企業ネットワーク最前線

北京大学でフィールド検証中のNB-IoT自転車――通信用途とバッテリー持ちは?

文◎唐島明子(編集部) 2017.07.14

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

中国ではNB-IoT対応のLTEネットワークが既に商用稼働している。早速そのネットワークを活用しようと、シェア自転車「ofo」は北京大学でフィールド検証中だというが、何の通信にNB-IoTを使うのか。また、バッテリーの持ちはどれくらいを想定しているのだろうか。


暗証番号をリセットするときにNB-IoTで通信まず、ofoのシェア自転車を利用する際の仕組みを確認しよう。

自転車の後輪に付いている鍵には、QRコードとシェア自転車番号の記載されており、その左には「1」「2」「3」「4」の数字と「エンター」ボタンがある。


後輪に付いているロックの上部にあるQRコードとシェア自転車番号。その左側には上から1、2、3、4、エンターのボタンがある

利用者は、スマートフォンにインストールしたofoのアプリを起動し、QRコードをカメラで読み取るか自転車番号を手入力すると、ロックを開けるための4ケタの暗証番号がアプリ画面に表示される。その暗証番号をボタンで押すとロックが開き、自転車に乗れるようになる。目的地まで行って自転車から降り、ロックをかけると、それをトリガーにロックの暗証番号がリセットされる。


QRコードをカメラで読み取っている


アプリ画面に表示された暗証番号。左側にあるボタンでその番号を入力している

4ケタの暗証番号を管理しているのは、クラウドにあるバックエンドのシステムだ。シェア自転車のアプリは、QRコードまたは手入力された自転車番号をもとに、その自転車の暗証番号をバックエンドシステムに問い合わせ、システムはその答えをアプリに返す。

ネットワークを使うのは、①ロックを開けるための暗証番号を取得する時と、②暗証番号をリセットするために鍵を閉めたことをバックエンドのシステムに通知する時だが、①はスマートフォンの通信回線を利用するためNB-IoTではない。シェア自転車に新たに搭載したNB-IoTで通信するのは②の時だ。

バッテリー持ちは「1日10回」の利用で2年半NB-IoTは、低消費電力で広域通信が可能なLTE版LPWA(Low Power Wide Area)であり、このシェア自転車ではどれくらいの年月に渡ってバッテリーが持つかは大いに気になるところだ。

説明員によれば、中国ではシェアサイクルは2年で償却するというルールがある。そこで、それぞれの自転車は1日10回利用されることを想定した上で、2年半は持つようなバッテリーをロックの中に入れているという。


街中の歩道に駐輪されているシェア自転車。黄色の「ofo」やオレンジの「Mobike」のほかにも、白×赤、水色、黄緑色など、様々な種類のシェア自転車がある

スペシャルトピックスPR

checkpoint1706
takarajoho1706
yamaha1706

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】つながる工場の
   ネットワーク入門

  <Part 1>一般オフィスとはココが違う!産業用イーサネットの世界
  <Part 2>工場IoT化の教科書 <Part 3>つながる工場の守り方

● シスコシステムズ 執行役員 A・マッティー氏「働き方改革は“会議改革”から!世界中の会議室をコラボ空間に」 ● ソニー、100km飛ぶ「独自LPWA」で世界狙う ● ビジネスチャットの「つぶやき」で働き方改革

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ライムライトネットワークス Dbanner

スペシャルトピックス

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます