ICT×未来

[シリーズ]FUTURE NETWORK 第6回

“人類未踏”のテラヘルツ無線とは?――光ファイバーも代替可能な100ギガ超ワイヤレス

文◎太田智晴(編集部) 2017.07.10

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

データセンター内の大量のケーブルが“無線化”された未来が到来する可能性もある――。人類未踏の周波数帯を活用し、超高速通信を実現する「テラヘルツ無線」は、光ファイバーすら代替できるからだ。

 
「人類が活用できていない、最後の未開拓の周波数帯」――。NTT先端集積デバイス研究所で主幹研究員を務める矢板信氏は、テラヘルツ波をこう紹介する。

NTT先端集積デバイス研究所 光電子融合研究部 主幹研究員 矢板信氏
NTT先端集積デバイス研究所 光電子融合研究部 主幹研究員 矢板信氏


一般的に0.1~10THzの周波数を意味するテラヘルツ波。この上の周波数というと、赤外線だ。つまり、電波ではなく光になる。電波と光の中間の性質を持つテラヘルツ波は、発生させることも検出することも技術的に困難であったため、長らく“人類未踏”の領域であり続けてきた。

しかし遂に、この未踏の地が開拓されようとしている。NTT、富士通、NICTは昨年、世界初となる300GHz帯を用いたテラヘルツ無線用小型送受信機を開発。1mを超える伝送距離で20Gbpsのエラーフリー伝送と、直交偏波による約40Gbpsでのデータ伝送に成功した。併せて実施した大容量コンテンツのキオスクダウンロードの実験では、DVD1枚分のデータを約3秒でダウンロードできたという(図表1)。

 

図表1 大容量コンテンツをタッチでダウンロード
図表1 大容量コンテンツをタッチでダウンロード


この共同研究は、総務省による委託研究「超高周波搬送波による数十ギガビット無線伝送技術の研究開発」の一環。矢板氏によれば、総務省のリードによりテラヘルツ無線に注力する日本に加えて、ドイツや米国でも研究が盛んだという。

IEEEでの標準化も始まっている。IEEE 802.15委員会のTG3d(Task Group 3d)として、2014年3月から標準化作業がスタートしており、すでに詰めのフェーズに入りつつあるそうだ。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

macnica1705
arbor1705
checkpoint1706

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】つながる工場の
   ネットワーク入門

  <Part 1>一般オフィスとはココが違う!産業用イーサネットの世界
  <Part 2>工場IoT化の教科書 <Part 3>つながる工場の守り方

● シスコシステムズ 執行役員 A・マッティー氏「働き方改革は“会議改革”から!世界中の会議室をコラボ空間に」 ● ソニー、100km飛ぶ「独自LPWA」で世界狙う ● ビジネスチャットの「つぶやき」で働き方改革

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
IIJグローバルソリューションズ

スペシャルトピックス

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます