企業ネットワーク最前線

LPWAで4億人をカバー! タタとHPEがLoRaでスマートシティ

文◎坪田弘樹(編集部) 2017.09.07

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

米HPE コミュニケーション&メディア
ソリューションズ IoTビジネス ディレクター
ナイジェル・アップトン氏

インドでLoRaWANを使った大規模ネットワークの構築が進んでいる。タタ・コミュニケーションズとHPEが共同で複数都市をスマートシティ化する。カバー範囲は4億人にも及ぶ大規模プロジェクトだ。

 
今年2月、インドの通信キャリアであるタタ・コミュニケーションズ(タタ)とヒューレット・パッカード・エンタープライズ(HPE)は共同で、LPWA(Low Power Wide Area)技術の1つであるLoRaWANによる世界最大規模のネットワークを構築すると発表した。インド国内の複数都市をカバーする大規模プロジェクトであり、第1段階として人口の約3分の1に当たる4億人をカバーする計画だ。

タタとHPEの目的はスマートシティの実現だ。HPEのIoTプラットフォーム「HPE Universal IoT Platform」を基盤として、様々な都市インフラのデジタル化を進める。スマートメーターや廃棄物管理、車両の運行管理、防犯、ヘルスケアなど多様なサービスを順次展開していくという。HPEの通信事業部門(Communications & Media Solutions)でIoTビジネス担当ディレクターを務めるナイジェル・アップトン氏は、「LoRaをベースに統合都市管理を行う世界初のプロジェクトだ」と話す。

LoRaで「女性の安全」を守るこのプロジェクトが最も先行している都市が、インド東部にある工業都市、Jamshedpur(ジャムシェードプル)だ。製鉄業が盛んな“鉄鋼の町”がいま、先進的なスマートシティに生まれ変わろうとしている。「様々な都市インフラをデジタル化して集中的に管理する“Smart City Command Center”を構築している最中だ」(アップトン氏)。

このセンターでは、電力等のエネルギーや水道、廃棄物管理、パーキングメーター、防犯用の監視カメラなど15種類のインフラを統合管理する計画だ。HPE Universal IoT Platformに接続されるセンサー、ゲートウェイ機器は20万台にも達する見込みで、今後1年から1年半をかけて構築を進めるという。

HPEはこの取り組みにおいて、デバイスやアプリケーションの開発にも関わっている。アップトン氏は「HPEは50社以上のパートナーと提携しており、毎週のように新デバイスが登場している」と話す。

例えば、Jamshedpurで展開中のユースケースの1つに「女性のセキュリティ」(同氏)がある。

インドは女性差別が深刻な状況で、凶悪な暴行事件も相次いでいる。そこで、バッグ等に取り付けられる「パニックボタン」を女性が携行し、暴漢に襲われた際にはボタンを押すだけでLoRaネットワークを介して通報できるようにする。さらに、通報と同時にHPE Universal IoT Platformがセルラー網を介して、周辺に設置されている監視カメラを自動的に制御する。現場付近を撮影し、その映像によって犯罪者を追跡するのだ。

このように複数のネットワークを集約し、デバイスを連動させられることがHPE Universal IoT Platformの特徴だという。図表のようにSIGFOXやセルラー網、Wi-Fi、固定網、さらに衛星通信も駆使して様々なデバイスを連動させることで付加価値の高いサービスを開発している。

 

図表 HPE Universal IoT Platform とエコシステム[画像をクリックで拡大]
図表 HEP Universal IoT Platform とエコシステム


なお、インド以外も含めてHPEが手掛けるスマートシティ関連のアプリとユースケースはすでに30件以上にものぼるという。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

ipswitch1710
yamaha1711
necpf1711

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot16
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます