企業ネットワーク最前線

ライムライト・ネットワークスのCDN戦略「キャッシュヒット率で他社を圧倒」

文◎村上麻里子(編集部) 2017.08.10

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

動画などの大容量コンテンツを高速・安定的に配信するためにCDNは欠かせない。ライムライト・ネットワークスは、キャッシュヒット率の高さで快適な配信を実現するという。

 
「大容量コンテンツをエンドユーザーに高速かつ安全に届けることは我々のミッションだが、その重要性はかつてないほど高まっている」。こう語るのは、コンテンツ・デリバリ・ネットワーク(DCN)ベンダー、米ライムライト・ネットワークスCEOのボブ・レント氏だ。

スマートデバイスや動画サービスの普及に伴い、ネットワークを流れるトラフィック量は爆発的に増加している。同社では2020年までにコンシューマー向けインターネットトラフィックの82%は動画になり、15年から20年までの間にモバイル端末のデータトラフィックは8倍に増加すると予測する。さらにIoTの本格化により、20年までに263億台ものIoTデバイスがIPネットワークに接続するようになるという。加えて、DDoS攻撃をはじめとするサイバー攻撃が日常化しており、新しい攻撃手法も次々に生まれている。

こうしたなか、オンラインゲームや動画、音楽などを国内外に配信する企業の間では、コンテンツ配信専用ネットワーク「CDN」のニーズが高まっている。世界各地に張りめぐらせたネットワークに分散配置されたキャッシュサーバーでコンテンツをキャッシュし、エンドユーザーに最も近いサーバーから高速配信するCDNは、国内では海外ベンダーのほか、NTTコミュニケーションズやIIJなど大手通信キャリアも参入する激戦市場。ライムライト・ネットワークスは独自の戦略で存在感を示している。
ライムライト・ネットワークス
(左から)ソリューション・エンジニア・ディレクターのカイル・フェイバー氏、グループバイスプレジデントアジアパシフィックのキム・クワンシク氏、CEOのボブ・レント氏、ライムライト・ネットワークス・ジャパンカントリーマネージャーの田所隆幸氏

WAF運用の負担を軽減ライムライト・ネットワークスのCDNサービスの最大の特徴は、主要都市40拠点以上、配信ポイント80カ所以上と世界最大規模のプライベートネットワークを経由してコンテンツを配信していることだ。

これにより、インターネットの不安定さの影響を極力受けずに、安定してコンテンツを運ぶことができる。CDNベンダー最大手の米アカマイ・テクノロジーズをはじめ他社はインターネットをバックボーンに使ってコンテンツを配信していることから、この点が競合他社との大きな差別化となっている。

16年からは、プライベートネットワークに①DDoS攻撃対策の「DDoS Attack Interceptor」、②クラウド型WAFの「Limelight Web Application Firewall(以下Limelight WAF)」の2種類のセキュリティソリューションを組み合わせて提供している。サイバー攻撃が頻発する中で、既存のユーザー企業からのセキュリティ機能を求める声に満を持して対応したものだという。

一般的にWebサイトは静的コンテンツ(画像や文字など)と動的コンテンツ(ユーザー固有情報や時間の経過とともに変化する情報)で構成される。静的コンテンツについては、オリジナルのWebサーバーに代わってCDNのエッジサーバーでキャッシュされる。サイバー攻撃を受けた場合も同様で、Limelight WAFは動的コンテンツのみを処理する。これにより、Webサーバーへの攻撃の影響は最低限に抑えられる。

通常、WAFはWebサーバーの前にユーザー企業が設置するが、CDNベンダーが代わりに提供することで、ユーザー企業はWAFを自前で運用する必要がなくなり、負担が軽減されるという。

サイバー攻撃は悪質・巧妙化する一方であり、CDNベンダーが自社だけで対策を取るのは限界がある。そのため今後は、セキュリティベンダーとの連携による機能拡充を予定している。動画配信パフォーマンスを改善 同社はセキュリティと並び、より高速・安定的なコンテンツ配信のためにキャッシュの効率性や配信パフォーマンスの向上に注力している。

キャッシュの効率性については、サーバーを駆動するソフトウェアの改善により、12カ月間で約700%向上したという。

その効率性から、キャッシュヒット率(CDNサーバーが企業のWebサーバーの代わりにコンテンツを配信する割合)は平均98%と他社平均の80%を大幅に上回る。「キャッシュサーバーにデータがないためにオリジンサーバーにデータを取りに行く回数が少なくて済むので、レスポンスも速い」とグループバイスプレジデント アジアパシフィックのキム・クワンシク氏は説明する。

この5月には、プライベートバックボーンネットワーク上に構築されるCDNプラットフォーム「Limelight Orchestrate Platform」の機能を強化した。独自のCDNコア・ソフトウェアであるEdgePrismのキャッシュ管理と配信を最適化した結果、動画の配信パフォーマンスが大幅に改善。米国では「SDビデオのリバッファリング(動画ファイルの一部を再びバッファメモリに読み込むこと)33%削減」「HDビデオのリバッファリングを25%削減」といった成果が生まれているという。

「自社で保有する特許技術を活かし、今後もコンテンツ配信の改善に取り組んでいきたい」とソリューション・エンジニア・ディレクターのカイル・フェイバー氏は話す。

 

図表 Limelight Orchestrate Platformの概要
図表 Limelight Orchestrate Platformの概要

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

necpf1711
nec1711
hpearuba1711

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】つながるクルマが「移動」を変える
     モビリティIoT革命


◆[インタビュー]シスコ鈴木専務「IoTの幻滅期をいち早く経験したシスコは他社の1年先を行く」 ◆920MHz帯“大混雑時代”の対応策に ◆LPWAで地域活性化に挑む藤枝市 ◆handyがホテルの客室電話を変える ◆ネットワークセキュリティの新常識 ◆IoTルーター/ゲートウェイの最新トレンド

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
サイバー・リーズン

スペシャルトピックス

Office 365ADCでOffice 365通信の課題解決!

Office 365通信の課題であるプロキシ/FWの負荷増大と運用の複雑化を一気に解決するのがADCだ。

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンネットワークとPCを同時に守る!

ウォッチガードはNW防御にエンドポイントでのセンサー技術を組み合わせ、包括的で効果的な対策を実現!

サイバーリーズンAIで攻撃の兆候をリアルタイム検知
既知だけでなく未知の脅威も防御

AIを活用した独自分析技術で、悪意ある振る舞いを検知するEDR製品。

パロアルトネットワークスGTP-C/GTP-Uのセキュリティ強化
次世代FWをモバイル網に適用

携帯電話事業者のネットワークは次世代ファイアウォールが守る。

NECマグナスコミュニケーションズPHS/ISDNからLTEへ簡単移行!

「マルチキャリアで冗長化したい」「シリアルI/Fなど既存環境に手を加えたくない」といった声に応える。

アットマークテクノ柔軟な拡張性・出荷実績30万台の
安心感の日本製IoTゲートウェイ

ASEAN中心に認証を取得で、IoTシステムの海外展開にも便利だ。

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot16
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます