企業ネットワーク最前線

ライムライト・ネットワークスのCDN戦略「キャッシュヒット率で他社を圧倒」

文◎村上麻里子(編集部) 2017.08.10

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

動画などの大容量コンテンツを高速・安定的に配信するためにCDNは欠かせない。ライムライト・ネットワークスは、キャッシュヒット率の高さで快適な配信を実現するという。

 
「大容量コンテンツをエンドユーザーに高速かつ安全に届けることは我々のミッションだが、その重要性はかつてないほど高まっている」。こう語るのは、コンテンツ・デリバリ・ネットワーク(DCN)ベンダー、米ライムライト・ネットワークスCEOのボブ・レント氏だ。

スマートデバイスや動画サービスの普及に伴い、ネットワークを流れるトラフィック量は爆発的に増加している。同社では2020年までにコンシューマー向けインターネットトラフィックの82%は動画になり、15年から20年までの間にモバイル端末のデータトラフィックは8倍に増加すると予測する。さらにIoTの本格化により、20年までに263億台ものIoTデバイスがIPネットワークに接続するようになるという。加えて、DDoS攻撃をはじめとするサイバー攻撃が日常化しており、新しい攻撃手法も次々に生まれている。

こうしたなか、オンラインゲームや動画、音楽などを国内外に配信する企業の間では、コンテンツ配信専用ネットワーク「CDN」のニーズが高まっている。世界各地に張りめぐらせたネットワークに分散配置されたキャッシュサーバーでコンテンツをキャッシュし、エンドユーザーに最も近いサーバーから高速配信するCDNは、国内では海外ベンダーのほか、NTTコミュニケーションズやIIJなど大手通信キャリアも参入する激戦市場。ライムライト・ネットワークスは独自の戦略で存在感を示している。
ライムライト・ネットワークス
(左から)ソリューション・エンジニア・ディレクターのカイル・フェイバー氏、グループバイスプレジデントアジアパシフィックのキム・クワンシク氏、CEOのボブ・レント氏、ライムライト・ネットワークス・ジャパンカントリーマネージャーの田所隆幸氏

WAF運用の負担を軽減ライムライト・ネットワークスのCDNサービスの最大の特徴は、主要都市40拠点以上、配信ポイント80カ所以上と世界最大規模のプライベートネットワークを経由してコンテンツを配信していることだ。

これにより、インターネットの不安定さの影響を極力受けずに、安定してコンテンツを運ぶことができる。CDNベンダー最大手の米アカマイ・テクノロジーズをはじめ他社はインターネットをバックボーンに使ってコンテンツを配信していることから、この点が競合他社との大きな差別化となっている。

16年からは、プライベートネットワークに①DDoS攻撃対策の「DDoS Attack Interceptor」、②クラウド型WAFの「Limelight Web Application Firewall(以下Limelight WAF)」の2種類のセキュリティソリューションを組み合わせて提供している。サイバー攻撃が頻発する中で、既存のユーザー企業からのセキュリティ機能を求める声に満を持して対応したものだという。

一般的にWebサイトは静的コンテンツ(画像や文字など)と動的コンテンツ(ユーザー固有情報や時間の経過とともに変化する情報)で構成される。静的コンテンツについては、オリジナルのWebサーバーに代わってCDNのエッジサーバーでキャッシュされる。サイバー攻撃を受けた場合も同様で、Limelight WAFは動的コンテンツのみを処理する。これにより、Webサーバーへの攻撃の影響は最低限に抑えられる。

通常、WAFはWebサーバーの前にユーザー企業が設置するが、CDNベンダーが代わりに提供することで、ユーザー企業はWAFを自前で運用する必要がなくなり、負担が軽減されるという。

サイバー攻撃は悪質・巧妙化する一方であり、CDNベンダーが自社だけで対策を取るのは限界がある。そのため今後は、セキュリティベンダーとの連携による機能拡充を予定している。動画配信パフォーマンスを改善 同社はセキュリティと並び、より高速・安定的なコンテンツ配信のためにキャッシュの効率性や配信パフォーマンスの向上に注力している。

キャッシュの効率性については、サーバーを駆動するソフトウェアの改善により、12カ月間で約700%向上したという。

その効率性から、キャッシュヒット率(CDNサーバーが企業のWebサーバーの代わりにコンテンツを配信する割合)は平均98%と他社平均の80%を大幅に上回る。「キャッシュサーバーにデータがないためにオリジンサーバーにデータを取りに行く回数が少なくて済むので、レスポンスも速い」とグループバイスプレジデント アジアパシフィックのキム・クワンシク氏は説明する。

この5月には、プライベートバックボーンネットワーク上に構築されるCDNプラットフォーム「Limelight Orchestrate Platform」の機能を強化した。独自のCDNコア・ソフトウェアであるEdgePrismのキャッシュ管理と配信を最適化した結果、動画の配信パフォーマンスが大幅に改善。米国では「SDビデオのリバッファリング(動画ファイルの一部を再びバッファメモリに読み込むこと)33%削減」「HDビデオのリバッファリングを25%削減」といった成果が生まれているという。

「自社で保有する特許技術を活かし、今後もコンテンツ配信の改善に取り組んでいきたい」とソリューション・エンジニア・ディレクターのカイル・フェイバー氏は話す。

 

図表 Limelight Orchestrate Platformの概要
図表 Limelight Orchestrate Platformの概要

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

watchguard1805
scsk1805
jpsecure1805

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】プライベートLTEと
   5G URLLCの世界

[第一部]プライベートLTE 
●“Wi-Fi超え”の企業無線/●プライベートLTEを構築しよう [第二部]5G URLLC ●5Gの目玉「URLLC」とは?/●202X年、5Gはこう使う

◆[インタビュー] NTT 篠原弘道副社長 「B2B2Xで広がる可能性」 ◆クラウド管理型無線LAN ◆WAF ◆光伝送で進むオープン化

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

SigfoxSigfoxが開始1年で100万回線!
いよいよ花開くIoTビジネス

LPWAの代表格「Sigfox」の最新動向と活用事例を徹底レポート!

WatchGuard Wi-Fi Cloud不正APを自動遮断するWIPS搭載!
ソーシャルWi-Fiで販促支援も

セキュアな無線LAN環境を実現できる「WatchGuard Wi-Fi Cloud」

無線LAN構築・運用のポイントをSCSKが語る

無線LANの大きなトレンドとなっている「クラウドWi-Fi」で課題解決!

ジェイピー・セキュア導入実績100万サイト以上の
国産WAF「SiteGuard」

業界最速レベルで防御機能を提供するジェイピー・セキュアのWAF製品

ライムライト・ネットワークスクラウド型WAFでWebサイトを保護

ライムライトなら、自社のCDNやDDoS対策との多層防御でオリジンサーバーを攻撃から防御できる。

Office 365ユーザは使わなきゃ損
Teamsでチームワークが劇的に!

Office 365の新ツール「Teams」を使い始める企業が続出している。

CASO新技術のホワイトボックス
M2Mルーターは「切れない接続」

Foxconnグループでホワイトボックスを展開するCASO。

東京エレクトロンデバイスグローバル企業のSaaS活用を後押し
マルチクラウド化の準備はCASBで

マルチクラウドを一元的に管理したい。そんな望みを叶えられる。

拠点・モバイルをつなぐだけ!
クラウドの安全はシンプルに守る

クラウド利用の拡大とともに複雑化するセキュリティ課題を解決!

NetskopeCASBでクラウドはどこまで操れるか
既存のセキュリティとどう違う?
 

Netskopeを例にCASBの機能と使い方、メリットを整理した。

ソフトバンクソフトバンクがSMB向けの
ソリューションパートナー募集!

働き方改革を中心に新たなソリューション開発を支援する。

日本マイクロソフトSkype for Businessを
快適に使いこなすコツとは?

UCの導入効果を最大化するためには備えが必要だ。

日本ビジネスシステムズ“電話”からはじめる働き方改革!

日本ビジネスシステムズのクラウドPBXは、働き方改革を目指す日本企業にピッタリのIP電話サービスだ。

Dialpadピュアクラウドで進化し続ける電話

「PBXを買いたくない」「電話回線を引きたくない」。そんな企業に最適なクラウドテレフォニーがある。

東京エレクトロンデバイスIoTデバイス特化のAIで異常検知

IoTデバイスを狙ったマルウェアが急増中だ。ZingBox IoT Guardianは、IoTに特化したAIで検知する。

Aruba次世代NACでIoTの脅威をブロック

Arubaの次世代NACはエージェントレスでIoT端末にも対応! リスクを検知し有害端末を隔離できる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション20180226
wsd_iot_ngn
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます