キーパーソンが語る

メラノックスCEO「AIとビデオの高速ニーズに応える」

構成◎坪田弘樹(編集部) 2017.06.30

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

Mellanox Technologies 社長 兼 CEO
エヤル・ワルドマン氏

InfiniBand製品で高いシェアを持つメラノックスはその技術をベースにイーサネット分野に進出し、今年度から日本国内でもデータセンター向けスイッチ製品を本格的に展開する。社長兼CEOのエヤル・ワルドマン氏に事業戦略と強みを聞いた。


――イーサネット製品の実績と日本国内での展開の狙いを教えてください。

ワルドマン 我々はInfiniBandで日本でも成功を収めてきました。政府機関やNTTドコモ等の通信事業者、ニフティ等のクラウド事業者、大学、そしてトヨタ自動車など大手企業で採用されています。すでに広い顧客基盤を持っており、100ギガ対応イーサネット(GbE)スイッチ「Spectrum」でこれをさらに拡大します。

Spectrumはすでに米国と中国で採用が進んでいる製品です。これらの地域と同様に日本でもデータ量が爆発的に増加しており、25~100GbEの市場が急成長しています。Spectrumは100GbEポート×32、25/50GbEポート×64のラインナップを揃えており、10GbEから25、50、100GbEまですべてのニーズに対応できます。

――Spectrumスイッチの特徴は。

ワルドマン 高スループットと低遅延、そして低消費電力、パケット損失が少ないことです。我々のプロセッサは、ブロードコムやカビウムと比較してパケットのバッファリングのスキームが優れているため、電力の消費効率、パケット損失とも優位性があります。もちろん、価格競争力もあると自負しています。

また、イーサネットアダプタ(NIC)「Connect X」も国内で出荷を開始します。デルやネットアップ、ファーウェイ、レノボ、クアンタム等のスイッチ等にすでに組み込まれており、これを日本でも拡販していきます。

年内に200GbE対応製品を――日本国内でのターゲットは。

ワルドマン 既存顧客に売り込むとともに、AIやビデオなどの特にデータ量の増大が著しい分野でお客様を獲得していこうと考えています。

AIに関しては、中国バイドゥの機械学習プラットフォームにSpectrumと100GbE対応NICのConnectX-4が採用され、学習時間が200%短縮されるといった成果が出ています。また、中国ECサイトのJDドットコムでは、販売する商品の真贋をAIの画像認識で判別するシステムにメラノックス製品を採用しています。

金融やヘルスケア、物流など様々な業種にAI活用は広がっており、我々のターゲットも増えています。

――4K/8Kの実用化が近づくビデオ関連も有望な分野ですね。

ワルドマン その通りです。この分野では通信事業者が有望なターゲットになります。ビデオ配信サービスは通信事業者にとって重要なビジネス機会となりますが、4K映像の配信サービスを行うには、その基盤には25GbEの性能が必要です。我々はSoCからNIC、スイッチ、ケーブルやインターフェースモジュールまでエンドツーエンドで25GbE対応のソリューションを提供できる強みがあります。

そして、2020年のオリンピックの頃には8K映像が用いられるようになるでしょう。我々はすでに2015年から100GbE対応の製品を提供しており、8Kに対応するビデオ配信のインフラ構築で貢献できます。

さらに、2017年内には200GbE対応の製品もリリースします。現行の100GbE製品と同じソフトウェアでマネジメントができるため、100GbEから200GbEへスムーズに移行できることも我々の強みになります。

通信事業者に関しては、クラウドインフラの構築でも我々が貢献できます。他国ではヒューレット・パッカード・エンタープライズやファーウェイと組んで、NFVプラットフォームの構築もお手伝いしています。国内でも富士通やNEC等のパートナーとともにNFV関連ビジネスを進めていきます。

スペシャルトピックスPR

skyley1708
ibm1708
logicool1709

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】エッジコンピューティングの全貌
<Part 1>いま大注目のエッジとは? <Part 2>工場で始まったエッジ革命
<Part 3>シスコ事例にみる使い方と実装方法
<Part 4>ドコモが考えるエッジコンピューティング

● [インタビュー]大阪大学教授 三瓶政一氏「5Gは4Gまでとは根本的に違う」 ●基礎から学ぶ「CASB」 ●ビデオ会議で注目の「ハドルルーム」 ● Bluetooth meshで大規模IoT ●NTTコム、eSIM実験の狙い ●自律走行型ロボットで働き方改革

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
IIJグローバルソリューションズ

スペシャルトピックス

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ms
iot15
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます