ICT×未来

中国の最新スマートパーキング――日本のコインパーキングより進んでる!?

文◎唐島明子(編集部) 2017.06.30

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

中国の路上パーキングが、従来の超アナログな管理から、最先端のスマートパーキングに変化しようとしている。現在、フィールドトライアル真っただ中にある、上海・浦東エリアのスマートパーキングを見学した。


中国・上海にある路上パーキングエリアの満空・支払管理が、人力頼みの超アナログから、一気に最先端のスマートパーキングに進化しようとしている。

日本のコインパーキングは既にIT化が進んでいる。スマートフォンのアプリで満空情報をユーザーが閲覧できるだけでなく、予約まで可能なシステムが導入され始めてきた。そのため、中国のスマートパーキングは一見すると目新しさはないと感じるかもしれないが、ネットワークや支払方法は日本より一歩先を行っている。


上海・浦東エリアの浦馳路の一画に設けられたスマートパーキングのトライアルエリア

今回見学したのは、上海・浦東エリアの浦馳路の一画にある駐車スペースで、ここではスマートパーキングのトライアルが進められている。このエリアのほかには、上海の中心部でもトライアルが行われているという。


浦馳路の一画にあるスマートパーキングのトライアルエリアでは、道路の片側一列に駐車スペースが設けられている


これまでの支払いはスクーターで登場する集金担当者にまず、中国の路上パーキングエリアの駐車事情を確認しよう。

中国の道路脇には、日本と同様に、駐車用のスペースが白線で設けられている場所がある。駐車したい人が運転しながら駐車スペースを探し、空きがあれば駐車する。その駐車スペースの近くには集金担当者が常時待機しており、駐車スぺースにクルマが停車しようとすると担当者が現れ、駐車する時間に応じた駐車料金をクルマの運転手から徴収する。満空管理も集金もIT化されておらず、超アナログだ。


バイクに乗った水色シャツの人が駐車スペースの集金担当者

1人の集金担当者がチェックできる駐車スペースの数は20台前後。今回見学した浦馳路にあるトライアルエリアには道路の片側に22台分の駐車スペースがあるが、集金担当者はスクーターに乗りながら道路の反対側で駐車状況をチェックしていた。空きスペースに駐車するクルマが現れると、集金担当者はビューンとスクーターで登場する。

バッテリー交換は3年に1回それに対して、新しいスマートパーキングのシステムでは、駐車スペースの満空情報は地磁気センサーで検知し、そのセンシングデータはIoT向け無線として注目を集めるLPWA(Low Power Wide Area)の「NB-IoT」でバックエンドのシステムに転送。満空情報はスマートフォンなどのアプリで確認でき、駐車代金の支払いにはチャット決済の「WeChat Pay」を利用する。


スマートパーキングの満空情報を確認できるアプリ画面。クルマが停まっているときは赤(写真左)、空いているときは緑色(写真右)で表示する


満空情報を確認できるアプリの画面で駐車予定時間を入力すると、WeChat Payによる支払システムと連携する


黄色い矢印の白い部分にスマートパーキング用のデバイスが埋められている

浦馳路にある22台分の駐車スペースには、NB-IoTの通信モジュール、地磁気センサー、バッテリーを搭載したデバイスが埋められている。NB-IoTの技術を提供しているのはファーウェイだ。同社・中国キャリアマーケット担当部門(China Carrier Market Management Dept)シニアマネージャーのカオ・フェイフェイ(Cao Feifei)氏は、新しいスマートパーキングの仕組みを次のように説明する。

「センサーが
クルマの移動を検知したら、そのセンシングデータをNB-IoTでバックエンドのシステムに送る。移動などの変化がない場合は、1-2時間に1回、ステータスを送信する。デバイスのバッテリー交換は3年に1回行う計画だ」

一般的に、NB-IoTを利用しないスマートパーキングでは、Bluetoothや3G/LTEを利用する。例えば、コインパーキングに10台分の駐車スペースがあれば、その10台分のセンシングデータはBluetoothでゲートウェイに集約した後、ゲートウェイから3G/LTEでまとめてバックエンドシステムに送信する。

しかし、Bluetoothの通信距離は短い。もし路上パーキングのように広いエリアに駐車スペースがある場合、エリア全体をカバーするためには数多くのゲートウェイを用意しなければならない。また、それぞれのゲートウェイ用の電源も用意しなければならず手間がかかる。ところが、NB-IoTを利用すれば、ネットワーク構成はシンプルになりゲートウェイを設置する必要がなくなるほか、ゲートウェイ用の電源も不要になるというメリットがある。

カオ氏によれば、浦馳路では昨年の12月からトライアルを始めており、NB-IoTの通信や満空情報を確認できるアプリは問題なく稼働している。また、WeChat Payによる支払いは最近開始したところで、これから1カ月ほどトライアルして問題がなければ来月にも商用利用を開始する。2017年内には、現在の22台から1000台まで、スマートパーキングの駐車スペースを増やす予定だという。

スペシャルトピックスPR

IBM1710
nec1710
ipswitch1710

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
次世代SPS2017_B

スペシャルトピックス

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot16
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます