企業ネットワーク最前線

IoTで再び注目集まるHD-PLC

文◎村上麻里子(編集部) 2017.06.02

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

電力線で高速データ通信を実現する「HD-PLC」。いったんは忘れられかけた通信技術だが、IoT時代の到来で再び脚光を浴びている。無線LANや5Gの補完役として、IoT向け通信の一角を担おうとしている。

 
さまざまなモノがインターネットにつながるIoT(Internet of Things)は、拡大の一途をたどっている。総務省の情報通信白書(平成28年版)によると、IoTデバイスの数は2015年の154億個から、20年には304億個になるという。

IoT時代の本格到来を前に、パナソニックではこの4月、AI/IoT技術を核とした新たなビジネスモデルの創出などを目的として「ビジネスイノベーション本部」を新設、その傘下にIoT事業推進室を設置した。

IoT事業推進室では、高速電力線通信技術「HD-PLC(High Definition Power Line Communication)」などIoTを下支えする基盤技術を全社的に推進する方針だ。

既設ケーブルの有効活用でコスト削減HD-PLCとは、パナソニックの大阪本社にある研究所が中心となって2000年に開発した通信規格。電力線で電力とデータの2つを一緒に伝送し、専用アダプターをコンセントに差し込むだけでどこでも通信することができる。これはパナソニックの創業者である松下幸之助氏が発明した、電灯と家電用ソケットの両方に使える「二股ソケット」と同様のコンセプトだという。

HD-PLCがIoT向け通信規格として再び注目を集めているのは、既存の無線LANや有線LAN(イーサネット)などに対して、いくつかの優位点があるからだ。

1つめは、電源のあるところであれば、ネットワーク環境を容易に構築できることだ。LANケーブルの新規敷設などの必要がなく、構築コストを大幅に削減できる。しかも電力線だけでなく、メタル線が2本あれば対応するので、同軸線やツイストペア線、電話線などさまざまな既設線を有効活用できる。

2つめに、伝送距離が長いことだ。06年に第一世代の製品が発売された当時はホームサーバーなど宅内での用途を想定していたため距離が限られていたが、その後15年に「マルチホップ中継機能」に対応したことで、PLCモデムで“バケツリレー”して最大10ホップ、2kmの伝送が行えるようになった。これにより、ビルや工場など距離の必要な環境でも通信を行える。

さらに昨年発表された最新規格「HD-PLC Quatro Core」では通信帯域を最大4倍~最小1/4の5段階に切り替えることができ、1/2あるいは1/4に縮小すると、通信距離を従来の1.5~2倍に伸ばすことも可能だ。

 

図表 HD-PLC技術の進化[画像をクリックで拡大]図表 HD-PLC技術の進化


3つめに、通信の安定性が挙げられる。金属など無線の届かない障害物や部屋間でも通信できるので、無線通信の不安定さを解決する。無線LANにつきものの「隠れ端末」(互いに相手の通信を検知できない関係にある複数の機器が、同じ機器に向けて同時に信号を送信し、信号の衝突が発生すること)のような問題も生じない。しかも、PLC信号自体が暗号化され特殊な変調信号になっているため、HD-PLC通信機器同士の間は盗聴されないという。

そして4つめが、効率良く電力消費を制御できることだ。「無線は距離を飛ばそうとすると、それだけ消費電力も増える。HD-PLCは電力とデータを同時に扱うため、消費電力を抑えられる」とパナソニック コネクティッドソリューションズ社 イノベーションセンター PLC事業推進室室長 兼 ビジネスイノベーション本部 IoT事業推進室 全社PLC推進総括主幹の荒巻道昌氏は話す。
荒巻道昌氏
パナソニック コネクティッドソリューションズ社 イノベーションセンター PLC事業推進室室長 兼 ビジネスイノベーション本部 IoT事業推進室 全社PLC推進総括主幹の荒巻道昌氏

一方、通信速度については最大240Mbpsととりたてて速いわけではないが、HD-PLC Quatro Coreでは通信帯域を4倍にすることで最大1Gbps(同軸線利用の場合)が可能になったので、8K映像など大容量データの伝送も行える。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

日本ビジネスシステムズ
Dialpad
ted1803

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】働き方改革×デジタルの
   新・教科書

5G+ロボットで遠隔就労/IoT家具で生産性向上/サテライトオフィス/RPAに単純作業はお任せ/音声AIが仕事を変える日

◆ノキア ジョン・ハリントン社長「5Gだけが『次世代』ではない。エンタープライズ市場への参入で拡大戦略」/◆NTTドコモの「トップガン営業」/◆LTE網を汎用ハードとOSSで作る/◆Tモバイルが600MHz帯に5G導入/◆マルチクラウド化の準備を始めよう!◆日立製作所のSD-WAN導入

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

Office 365ユーザは使わなきゃ損
Teamsでチームワークが劇的に!

Office 365の新ツール「Teams」を使い始める企業が続出している。

CASO新技術のホワイトボックス
M2Mルーターは「切れない接続」

Foxconnグループでホワイトボックスを展開するCASO。

東京エレクトロンデバイスグローバル企業のSaaS活用を後押し
マルチクラウド化の準備はCASBで

マルチクラウドを一元的に管理したい。そんな望みを叶えられる。

拠点・モバイルをつなぐだけ!
クラウドの安全はシンプルに守る

クラウド利用の拡大とともに複雑化するセキュリティ課題を解決!

NetskopeCASBでクラウドはどこまで操れるか
既存のセキュリティとどう違う?
 

Netskopeを例にCASBの機能と使い方、メリットを整理した。

ソフトバンクソフトバンクがSMB向けの
ソリューションパートナー募集!

働き方改革を中心に新たなソリューション開発を支援する。

日本マイクロソフトSkype for Businessを
快適に使いこなすコツとは?

UCの導入効果を最大化するためには備えが必要だ。

日本ビジネスシステムズ“電話”からはじめる働き方改革!

日本ビジネスシステムズのクラウドPBXは、働き方改革を目指す日本企業にピッタリのIP電話サービスだ。

Dialpadピュアクラウドで進化し続ける電話

「PBXを買いたくない」「電話回線を引きたくない」。そんな企業に最適なクラウドテレフォニーがある。

東京エレクトロンデバイスIoTデバイス特化のAIで異常検知

IoTデバイスを狙ったマルウェアが急増中だ。ZingBox IoT Guardianは、IoTに特化したAIで検知する。

Aruba次世代NACでIoTの脅威をブロック

Arubaの次世代NACはエージェントレスでIoT端末にも対応! リスクを検知し有害端末を隔離できる。

ダイワテクニカルハドルルーム向け高品質テレビ会議
販売店の手軽なプラスワン商材に!

4KとGoogleアシスタント対応
販売価格は破格の約12万5000円!

日本マイクロソフトOffice 365の悩みはオフロードで解決! NIerが教えるNW構築法

Office 365の導入支援で豊富な実績を持つNIer 3社に秘訣を聞いた。

アイキューブドシステムズスマホでOffice 365をセキュアに
MDMには“働き過ぎ防止”機能

端末にデータを残さずブラウザやメーラー等のアプリを利用できる。

マクニカネットワークスセキュリティと生産性向上を両立
モバイル活用に必須のEMMとは?

スマートデバイスの業務利用に本当に必要なのは「EMM」だ。

ネットモーションソフトウェアあらゆる環境で「切れないVPN」

「スマホのアンテナは立っているのにつながらない」。NetMotionなら高速かつ安定した通信が可能だ。

日本制禦機器ついにISDNが終了、コスパ追求しながら光回線へ移行する方法

既存のISDN機器を使い続けながら、毎月の通信料金は今より安く!

日本マイクロソフトWindows 10/Office 365の更新
これだけ知っていれば怖くない!

ネットワーク帯域を圧迫するアップデートをうまく乗り切るには?

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション20180226
wsd_iot_ngn
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2017 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます