調査データ

働き方改革の推進者の42%は経営者、「生産性向上」段階の企業はまだ少数

文◎business network.jp編集部 2017.08.03

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

IDC Japanは2017年8月3日、「働き方改革」に関する調査結果を発表した。

国内企業など629名を対象に行われた同調査では、多くの企業が働き方改革の初期段階である「管理の強化」のフェーズにいることが分かったという。

IDC Japanでは、働き方改革を「管理の強化」、「効率性と生産性向上」、「人材活用と事業拡大」の3段階で捉えており、「管理の強化」は第1段階。「就業規則や制度の見直し」「勤怠管理の強化」により、長時間労働の抑止に取り組むフェーズだ。

 

図表 働き方改革の段階とIT活用(出典:IDC Japan)
図表 働き方改革の段階とIT活用(出典:IDC Japan)


第2段階である「効率性と生産性向上」のフェーズにある先進的な企業はITを活用したコミュニケーションの活性化に取り組んでいるが、働き方改革と関連したIT利用について、関心が高かったのはビジネスチャット、社内SNS、スマートフォン向けビジネスアプリ、タレントマネジメント導入だったという。生産性向上のために自動化したい業務としては、「勤怠管理」と「経費と交通費精算」が挙がった。

また、働き方改革の推進者は、経営者が42.4%と最も高く、以下、人事部長(24.5%)、経営企画(20.3%)と続いている。

IDC Japan シニアマーケットアナリストのもたい洋子氏は、「国内企業の働き方改革は、多くの企業が労務管理の強化段階にあるが、先進的な企業では社員間のシナジーを生むコミュニケーションの高度化で生産性を向上し、継続的な事業拡大を担う人材活用に向けて動き出している。国内企業は人事領域におけるICT活用で、これまで培ってきた組織対応の強さに加え、個々の従業員の個性や専門性を事業に生かすべきである。ICTを働き方改革に活用することで、取り組みの可視化、効果測定、新規プロジェクトへの最適な人材配置の実現を早期化する。今後の働き方改革の成熟度に合わせ、コグニティブ/AIシステムを軸にした国内のHR Techが活性化する」とコメントしている。

スペシャルトピックスPR

yamaha1708
macnica1708
nokia1708

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】エッジコンピューティングの全貌
<Part 1>いま大注目のエッジとは? <Part 2>工場で始まったエッジ革命
<Part 3>シスコ事例にみる使い方と実装方法
<Part 4>ドコモが考えるエッジコンピューティング

● [インタビュー]大阪大学教授 三瓶政一氏「5Gは4Gまでとは根本的に違う」 ●基礎から学ぶ「CASB」 ●ビデオ会議で注目の「ハドルルーム」 ● Bluetooth meshで大規模IoT ●NTTコム、eSIM実験の狙い ●自律走行型ロボットで働き方改革

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ロジクール

スペシャルトピックス

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ms
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます