企業ネットワーク最前線

<特集>実験で分かった!LPWAのホントの実力(コラム1)

「独自LoRa」なら40km先までマルチホップで通信可能!

文◎唐島明子(編集部) 2017.06.09

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

LoRaには、LoRa Allianceが標準化作業を行っている「LoRaWAN」以外に、ベンダーがオリジナルに開発した、いわゆる「独自LoRa」もある。

 
IoT向けの通信機器のスペック表を見ると、変調方式の欄に「FSK」などと並んで「LoRa」と記載されていることがある。実はLoRaとは変調方式の1つであり、LoRaWANの専売特許ではない。変調方式はLoRaだが、LoRaWANとは異なる仕様を用いた「独自LoRa」もある。

独自LoRaの研究開発に3年ほど前から取り組んできたのは、ネットワーク分野を中心としたICTベンダーのエヌエスティ・グローバリスト(NSTG)だ。NSTGのLoRaは、920MHz帯でマルチホップできる独自プロトコルで、すでに商用展開している。

LoRaWANのネットワーク提供は始まったものの、国内ではまだ、実際にIoTサービスで使うための検証段階の案件が多い。しかし、NSTGの独自LoRaは、早くも実環境で利用する事例がいくつも出ている。

 

SpreadRouter-MW
エヌエスティ・グローバリストの独自LoRa対応の「SpreadRouter-MW」。センサーは、パルスセンサー、デジタルセンサー、アナログセンサー、電流値測CTセンサー、RS232C/RS485などに対応

 


1ホップ10kmで最大4ホップ「LoRa方式は、距離は飛ぶが速度が遅い。一方、FSK方式は、速度は出るが距離が短い。1ホップの通信距離が見通し1kmと言われているようなマルチホップ無線ネットワークの場合、大体FSK方式を採用しているが、LoRa方式を採用した当社のネットワークなら、1ホップ見通し10kmは対応できる」。こうアピールするのは、NSTG通信機器部・部長の坂本一輝氏だ。1ホップ当たりの距離がFSKより長いため、少ない台数で広いエリアをカバーできる。

独自LoRaに対応しているNSTGの「SpreadRouter-MW」は、各種センサーを接続可能。センサーを取り付ければエンドデバイスとして機能するほか、マルチホップの中継器の役割も担う。

今後ホップ数を増やす計画もあるというが、現在は4ホップまで対応。実際の現場における1ホップの通信距離は、当然のことながら建物や地形などの外部環境に左右されるが、見通しが良ければ1台の独自LoRaのゲートウェイを起点に、40km先までカバーできるイメージだ(図表)。

 

図表 マルチホップするNSTGの独自LoRa
図表 マルチホップするNSTGの独自LoRa


マルチホップに対応したNSTGの独自LoRaには、LoRaWANのようなオープンな相互接続性はない。だが、プライベートなネットワークであれば、相互接続性は特に重要ではない。何よりLoRaだけでカバーできる距離が4倍になるのは魅力であり、様々なIoTサービスでの本番展開が進んでいるという。具体的には、製造現場での機器設備の稼働監視・故障予知、野生鳥獣の捕獲検知、ため池の水位監視、火山断層のズレ検知などだ。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

necpf1704
citrix1704
microsoft1705

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】つながる工場の
   ネットワーク入門

  <Part 1>一般オフィスとはココが違う!産業用イーサネットの世界
  <Part 2>工場IoT化の教科書 <Part 3>つながる工場の守り方

● シスコシステムズ 執行役員 A・マッティー氏「働き方改革は“会議改革”から!世界中の会議室をコラボ空間に」 ● ソニー、100km飛ぶ「独自LPWA」で世界狙う ● ビジネスチャットの「つぶやき」で働き方改革

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
IIJグローバルソリューションズ

スペシャルトピックス

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
sbw2017_2
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます