企業ネットワーク最前線

SD-WAN/LAN活用術(後編)

SD-LANのユースケースは4つに収斂

文◎坪田弘樹(編集部) 2017.05.18

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

前編で紹介したSD-WANが、ユーザーもベンダーも使い方と効果を見極めている段階であるのに対し、SD-LANはユースケースがほぼ定まってきている。主な用途は4つある。

 

SDNをLANに適用するSD-LANの主な用途は、(1)ネットワークの可視化と運用性の向上、(2)セキュリティ強化、(3)物理ネットワークの統合、(4)有線・無線LANの統合管理の4つに整理できる。

(1)は、LANの構成と状態変化を可視化し、問題発見とトラブル解決を迅速に行えるようにする。(2)は、アンチウィルス等と連携してマルウェア感染端末の通信をSDNで自動的に遮断するといった使い方だ。

(3)は、拠点内にある複数のLANを統合し、物理構成を意識せずに仮想ネットワークを変更・管理できるようにするもの。ファイアウォール等のセキュリティ機器を集約して機器構成をシンプル化できる効果もある。(4)は有線・無線LANの管理を統合して運用管理負荷を軽減する。

5万円からの中小向けSDNSD-LANはこうした用途で順調に普及すると考えられるが、そこで注目すべきなのが、この分野をリードしてきたNECの動きだ。同社は2月、SDNに関する新事業戦略を発表した。

目玉の1つが、中堅中小企業向け製品の拡大である。LANスイッチ「UNIVERGE QXシリーズ」の全モデルを1年以内にSDN対応させ、廉価版のSDNコントローラ「UNIVERGE SDN Controller Lite」も発売する。価格はController Liteが5万円から、スイッチも5万4800円から。データセンター/大規模企業を主ターゲットとしてきた従来に比べて、最小構成価格を一気に10分の1まで下げる。

併せて、販売パートナー向けの支援策も拡充する。NECはこうした施策によって、前述のような実績のあるユースケースを中堅中小企業にも広げていこうとしている。

また、製造業や流通小売業のビジネス現場へSDN適用を進めるため、工場やビル、店舗等のインフラ設計/構築を手がけるインテグレーターやメーカーに対して、SDN製品やサービス、技術を提供する。こうした現場に強いインテグレーターがネットワークも含めてシステムを提供できるようにすることで、IoT領域でもネットワークの運用負荷軽減、セキュリティ強化のメリットを得られるようにする狙いだ。

スペシャルトピックスPR

yamaha1706
sony1706
microsoft1705

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】つながる工場の
   ネットワーク入門

  <Part 1>一般オフィスとはココが違う!産業用イーサネットの世界
  <Part 2>工場IoT化の教科書 <Part 3>つながる工場の守り方

● シスコシステムズ 執行役員 A・マッティー氏「働き方改革は“会議改革”から!世界中の会議室をコラボ空間に」 ● ソニー、100km飛ぶ「独自LPWA」で世界狙う ● ビジネスチャットの「つぶやき」で働き方改革

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ライムライトネットワークス Cbanner

スペシャルトピックス

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
sbw2017_2
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます