新製品&新サービス

マクニカネットワークス、サイバー攻撃の脅威レベルを無償判定するサービス

文◎business network.jp編集部 2017.05.31

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

マクニカネットワークスは2017年5月31日、サイバー攻撃の脅威レベルを無償判定するサイバーセキュリティサービス「Mpression Threat Intelligence Platform」の提供を開始した。

同サービスは、専用ポータルにおいて、疑わしいファイルやURL/FQDN(Fully Qualified Domain Name)/IPアドレスを検索することで、標的型攻撃かの観点で脅威インテリジェンスを照合し、脅威レベルを即時に確認できる。ユーザー企業はこの判定結果をもとに、対処の緊急度を迅速に判定することが可能になるという。

脅威インテリジェンスには、マクニカネットワークスの独自データに加え、複数の外部データも活用する。そのため、一度の検索で複数の脅威インテリジェンスとの照合結果を得るこが可能だ。

脅威インテリジェンスとの照合を行った結果、疑わしいもしくは詳細が不明だったファイルなどがあれば、有料で同社アナリストによる動的解析などの追加調査を実施する。判定結果は6時間以内(同社の営業日内)の一次回答を目標としており、追加調査の料金は年間180万円~(税抜)。

スペシャルトピックスPR

logicool1709
yamaha1709
uniadex1709

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】エッジコンピューティングの全貌
<Part 1>いま大注目のエッジとは? <Part 2>工場で始まったエッジ革命
<Part 3>シスコ事例にみる使い方と実装方法
<Part 4>ドコモが考えるエッジコンピューティング

● [インタビュー]大阪大学教授 三瓶政一氏「5Gは4Gまでとは根本的に違う」 ●基礎から学ぶ「CASB」 ●ビデオ会議で注目の「ハドルルーム」 ● Bluetooth meshで大規模IoT ●NTTコム、eSIM実験の狙い ●自律走行型ロボットで働き方改革

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ロジクール

スペシャルトピックス

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ms
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます