ICT×未来

ビジネスの明日を動かすICTトレンド

「ディープラーニング」など先進AIの活用において、官民一体となった日本の攻勢が始まる!

文◎西俊明(ライトサポートアンドコミュニケーション) 2017.06.05

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

日本におけるAI+ビッグデータへの取り組みは、今からさらに加速します。その大きなドライバーの1つとなるのが、先ごろ施行された「改正個人情報保護法」です。今回は、最注目のAI技術であるディープラーニングについて分かりやすく紐解きながら、日本政府の狙いも解説します。

我が国の官民一体化によるAI+ビッグデータ活用へ向けた体制とは?前項で見た通り、ディープラーニングを活用することにより、あらゆるビジネスは一段と高次化・精緻化されていきます。

ディープラーニングを搭載したAIの認識精度を上げるために大量のデータが必要なことは前述しましたが、ディープラーニングには、

「データが多ければ多いほど、それに比例して認識精度も向上する」

という特徴があります。一定量以上のデータがあれば、それ以上のデータ量の多少に関わらず、認識精度が一定に収束していくようなものではありません。

そのため、莫大なビッグデータを収集し続ける米国巨大企業勢は、圧倒的な強みを持っていると言えるのです。

一方、日本企業の状況はどうでしょうか?

単純に考えると、

「1社で持つデータ量で不足するならば、複数企業のデータを活用すればよい」

という案が出てくるでしょう。

しかし、ビジネスで最も価値の高いビッグデータの1つである、顧客の個人情報を含むビッグデータについては、従来は個人情報保護法の定めにより、第三者への提供が規制されていました。

正確に言えば、「個人情報の本人の許可を取れば、第三者に個人情報を提供できる」という制度になっていましたが、ビッグデータの中に含まれる個人情報の本人すべてに許可をとることは現実的ではありません。

そこで、2017年5月30日から施行された改正個人情報保護法では、「匿名加工情報」という概念が導入されました。

「匿名加工情報」とは、「個人情報を、当該個人情報の本人を特定できないように加工した情報」であり、改正法に規定された手法によって匿名化された情報は、個人情報の本人に断りなく目的外利用をしたり、第三者へ提供したりできます。

基本的に、今回の個人情報の改正においては、度重なる個人情報の流出事故を受け、個人情報の取扱いを一段と強化する、規制の側面が多くなっています。

しかし、「匿名加工情報」の導入は、我が国の各企業がビッグデータを活用しやすいようにという、数少ない規制緩和の性格を持つものです。

「匿名加工情報」は、世界で初めて我が国が導入する概念であり、まさに政府が、民間のビッグデータ活用を支援しようとするもの、と言えるでしょう。

また、その他の国の支援体制としては、2016年、安倍総理の指示を受け、「人工知能技術戦略会議」が設置されました。この会議が司令塔となり、総務省・文部科学省・経済産業省の人工知能技術の研究開発の連携が図られています。

 


図表3 「人工知能技術戦略会議」体制図
「人工知能技術戦略会議」体制図
 出所:国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) ホームページ

 


いかがでしょうか。

これまでのところ、残念ながら、ディープラーニングをはじめとする先端のAI技術開発においては、米国巨大企業勢が一歩も二歩も先を行っています。

しかし、我が国においては、国を挙げてのキャッチアップ体制が作られつつあります。

また、基本的な技術開発においては後塵を拝していても、実際の応用技術になれば、コンピュータの中だけでなく、現実の「ものづくり(製造業)」との連係が必須です。

そこに、我が国がリードするチャンスがあるのではないでしょうか。

ぜひ、先端AIの分野において、日本企業の台頭を期待したいと考えています。

著者プロフィール

西俊明(にし・としあき)

慶應義塾大学文学部卒業。合同会社ライトサポートアンドコミュニケーション代表社員/CEO。富士通株式会社で17年間にわたり、営業、マーケティング業務に従事。2008年、経済産業大臣登録・中小企業診断士として独立し、2010年、合同会社ライトサポートアンドコミュニケーション設立。専門分野は営業・マーケティング・IT。Webマーケティングやソーシャルメディア活用のテーマを中心に、8年間で200社以上の企業や個人事業主のマーケティングのコンサルを実施、180回以上のセミナー登壇実績をもつ。著書に『あたらしいWebマーケティングの教科書』『ITパスポート最速合格術』『高度試験共通試験によくでる午前問題集』(技術評論社)、『絶対合格 応用情報技術者』(マイナビ)、『やさしい基本情報技術者問題集』『やさしい応用情報技術者問題集』(ソフトバンククリエイティブ)、『問題解決に役立つ生産管理』『問題解決に役だつ品質管理』(誠文堂新光社)などがある。

スペシャルトピックスPR

limelight1805
d-link1805
日本ビジネスシステムズ

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】プライベートLTEと
   5G URLLCの世界

[第一部]プライベートLTE 
●“Wi-Fi超え”の企業無線/●プライベートLTEを構築しよう [第二部]5G URLLC ●5Gの目玉「URLLC」とは?/●202X年、5Gはこう使う

◆[インタビュー] NTT 篠原弘道副社長 「B2B2Xで広がる可能性」 ◆クラウド管理型無線LAN ◆WAF ◆光伝送で進むオープン化

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

SigfoxSigfoxが開始1年で100万回線!
いよいよ花開くIoTビジネス

LPWAの代表格「Sigfox」の最新動向と活用事例を徹底レポート!

WatchGuard Wi-Fi Cloud不正APを自動遮断するWIPS搭載!
ソーシャルWi-Fiで販促支援も

セキュアな無線LAN環境を実現できる「WatchGuard Wi-Fi Cloud」

無線LAN構築・運用のポイントをSCSKが語る

無線LANの大きなトレンドとなっている「クラウドWi-Fi」で課題解決!

ジェイピー・セキュア導入実績100万サイト以上の
国産WAF「SiteGuard」

業界最速レベルで防御機能を提供するジェイピー・セキュアのWAF製品

ライムライト・ネットワークスクラウド型WAFでWebサイトを保護

ライムライトなら、自社のCDNやDDoS対策との多層防御でオリジンサーバーを攻撃から防御できる。

Office 365ユーザは使わなきゃ損
Teamsでチームワークが劇的に!

Office 365の新ツール「Teams」を使い始める企業が続出している。

CASO新技術のホワイトボックス
M2Mルーターは「切れない接続」

Foxconnグループでホワイトボックスを展開するCASO。

東京エレクトロンデバイスグローバル企業のSaaS活用を後押し
マルチクラウド化の準備はCASBで

マルチクラウドを一元的に管理したい。そんな望みを叶えられる。

拠点・モバイルをつなぐだけ!
クラウドの安全はシンプルに守る

クラウド利用の拡大とともに複雑化するセキュリティ課題を解決!

NetskopeCASBでクラウドはどこまで操れるか
既存のセキュリティとどう違う?
 

Netskopeを例にCASBの機能と使い方、メリットを整理した。

ソフトバンクソフトバンクがSMB向けの
ソリューションパートナー募集!

働き方改革を中心に新たなソリューション開発を支援する。

日本マイクロソフトSkype for Businessを
快適に使いこなすコツとは?

UCの導入効果を最大化するためには備えが必要だ。

日本ビジネスシステムズ“電話”からはじめる働き方改革!

日本ビジネスシステムズのクラウドPBXは、働き方改革を目指す日本企業にピッタリのIP電話サービスだ。

Dialpadピュアクラウドで進化し続ける電話

「PBXを買いたくない」「電話回線を引きたくない」。そんな企業に最適なクラウドテレフォニーがある。

東京エレクトロンデバイスIoTデバイス特化のAIで異常検知

IoTデバイスを狙ったマルウェアが急増中だ。ZingBox IoT Guardianは、IoTに特化したAIで検知する。

Aruba次世代NACでIoTの脅威をブロック

Arubaの次世代NACはエージェントレスでIoT端末にも対応! リスクを検知し有害端末を隔離できる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション20180226
iot
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます