ICT×未来

[シリーズ]FUTURE NETWORK 第2回

衛星通信で「地球丸ごとIoT化計画」

文◎唐島明子(編集部) 2017.06.27

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

僻地や災害時の通信手段として重宝されてきた衛星通信が、大きな変化の時期を迎えている。これから、衛星通信による「高速大容量」「低遅延」「低コスト」なインターネット時代の幕が開ける。

 
「衛星通信で高速インターネット」――。そう聞いてピンとくる人はどれくらいいるだろうか。「リアリティがない」といった感想を抱く人も少なくないはずだ。

しかし、宇宙から降ってくる電波で高速インターネットができる時代は、もうそこまで迫っている。

「次世代の衛星通信会社、米ワンウェブ(OneWeb)に、10億ドルの投資をする。ワンウェブでもう一度、通信革命を起こしたい」

ソフトバンクグループ代表取締役社長の孫正義氏が、2017年3月期第3四半期決算説明会でこう言及したワンウェブは、衛星通信による高速インターネットを実現しようとしている、2012年設立の衛星通信ベンチャーだ。

ワンウェブは、地上から衛星へのアップリンクは25Mbps、逆のダウンリンクは50Mbpsという高速インターネットサービスを2020年頃までに地球全体のカバレッジで提供することを目指しており、ソフトバンクのほかにも英ヴァージン・グループ、欧州エアバス・グループ、米コカコーラ、米クアルコムなど、世界の名立たる企業から資金を集めている。
ワンウェブの衛星通信用アンテナ。小学校の屋根などに取り付けられる
ワンウェブの衛星通信用アンテナ。小学校の屋根などに取り付けられる

また、米テスラのCEOとしても知られるイーロン・マスク氏が2002年に設立した米スペースX(スペース・エクスプロレーション・テクノロジーズ)は、「米国やインターネットが整っていない地域に対して、高速・低遅延で安価なネットワークを提供する」と米上院の通商・科学・運輸委員会で宣言。同社は1ユーザーあたり1Gbpsの高速な衛星通信サービスを目指している。

スペースXは、試験衛星を2017年後半から2018年前半にかけて打ち上げた後、2019年から本番用の衛星を打ち上げ始め、2024年には周波数帯域をフルに活用する衛星通信システムを完成させる計画だ。

変革期にある衛星通信ビジネス「衛星通信ビジネスは変化の時期にある」。こう語るのは、衛星通信事業も展開するスカパーJSATの森合裕氏だ。

同氏によれば、その背景には大きく2つの要因があるという。「2012~13年頃から、低軌道衛星を扱う事業者が世界中で出てきており、ベンチャー企業もどんどん参入してきている。HTS(High Throughput Satellite)という技術的なブレークスルーもあった」
スカパーJSAT 宇宙・衛星事業部門 事業戦略部長 森合裕氏
スカパーJSAT 宇宙・衛星事業部門 事業戦略部長 森合裕氏

まずHTSについてだが、これは衛星通信を高速化する新技術だ。

衛星通信では、地球上から送られてきた電波を衛星がキャッチし、衛星で電波の周波数を変えたり増幅させるなどしてから再び地球上の目的地のアンテナへ送り返す。その際、従来の衛星のように1つのビームで広いエリアをカバーするのではなく、HTSは蜂の巣のようなスポットビームでカバーすることで、今までの衛星通信と比較して約10倍の通信容量を実現する(図表1)。

隣接するスポットビームでは異なる周波数を、隣接していないスポットビームでは同じ周波数を使うことで、周波数利用の効率化を図る。様々な種類の衛星で利用できる技術だ。

 

図表1 HTS(High Throughput Satellite)のイメージ図
図表1 HTS(High Throughput Satellite)のイメージ図


衛星通信のコストは、打ち上げた衛星1基に何ユーザーを収容できるかで決まる。スポットビームの数を増やせば増やすほど、ビット当たりの単価は安くなり、「20Mbpsほどの通信速度であれば、HTSを使えば、今でも地上のインターネットと変わらないコストで実現可能になってきた」という声もある。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

jsk1802
日本ビジネスシステムズ
Dialpad

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】働き方改革×デジタルの
   新・教科書

5G+ロボットで遠隔就労/IoT家具で生産性向上/サテライトオフィス/RPAに単純作業はお任せ/音声AIが仕事を変える日

◆ノキア ジョン・ハリントン社長「5Gだけが『次世代』ではない。エンタープライズ市場への参入で拡大戦略」/◆NTTドコモの「トップガン営業」/◆LTE網を汎用ハードとOSSで作る/◆Tモバイルが600MHz帯に5G導入/◆マルチクラウド化の準備を始めよう!◆日立製作所のSD-WAN導入

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

Office 365ユーザは使わなきゃ損
Teamsでチームワークが劇的に!

Office 365の新ツール「Teams」を使い始める企業が続出している。

CASO新技術のホワイトボックス
M2Mルーターは「切れない接続」

Foxconnグループでホワイトボックスを展開するCASO。

東京エレクトロンデバイスグローバル企業のSaaS活用を後押し
マルチクラウド化の準備はCASBで

マルチクラウドを一元的に管理したい。そんな望みを叶えられる。

拠点・モバイルをつなぐだけ!
クラウドの安全はシンプルに守る

クラウド利用の拡大とともに複雑化するセキュリティ課題を解決!

NetskopeCASBでクラウドはどこまで操れるか
既存のセキュリティとどう違う?
 

Netskopeを例にCASBの機能と使い方、メリットを整理した。

ソフトバンクソフトバンクがSMB向けの
ソリューションパートナー募集!

働き方改革を中心に新たなソリューション開発を支援する。

日本マイクロソフトSkype for Businessを
快適に使いこなすコツとは?

UCの導入効果を最大化するためには備えが必要だ。

日本ビジネスシステムズ“電話”からはじめる働き方改革!

日本ビジネスシステムズのクラウドPBXは、働き方改革を目指す日本企業にピッタリのIP電話サービスだ。

Dialpadピュアクラウドで進化し続ける電話

「PBXを買いたくない」「電話回線を引きたくない」。そんな企業に最適なクラウドテレフォニーがある。

東京エレクトロンデバイスIoTデバイス特化のAIで異常検知

IoTデバイスを狙ったマルウェアが急増中だ。ZingBox IoT Guardianは、IoTに特化したAIで検知する。

Aruba次世代NACでIoTの脅威をブロック

Arubaの次世代NACはエージェントレスでIoT端末にも対応! リスクを検知し有害端末を隔離できる。

ダイワテクニカルハドルルーム向け高品質テレビ会議
販売店の手軽なプラスワン商材に!

4KとGoogleアシスタント対応
販売価格は破格の約12万5000円!

日本マイクロソフトOffice 365の悩みはオフロードで解決! NIerが教えるNW構築法

Office 365の導入支援で豊富な実績を持つNIer 3社に秘訣を聞いた。

アイキューブドシステムズスマホでOffice 365をセキュアに
MDMには“働き過ぎ防止”機能

端末にデータを残さずブラウザやメーラー等のアプリを利用できる。

マクニカネットワークスセキュリティと生産性向上を両立
モバイル活用に必須のEMMとは?

スマートデバイスの業務利用に本当に必要なのは「EMM」だ。

ネットモーションソフトウェアあらゆる環境で「切れないVPN」

「スマホのアンテナは立っているのにつながらない」。NetMotionなら高速かつ安定した通信が可能だ。

日本制禦機器ついにISDNが終了、コスパ追求しながら光回線へ移行する方法

既存のISDN機器を使い続けながら、毎月の通信料金は今より安く!

日本マイクロソフトWindows 10/Office 365の更新
これだけ知っていれば怖くない!

ネットワーク帯域を圧迫するアップデートをうまく乗り切るには?

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション20180226
ngn
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2017 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます