ビジネス・企業

東電×パナソニックで“街路のスマート化”計画、配電地上機器をIoTスポットに

文◎坪田弘樹(本誌) 2017.05.23

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

東京電力パワーグリッド(PG)とパナソニックは2017年5月23日、配電地上機器を活用して情報配信を行う「ストリートサイネージ」を共同開発すると発表した。地域・観光情報や非常時の避難誘導経路など様々な情報配信に用いるほか、将来的には電機自動車用の充電スポットや自動運転のアシストなど多目的な活用を目指す


配電地上機器とは、通常は電柱に設置している変圧器や開閉器を、地中化に伴って地上のボックに収めた電気設備のこと。現在、東電エリア内に約5万機が設置されているが、無電柱化の推進に伴い、今後さらに増加すると見込まれている。


東電PG・事業開発室事業開発第三グループで地上機器活用チームリーダーを務める松田憲俊氏


今回、東電PGとパナソニックが共同開発すると発表した「ストリートサイネージ」とは、街なかにあるこの配電地上機器の上部にパナソニックが開発する専用デジタルサイネージを設置し、観光情報や災害時の避難誘導に関する情報を配信するものだ。東電PG・事業開発室事業開発第三グループで地上機器活用チームリーダーを務める松田憲俊氏によれば、「機器の開発に加えて、公園や住宅地などでの実証実験、およびビジネスモデルの企画検討も行う」という。



ストリートサイネージの設置イメージ


配信する情報としては、地域や観光、交通などの各種情報を想定しており、多言語に対応することで海外からの観光客にも活用できるものを目指す。非常時には災害発生状況や避難誘導経路等の情報配信も実施する考えだ。



非常時の避難誘導経路の配信イメージ


また、将来的には、デジタルサイネージの他にもさまざまなサービス機能の搭載も検討している。

道路に面していることを活かして、電気自動車向けの給電スタンド機能や、センサーを併設して自動運転アシストを行うことも可能という。こうした情報配信以外の機能も充実させることで、場所に応じたサービスを提供する「スマートストリート」ソリューションの実現を目指す。



自動運転アシストのイメージ


配電地上機器は都市部を中心に設置されており、都内で約3万機ある。現時点では通信回線は引き込まれていないが、ストリートサイネージの設置に合わせて今後、光ファイバー等によって通信機能を実装する予定。松田氏は「Wi-Fiホットスポットの機能をもたせたり、監視カメラや各種センサーを搭載することも考えている」と話す。

なお、2017年6月1日から東京都の上野恩賜公園で実証実験も行う。18年5月までの1年間にわたり大日本印刷、朝日新聞社と共同で、美術館や博物館、動物園等の公園内施設の案内や防災情報などを配信する。

スペシャルトピックスPR

checkpoint1706
takarajoho1706
yamaha1706

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】つながる工場の
   ネットワーク入門

  <Part 1>一般オフィスとはココが違う!産業用イーサネットの世界
  <Part 2>工場IoT化の教科書 <Part 3>つながる工場の守り方

● シスコシステムズ 執行役員 A・マッティー氏「働き方改革は“会議改革”から!世界中の会議室をコラボ空間に」 ● ソニー、100km飛ぶ「独自LPWA」で世界狙う ● ビジネスチャットの「つぶやき」で働き方改革

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ライムライトネットワークス Cbanner

スペシャルトピックス

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
iot13
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます