新製品&新サービス

日本独自ニーズに応える「NTT産」のSD-WANが登場、NTTPCが6月に提供開始

文◎坪田弘樹(本誌) 2017.05.30

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷


NTTPCコミュニケーションズ(以下、NTTPC)は2017年5月30日、中堅中小企業をターゲットとするSD-WANの新サービス「Master'sONE CloudWAN Nプラン」(以下、Nプラン)を発表した。同年6月6日から提供を開始する。

同社は2017年1月に、米Viptela社が開発・提供するSD-WANをベースとした「クラウド型ネットワークサービス」を開始している。今回提供を始める「Nプラン」はその第2弾となるもので、中堅中小企業向けおよび多拠点展開に適した仕様になっているという。

利用料金についても、初期費用がかからず、1拠点当たり月額1万7000円(エッジ装置のレンタル料金、センドバック保守料金、SD-WAN機能の利用料金を含む)という低価格で提供する。



Master'sONE CloudWAN Nプランのサービスイメージ

NTTが開発した“国産SD-WAN”
新サービスの最大の特徴は、NTTグループの北米研究開発拠点であるNTT Innovation Institute Inc.(NTT i3)が開発したソフトウェアを用いている点だ。

これまでSD-WANといえば、Viptelaに代表される海外ベンダー製の製品・サービスがほとんどだった。そのため、日本企業が求める要件や、NTTのフレッツ回線の仕様にマッチしていない点もあった。NTTPCが今回提供を始める「Nプラン」は、その点を解決するため、日本特有のニーズに応える機能を搭載している

その1つが、PPPoEへの対応である。

NTTのフレッツ光ではアクセス回線への接続時にPPPoEを用いるが、この方式を採用している通信事業者は海外では稀であり、これが日本国内で海外製SD-WANを採用する際のネックとなっていた。回線への接続そのものは行えるものの、SD-WANの“ウリ”の1つであるゼロタッチ・プロビジョニング(ZTP)機能の効果が発揮できなくなってしまうのだ。

ZTPとは、拠点に設置するエッジ装置にアクセス回線を挿入するだけで、自動的にコンフィグをダウンロードして設定を行う機能のことだ。電源と通信ケーブルをつなぐだけで自動的に設置作業が完了するため、拠点に技術者を派遣する必要がなくなり、迅速にSD-WANを展開することができる。

ただし、一般的なSD-WANでは、このZTP機能がPPPoE接続に対応していないため、コンフィグのダウンロードを行う前に回線接続・認証のための設定作業が必要になっていた。

NTTPCの「Nプラン」では、日本特有のフレッツ回線利用時に必要な機能を実装することにより、PPPoE接続時にも自動的にコンフィグダンロードと設定を行えるようにする。なお、このZTPのPPPoE対応機能は、Nプランの提供開始後の7月から提供を始める予定だ。

スペシャルトピックスPR

arbor1705
checkpoint1706
takarajoho1706

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】つながる工場の
   ネットワーク入門

  <Part 1>一般オフィスとはココが違う!産業用イーサネットの世界
  <Part 2>工場IoT化の教科書 <Part 3>つながる工場の守り方

● シスコシステムズ 執行役員 A・マッティー氏「働き方改革は“会議改革”から!世界中の会議室をコラボ空間に」 ● ソニー、100km飛ぶ「独自LPWA」で世界狙う ● ビジネスチャットの「つぶやき」で働き方改革

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
IIJグローバルソリューションズ

スペシャルトピックス

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます