ICT×未来

[シリーズ]FUTURE NETWORK 第5回

AIがネットワーク運用の司令塔に――健康診断から応急処置まで自動化

文◎坪田弘樹(編集部) 2017.07.06

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

人手では見つけることが困難なネットワークの問題をAIが検知して治す――。ネットワークの自律的な運用を可能にする技術開発が進んでいる。早ければ今年にも実用化に向けた動きが始まりそうだ。

 
「ここが危ないから治しておいて」と、ネットワークの運用を担当するオペレーターにAIが指示を出す。そんな未来が間もなくやってくる。

人手では特定が困難な障害原因を、AIを使って見つけ出すための技術開発が進んでいるからだ。

ネットワークの仮想化が進展するなか、帯域の拡張や設定変更、経路制御等の運用作業の自動化が進んでいる。また、クラウド/サーバーの設定自動化ツールと連動して、アプリケーション側が求める要件に応じた仮想ネットワークを自動生成するといった運用も現実のものになっている。

その一方で、新たな問題となっているのが故障対応の複雑化だ。「ネットワークの仮想化が進むと、機器の故障や輻輳といった、性能を劣化させるリスク要因が複雑化する」と話すのは、NTTネットワーク基盤技術研究所で通信トラヒック品質プロジェクト トラヒックエンジニアリンググループの主幹研究員 グループリーダを務める川原亮一氏だ。
NTTネットワーク基盤技術研究所 企画部長 通信トラヒック品質プロジェクトマネージャの髙橋玲氏(右)と、通信トラヒック品質プロジェクト・トラヒックエンジニアリンググループ 主幹研究員 グループリーダの川原亮一氏
NTTネットワーク基盤技術研究所 企画部長 通信トラヒック品質プロジェクトマネージャの髙橋玲氏(右)と、通信トラヒック品質プロジェクト・トラヒックエンジニアリンググループ 主幹研究員 グループリーダの川原亮一氏

故障ポイントがわからない!?ハードウェアとソフトウェアが一体化していた従来の環境とは異なり、仮想環境では1つのハードウェア上に複数のネットワーク機能が稼働する。ネットワーク構成は複雑化し、性能劣化を引き起こしている要因を検知・特定することも困難になる。

その結果、今までのような、ネットワーク機器が発するアラームを受けて、つまり故障や輻輳が発生してから「駆けつけ保守によって対処する運用手法には限界が生じる」と川原氏は指摘する。

そこで、川原氏のグループで研究が進められているのが、故障を事前予防する「プロアクティブ制御型ネットワーク」だ。AI・機械学習技術を駆使して、人では検知するのが難しい潜在的な性能劣化リスクや需要の変動を早期あるいは予見的に検知。それにより、事前に機器交換や経路制御を行えるようにして、常にユーザーの体感品質を維持することを目指している。

スペシャルトピックスPR

yamaha1709
uniadex1709
yamaha1710

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
次世代SPS2017_B

スペシャルトピックス

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot16
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます