ICT×未来

[シリーズ]FUTURE NETWORK 第5回

AIがネットワーク運用の司令塔に――健康診断から応急処置まで自動化

文◎坪田弘樹(編集部) 2017.07.06

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

人手では見つけることが困難なネットワークの問題をAIが検知して治す――。ネットワークの自律的な運用を可能にする技術開発が進んでいる。早ければ今年にも実用化に向けた動きが始まりそうだ。

「精密検査」をネットワークが自動でプロアクティブ制御型ネットワークを実現するための要素技術は、上記で述べた以外にも多岐にわたる。NTTはそれらを組み合わせながら、長期的な視点でネットワーク運用の自動化を進めようとしている。

自律的な運用を実現する技術として、もう1つ注目すべき要素技術が、NTT未来ねっと研究所で開発されている。「メンテナンスフリー故障検出技術」だ。一言でいえば、ネットワークに自らの「健康診断」をさせることを目指している。

通常は、ネットワークの挙動や環境に変化があった場合、人間が判断して監視レベルを変更したり、テストを行ったうえで対処法を決める。これをネットワークに自律的に行わせようというのだ。

異常値が見つかった場合に、データの収集間隔を短くしたり、収集するデータの絞り込みを行ったり、機器の動作確認・試験等をネットワークが自律的に実施。その結果、即座に機器交換を行うべきか、継続運転させて定期点検の際に対処するのかなど対応方法まで判断して、作業員に伝える。

この開発を行っているフォトニックトランスポートネットワーク研究部 ネットワーキング方式研究グループで主幹研究員 グループリーダーを務める長津尚英氏は、「一度のデータ分析で結論を出すのではなく、監視ポリシーの制御、分析、試験のサイクルを何度も回して正確な判断をさせる」と話す。人に例えると、健康診断で異常が見つかった人が、まず再検査を行い、さらに必要に応じて大病院で精密検査を行うなどして、徐々に原因や治療の進め方を特定していくのと同じ流れだ。
NTT未来ねっと研究所 フォトニックトランスポートネットワーク研究部 ネットワーキング方式研究グループ 主幹研究員 グループリーダー 長津尚英氏
NTT未来ねっと研究所 フォトニックトランスポートネットワーク研究部 ネットワーキング方式研究グループ 主幹研究員 グループリーダー 長津尚英氏

スペシャルトピックスPR

skyley1708
ibm1708
checkpoint1706

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G時代の新ビジネス創出戦略
<Part 1>5G革命の本質とは? - 主戦場は「リアル」で「シリアス」な領域へ
<Part 2>5Gで超現実の感動体験 - ポストスマホ時代のビジネスチャンス
<Part 3>人手不足も5Gが救う - AI・4K・5Gが三種の神器に

● [インタビュー]OKI 常務 坪井正志氏「“IoTのOKI”実現の準備は整った」 ●LPWA「ローラ」ネットワークの選び方 ●データセンターインターコネクト(DCI)最新動向 ● 新LPWA規格「Weightless-P」が日本上陸

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
WS変革Day2017 A

スペシャルトピックス

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
ms
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます