新製品&新サービス

マルチクラウド時代のDevOps対応ADCをA10ネットワークスが提供開始

文◎太田智晴(編集部) 2017.05.30

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

A10ネットワークス ビジネス開発本部
本部長 兼 エバンジェリスト 高木真吾氏

ハイブリッド/マルチクラウド時代のアプリケーション配信やセキュリティはどうあるべきか。その1つの解答をA10ネットワークスが示した。

AWS、Azure、GCP対応のクラウド対応ADCLightning ADCは、AWS、Azure、Google Cloud Platform(GCP)、さらにVMwareベースのプライベートクラウドに対応したクラウド環境に特化したADCである。今年後半ぐらいにはDockerコンテナにも対応予定だという。Harmony Controllerで設定を行うと、これらクラウド上にLightning ADCを自動配備できる。

機能面では、L4-7のロードバランシング機能に加えて、オートスケーリング、DDoS攻撃対策、WAFの機能も備える。ただし、Thunderシリーズと比べると、その機能は「ライト」(ビジネス開発本部 本部長 兼 エバンジェリスト 高木真吾氏)とのこと。

Lightning ADCの特徴
クラウド向けのADCであるLightning ADCの特徴。オープンソースなどと比較すると、オートスケールから
セキュリティ、SSLオフロード、これらの分析などをよりシンプルなアーキテクチャで実現できるのが特徴だという


高木氏は、Harmony ControllerをDevOps時代のソリューションと紹介するが、それを示す機能の1つがBLUE-GREENデプロイメントのサポートだ。

BLUE-GREENデプロイメントとは、新しい本番環境のデプロイメントに関する手法の1つ。

「Harmony Controllerでは、例えばトラフィックの1~2割を新しいバージョンのほうに流し、駄目だったら従来の本番環境にすぐ戻す。問題なければ、そのまま新しいバージョンに移行するといったことができる。アプリケーションのデリバリーを継続しつつ、A/Bテストを実施することも可能だ。しかも、こうしたBLUE-GREENデプロイメントをマルチクラウドで実行できる」

BLUE-GREENテストのためのコンソールがビルトインされている
BLUE-GREENテストのためのコンソールがビルトインされている


このほか、APIを通じて、AnsibleやChefといった外部の自動化ツールと連携できる点もHarmony Controllerの特徴として挙げられた。さらに、将来的にHarmony Controllerでは、DDoS対策のTPSを除く同社の全製品が一元管理できるようになる予定だという。

Lightning ADCのライセンスはドメイン単位Harmony Controllerは、Lightning ADCのライセンスを購入すれば、セットで利用できる。

Lightning ADCは、WAF機能無しのBasic版と有りのPRO版の2種類があり、いずれもドメイン単位の課金。「インスタンス数が増えても、ライセンスには関係ない」(高木氏)。

Lightning ADCのライセンス体系
Lightning ADCのライセンス体系


また、Harmony ControllerはA10ネットワークスのクラウド上でSaaSとして提供されるが、自社の環境で運用したいサービスプロバイダーやエンタープライズ向けに「セルフマネージドモデル」も用意する。

スペシャルトピックスPR

necpf1704
citrix1704
microsoft1705

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】つながる工場の
   ネットワーク入門

  <Part 1>一般オフィスとはココが違う!産業用イーサネットの世界
  <Part 2>工場IoT化の教科書 <Part 3>つながる工場の守り方

● シスコシステムズ 執行役員 A・マッティー氏「働き方改革は“会議改革”から!世界中の会議室をコラボ空間に」 ● ソニー、100km飛ぶ「独自LPWA」で世界狙う ● ビジネスチャットの「つぶやき」で働き方改革

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ライムライトネットワークス Abanner

スペシャルトピックス

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
sbw2017_2
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます