ICT×未来

MR(複合現実)が実現する歯科治療の未来――ソフトバンク子会社らがデモ

文◎太田智晴(編集部) 2017.04.24

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

歯や皮膚の中の神経など、見えないものが見える――。世界初だというMR(複合現実)技術を活用した歯科治療シミュレーションシステムを、ソフトバンクグループのリアライズ・モバイル・コミュニケーションズとモリタが4月21日、報道陣向けに披露した。

 

最近注目のキーワードとなっているMR(Mixed Reality:複合現実)――。ARとVRを融合・発展させた技術がMRだが、リアライズ・モバイル・コミュニケーションズ 取締役の勝本淳之氏はMRについて次のように解説した。

「AR(拡張現実)は、現実世界に情報を重ね合わせる。ただし、現実世界を消すことはできない。一方、MRは、VR(仮想現実)の世界に現実空間を再現したうえで、そこにCG等の情報を重ね合わせる」

MRの特徴 
MRの特徴


そのMR技術を活用した歯科治療シミュレーションシステムを、リアライズ・モバイルとモリタが開発。3月下旬に独ケルンで開催された世界最大の歯科業界の展示会「ケルン国際デンタルショー」に出展した。MR技術を活用した歯科治療シミュレーションシステムは世界初だという。

モリタは昨年、創業100年を迎えた歯科医療の総合商社でありメーカー。

「昨今、デジタル化、ICT化が一般的に進んでいるが、歯科業界も例外ではない。CTやCADといったデジタル技術の活用が進んでいる。では、次の革新的な技術として、どんなものが来るのか。100年の歴史がある老舗ではあるが、今後も革新的な企業であることを見せる必要がある」(モリタ 代表取締役社長の森田晴夫氏)

そこで、モリタはMRという最先端の技術を使ったシステムの開発に取り組んだという。

「見えないところを見ながら治療できる」4月21日に開かれた説明会では、日本の報道陣向けにそのデモが行われた。

ヘッドマウントディスプレイ(HMD)を装着した施術者の視界に広がるのは、患者(実習模型)の口腔内や患部の映像。肉眼では見ることができない神経や血管の位置なども、CG画像で重ね合わせて表示される。

このため、傷つけてはいけない神経などを視認しながら、施術者は治療を進めることが可能だ。つまり、「見えないところを見ながら治療できる」(森田氏)。

インプラント治療のデモ 
インプラント治療のデモ。右のディスプレイに表示されているのがHMD内の映像だ。
本来見えないドリル(赤色)や神経(薄い青色)を視認しながら施術できる


現在、歯科治療の現場では、ディスプレイなどに表示したCTスキャンの画像などを横目で確認しながら、治療を行っているという。それが、MR技術により、HMD内に再現した現実空間上に、CTスキャンで取得した神経の位置なども重ね合わせて表示可能になるため、より安全に歯科治療を行えるようになる。

歯の中の神経も見える 
歯の中の神経も見える


説明会では、神経の位置やドリルの進み具合を視認しながらインプラント治療を行うデモや、歯の中の神経の位置を視認しながら根管治療を行うデモが披露された。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

arbor1705
yamato1703
brocade1703

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】FUTURE NETWORK
    未知なるネットワークとの遭遇

    2020年5Gの旅/地球丸ごとIoT化計画/NWに知性が宿る
    IPの“限界”を超える日/人類未踏のテラヘルツ波 ほか

● NTTコミュニケーションズ 取締役 ネットワークサービス部長  大井貴氏
● モバイルセキュリティ最新動向  ● NB-IoT商用化の準備整う!
● ドコモ・KDDIのドローン戦略 ● 仮想化でビーコン運用の課題を解決

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ヤマハWLX402

スペシャルトピックス

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

ランサムウェア対策機能などを備えたSMB向けクラウドサービスが始まる。

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
openstack
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます