ICT×未来

[シリーズ]FUTURE NETWORK 第3回

ネットワークに「知性」が宿る――「エッジ」と「スライス」で進化

文◎坪田弘樹(編集部) 2017.07.03

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

キャリア網は今後、リアル世界のモノを動かす基盤へと進化する。そのためには、ネットワーク内に知性を備える必要がある。これを実現する2つの潮流が、エッジコンピューティングとネットワークスライシングだ。

 
「ネットワークの進化の方向性が変わる」――。通信業界に関わる人の多くがそう口にする。

まず、役割が変わる。これまでのネットワークは相手とつながり、情報を獲得するためのものだった。だが、「これからは物理的なモノを動かす役割を担う」と話すのは、NTT未来ねっと研究所所長の川村龍太郎氏だ。従来とは「役割が決定的に違う。それに伴って新しい要件が出てくる」。

NTT未来ねっと研究所 所長 川村龍太郎氏
NTT未来ねっと研究所 所長 川村龍太郎氏


ノキア IP/OpticalネットワークIPルーティング本部長の鹿志村康生氏も、技術進化を促す「ドライバーが変わる。これまでにない要求が出てくる」と話す。

代表例は低遅延化だ。鹿志村氏によれば、自動運転で許容されるネットワークの遅延は最大2ms(ミリ秒)。電力グリッド制御では1msという。ちなみに、人間の前庭動眼反射(姿勢保持のための反射)は7ms。要件がいかに厳しいかがわかる。

ノキア IP/Opticalネットワーク IPルーティング本部長 鹿志村康生氏
ノキア IP/Opticalネットワーク IPルーティング本部長 鹿志村康生氏


もちろん帯域に対する要求も、これまでとは桁違いだ。シスコシステムズの年次調査「Cisco VNI Global Data Traffic Forecast」によると、モバイルトラフィックは年率53%増で推移し、2016年の6.2EB(エクサバイト)から2020年には30.6Eを超える見込みだ。

このように過酷かつ多様な要件に応えるには、ネットワークアーキテクチャを大きく変える必要がある。

 

ネットワークを変える2つの潮流新たな進化の方向性の1つが、「エッジコンピューティング」である。

ユーザーに近いところでコンピューティング処理を行うもので、クラウドの処理を代替したり、受け取ったデータを一次処理してからクラウドに送る等の補完的な役割を担う。

現状では、工場等の施設内にエッジサーバーを配置して特定用途に使う形態が主流だ。しかし、今後は、汎用的に使える“エッジコンピューティング基盤”をキャリア網内に配置し、複数のサービスで共用する形態も広がる可能性がある。エッジに小型のクラウドが分散するイメージだ。

2つめの方向性は、ネットワークの“使わせ方”が変化することだ。

キャリア網はこれまで静的だった。サービスごとにネットワークを作り、基本的にはそれを何年も使う。

だが、それではこれからの時代に対応できない。「1つのネットワークを資源として、複数のサービスに使わせる消費型のモデルになる」と鹿志村氏は話す。これを実現するのが、サービスごとに仮想スライスを作って提供する「ネットワークスライシング」だ。

こうした運用を実現するために重要なのが、インテリジェンスを備えたネットワークである。刻々と変わるネットワークの状態を把握しながら、リソース配分や経路制御を動的に行って、サービス要件に応えるスライスを動的に作りユーザーに提供する。さらに、エッジコンピューティングの機能をスライスに組み込んで提供するといった運用も必要になるだろう。これは、人間の手作業では不可能だ。「運用の自動化が必須」とNECのテレコムキャリアビジネスユニット SDN/NFVソリューション事業部で主席技師長を務める村上紅氏は語る。

NEC テレコムキャリアビジネスユニット SDN/NFVソリューション事業部 主席技師長 村上紅氏
NEC テレコムキャリアビジネスユニット SDN/NFVソリューション事業部 主席技師長 村上紅氏


では、この2つの新技術はどのように実現され、ネットワークの使い方はどう変わるのかを見ていこう。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

yamaha1710
softbank1710
recomot1710

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
次世代SPS2017_B

スペシャルトピックス

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot16
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます