導入ガイド

【ユニファイドコミュニケーション最新動向】PBXクラウド化とチャット活用が焦点

文◎坪田弘樹(編集部) 2017.06.13

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

コミュニケーション基盤を刷新しようとする企業にとって、現在、最も重要な検討事項と言えるのがPBXのクラウド化とチャットの活用だ。このニーズに応えるUCベンダーの最新の動きをレポートする。

 
ユニファイドコミュニケーション(UC)やPBX機能をクラウド型で利用するクラウドUC、クラウドPBXサービスが続々とリリースされている。昨年末からほぼ毎月、何らかの新サービスが市場に投入されているような状況だ。

2016年12月にはDialpad Japanが電話・ビデオ会議、メッセージ機能等を提供するUCサービス「Dialpad」の提供を開始(ソフトバンクが販売)。17年1月には富士ゼロックスが、ドコモ網を用いたMVNOサービス「データ通信サービス モバイルLTE」のオプションとしてクラウドPBXとメッセージング、Web電話帳の機能を備える「IP内線サービス」を発売した。3月にはColtテクノロジーサービスも「Colt Asia Cloud PBXサービス」を4月から国内企業向けに開始すると発表している。

また、PBX機能は含まれていないものの、米Amazon Web Services(AWS)も2月にVoIP通話、ビデオ電話・会議の機能を備える法人向けサービス「Amazon Chime(チャイム)」を発表した。AWSはすでに法人向けのメール/グループウェア「Amazon Work Mail」も提供しており、マイクロソフトやシスコシステムズ、グーグルに対抗するSaaSを拡充中だ。同社の動きはUC市場にも大きな影響を及ぼすだろう。

このように活気づくクラウドUC市場で注目すべき点は次の2つだ。1つは、メールやビデオ会議とは対象的に、レガシー環境に取り残されてきたPBXのクラウド化がどのように進むのか。もう1つは、新しいツールであるチャットをいかに効果的に活用するかだ。この2点について最新の動向を見ていこう。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

arbor1705
checkpoint1706
takarajoho1706

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】つながる工場の
   ネットワーク入門

  <Part 1>一般オフィスとはココが違う!産業用イーサネットの世界
  <Part 2>工場IoT化の教科書 <Part 3>つながる工場の守り方

● シスコシステムズ 執行役員 A・マッティー氏「働き方改革は“会議改革”から!世界中の会議室をコラボ空間に」 ● ソニー、100km飛ぶ「独自LPWA」で世界狙う ● ビジネスチャットの「つぶやき」で働き方改革

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ライムライトネットワークス Cbanner

スペシャルトピックス

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
sbw2017_2
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます