企業ネットワーク最前線

フォークリフトをIoTで監視!――動画データの送信方法に工夫アリ!

文◎唐島明子(編集部) 2017.05.22

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

センサーデータだけでは捉えられない“状況”も、ネットワークカメラの動画であれば記録できる。フォークリフトの危険運転を正しく検知するため、IoTサービス「FORKERS」は車載器に加えカメラも標準搭載した。

 
「ネットワークカメラは当初、オプションにする予定だったが、標準で取り付けることにした。加速度センサーのデータだけでは、本当に危険運転だったか判別できないケースがある」

物流倉庫や工場などで利用されているフォークリフトを監視するIoTサービス「FORKERS(フォーカーズ)」の開発背景についてこう説明するのは、三井物産エレクトロニクス(MBEL)のCTO、早川恭二氏だ。

同サービスは、フォークリフトに取り付けた車載器に搭載されている加速度センサーで危険運転を検知する。ところが、「危険運転なんてしていない。急に何かがフォークリフトの前に転がってきたから、避けるために急旋回しただけだ」などとオペレーターが主張した場合、加速度センサーのデータだけでその真偽を明らかにすることは難しい。そんなとき管理者は動画データを見れば、本当に危険運転だったかどうかを判断できる。

2つのパスでクラウド接続FORKERSはフォークリフトの危険運転を検知して安全運転を支援するほか、稼働管理、部品の保守支援、日報や週報といった報告書作成などを自動化するIoTサービスだ。

どのフォークリフトメーカーのフォークリフトでも、必要なデバイスを取り付ければFORKERSのサービスが利用できる。そのデバイスとは、車載器やネットワークカメラ、電源ボックス(Wi-Fi通信モジュール搭載)、RFIDリーダーだ(図表)。車載器はクルマに取り付ける無線装置で、3G通信モジュールのほかにも加速度センサー、GPSなどを搭載している。

 

図表 IoTサービス「FORKERS」のシステム構成イメージ
図表 IoTサービス「FORKERS」のシステム構成イメージ



これらをセットアップしたフォークリフトにオペレーターが乗り、イグニッションをONにするとブザーが鳴る。ブザーを止めるには、オペレーターが自分のカードをRFIDリーダーにかざす必要がある。これにより、誰がどのフォークリフトを運転しているかが識別できる。


RFIDで認識したオペレーターの情報は、車載器の3Gでクラウドに送られる。加えて、車載器でモニタリングしているフォークリフトの稼働時間・走行距離などの情報も同じく3Gでクラウドに集められ、オペレーターの日報、週報、月報としてレポートが自動生成される。

FORKERSでは、3Gのほかにも、ネットワークカメラ用に、電源ボックスからインターネットへ向かうWi-Fiも装備した。

「動画データを従量課金の3GやLTEで直接クラウドに送信すると通信コストがかさむ。そこでもともと車載器についている3Gとは別系統で、電源ボックスからネットワークカメラ用にWi-Fiでもインターネットにつながるようにした」と早川氏は言う。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

skyley1708
ibm1708
checkpoint1706

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G時代の新ビジネス創出戦略
<Part 1>5G革命の本質とは? - 主戦場は「リアル」で「シリアス」な領域へ
<Part 2>5Gで超現実の感動体験 - ポストスマホ時代のビジネスチャンス
<Part 3>人手不足も5Gが救う - AI・4K・5Gが三種の神器に

● [インタビュー]OKI 常務 坪井正志氏「“IoTのOKI”実現の準備は整った」 ●LPWA「ローラ」ネットワークの選び方 ●データセンターインターコネクト(DCI)最新動向 ● 新LPWA規格「Weightless-P」が日本上陸

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
WS変革Day2017 B

スペシャルトピックス

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
iot14
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます