ニュース

OpenStackが「エッジコンピューティング」や「NFV」を重視するワケ

文◎太田智晴(編集部) 2017.05.18

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

クラウド環境を構築するためのオープンソースソフトウェア群であるOpenStack――。その専門カンファレンス「OpenStack Days Tokyo 2017」が7月20日・21日の2日間、東京・虎ノ門ヒルズフォーラムで開催される。

主催の日本OpenStackユーザ会は5月17日、開催に先立ち、見どころを紹介する記者説明会を開いた。
長谷川章博氏と水野伸太郎氏
(左から)OpenStack Days Tokyo 2017実行委員会委員長の長谷川章博氏と、日本OpenStackユーザ会会長の水野伸太郎氏

OpenFogやOPNFVとコラボレーション今回5回目となるOpenStack Days Tokyoのテーマは、「オープン×コラボレーション」だ。

「PaaSの雄であるCloud Foundry Foundationのヘッド・オブ・マーケティングであるデビン・デイビスに来てもらい、彼にキーノートをやってもらう」(実行委員長を務めるエクイニクス・ジャパンの長谷川章博氏)のをはじめ、OpenStackに関連する様々な技術の団体やコミュニティと連携したプログラムを多数用意しているのが特色だという。

様々な団体とのコラボレーションが今年のOpenStack Days Tokyoの特色
様々な団体とのコラボレーションが今年のOpenStack Days Tokyoの特色


特に注目のポイントとして長谷川氏が挙げたのは、コンテナ、OpenFog、DevOpsの3つのコラボレーションテーマ。

2つめのOpenFogとは、エッジコンピューティングと同様のコンセプトであるフォグコンピューティングを推進するOpenFogコンソーシアムとのコラボレーションのことだ。

フォグコンピューティングあるいはエッジコンピューティングは、IoT時代に不可欠のコンピューティングアーキテクチャとして脚光を浴びているが、OpenFogコンソーシアムとOpenStackコミュニティのメンバーが、両者の連携の可能性とあり方について、パネルディスカッションで語り尽くすという。

このほか、NFVのオープンソースプロジェクトであるOPNFVとのコラボレーションも行われ、OpenStackを用いたマルチベンダーNFVプラットフォームを商用化しているNTTドコモが講演する。

“AWS対抗”はやめた「OpenStackは、プライベートクラウドの1つのデファクトになりつつある」と長谷川氏。ただその一方でパブリッククラウド、すなわちAWSやAzureの勢いは増すばかりだ。

そうしたなか、OpenStackは、エッジコンピューティングやNFVをより重視するようになってきているそうだ。日本OpenStackユーザ会の会長で、NTTソフトウェアイノベーションセンタに所属する水野伸太郎は、次のように説明した。

「当初のOpenStackは“AWS対抗”だった。しかし、途中からそれをやめた。広く一般的なニーズに対応するAWSに対して、より細かなニーズにOpenStackは対応しようとしている。例えば、ドーンと真ん中にあるパブリッククラウドでは提供できない、エッジコンピューティングやNFVといったユースケースだ」

このほか、OpenStack Days Tokyo 2017には、ドワンゴや地方自治体などのユーザーも登壇。過去5年間で最大の80を超えるセッションが行われる。

スペシャルトピックスPR

yamaha1706
sony1706
microsoft1705

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】つながる工場の
   ネットワーク入門

  <Part 1>一般オフィスとはココが違う!産業用イーサネットの世界
  <Part 2>工場IoT化の教科書 <Part 3>つながる工場の守り方

● シスコシステムズ 執行役員 A・マッティー氏「働き方改革は“会議改革”から!世界中の会議室をコラボ空間に」 ● ソニー、100km飛ぶ「独自LPWA」で世界狙う ● ビジネスチャットの「つぶやき」で働き方改革

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ライムライトネットワークス Cbanner

スペシャルトピックス

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
sbw2017_2
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます