ICT×未来

MR(複合現実)が実現する歯科治療の未来――ソフトバンク子会社らがデモ

文◎太田智晴(編集部) 2017.04.24

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

歯や皮膚の中の神経など、見えないものが見える――。世界初だというMR(複合現実)技術を活用した歯科治療シミュレーションシステムを、ソフトバンクグループのリアライズ・モバイル・コミュニケーションズとモリタが4月21日、報道陣向けに披露した。

 

最近注目のキーワードとなっているMR(Mixed Reality:複合現実)――。ARとVRを融合・発展させた技術がMRだが、リアライズ・モバイル・コミュニケーションズ 取締役の勝本淳之氏はMRについて次のように解説した。

「AR(拡張現実)は、現実世界に情報を重ね合わせる。ただし、現実世界を消すことはできない。一方、MRは、VR(仮想現実)の世界に現実空間を再現したうえで、そこにCG等の情報を重ね合わせる」

MRの特徴 
MRの特徴


そのMR技術を活用した歯科治療シミュレーションシステムを、リアライズ・モバイルとモリタが開発。3月下旬に独ケルンで開催された世界最大の歯科業界の展示会「ケルン国際デンタルショー」に出展した。MR技術を活用した歯科治療シミュレーションシステムは世界初だという。

モリタは昨年、創業100年を迎えた歯科医療の総合商社でありメーカー。

「昨今、デジタル化、ICT化が一般的に進んでいるが、歯科業界も例外ではない。CTやCADといったデジタル技術の活用が進んでいる。では、次の革新的な技術として、どんなものが来るのか。100年の歴史がある老舗ではあるが、今後も革新的な企業であることを見せる必要がある」(モリタ 代表取締役社長の森田晴夫氏)

そこで、モリタはMRという最先端の技術を使ったシステムの開発に取り組んだという。

「見えないところを見ながら治療できる」4月21日に開かれた説明会では、日本の報道陣向けにそのデモが行われた。

ヘッドマウントディスプレイ(HMD)を装着した施術者の視界に広がるのは、患者(実習模型)の口腔内や患部の映像。肉眼では見ることができない神経や血管の位置なども、CG画像で重ね合わせて表示される。

このため、傷つけてはいけない神経などを視認しながら、施術者は治療を進めることが可能だ。つまり、「見えないところを見ながら治療できる」(森田氏)。

インプラント治療のデモ 
インプラント治療のデモ。右のディスプレイに表示されているのがHMD内の映像だ。
本来見えないドリル(赤色)や神経(薄い青色)を視認しながら施術できる


現在、歯科治療の現場では、ディスプレイなどに表示したCTスキャンの画像などを横目で確認しながら、治療を行っているという。それが、MR技術により、HMD内に再現した現実空間上に、CTスキャンで取得した神経の位置なども重ね合わせて表示可能になるため、より安全に歯科治療を行えるようになる。

歯の中の神経も見える 
歯の中の神経も見える


説明会では、神経の位置やドリルの進み具合を視認しながらインプラント治療を行うデモや、歯の中の神経の位置を視認しながら根管治療を行うデモが披露された。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

nokia1708
skyley1708
ibm1708

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】セルラーLPWAでGO!
●LTE-MとNB-IoTの違い/●世界のセルラーLPWA商用展開マップ/●注目セルラーLPWA事例 ほか

◆[インタビュー]NTTドコモ 執行役員 大野友義氏「対話型AIであらゆる生活を革新」 ◆LTEコードレス「sXGP」- 自営PHSから自営LTEへ ◆OTTも参戦!海底ケーブル市場の今 ◆ネットワーク監視ツール ◆働き方改革で拡大する法人スマデバ

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ロジクール

スペシャルトピックス

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ws2017
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます