトラフィックのうち75%はDC内で扱われ、残りの25%が外部へ出入りすると言われている。だが、前記のような“DCのクラスタ化”が進むと、以前はDC内で処理されていたトラフィックがDC間を結ぶネットワークを流れることになる。富士通のネットワークプロダクト事業本部・光コアネットワーク事業部でシニアディレクター兼プロダクト方式部長を務める杉山晃氏は「こうした使われ方をしているメトロネットワークは、すでに帯域が逼迫している状況」と語る。

このような形態は今後、OTT以外にも広がっていくと考えられる。クラウドの手前でデータ処理を行うエッジコンピューティングや、動画配信・Webアプリを高速化するCDNの広がりもその後押しとなるだろう。

通信キャリアのColtテクノロジーサービスでアジア プロダクトマネジメント本部・プロダクトマネジャーを務める田中雄作氏も「小型DCをつなぐ形態は実際に増えてきている」と話す。

同社は広帯域サービスを主力とし、OTTから一般企業のDCまで様々なユーザーにサービスを提供している。なお、クラウド/DC事業者、そして一般企業ともに「広帯域へとシフトしている」状況で、かつニーズも多様化。特に「納期要求が厳しい。早く増設したいという要望が増えてきている」という。

これに応えるため、Coltはネットワークインフラの増強を進めるとともに、他事業者のDCとの接続も700程度まで増やし、短納期の要求に応える体制を強化している。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

yamaha1710
softbank1710
recomot1710

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
次世代SPS2017_B

スペシャルトピックス

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot16
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます