ニュース

ドコモ、全方位に映像を表示する「浮遊球体ドローンディスプレイ」を開発

文◎business network.jp編集部 2017.04.17

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

NTTドコモは2017年4月17日、全方位に映像を表示しながら飛行する「浮遊球体ドローンディスプレイ」を世界で初めて開発したと発表した。スタジアムやコンサートホールなどのイベント会場向けソリューションとして、2018年度の商用化を目指す。

ドコモが開発した浮遊球体ドローンディスプレイは、環状のフレームにLEDを並べた「LEDフレーム」の内部にドローンを備えており、LEDフレームを高速に回転させながら飛行。回転するLEDの光の残像でできた球体ディスプレイを、任意の場所に移動して見せることができる。

これにより、コンサートやライブ会場において、空中で動き回る球体ディスプレイによるダイナミックな演出や、会場を飛び回り広告を提示するアドバルーンのような広告媒体としての活用が可能だという。

浮遊球体ドローンディスプレイの外観(左)と点灯時(右)
浮遊球体ドローンディスプレイの外観(左)と点灯時(右)



ドローンの機体周りへの球形ディスプレイの搭載については、ディスプレイがドローンのプロペラによる空気の流れの妨げになる、ディスプレイ搭載による重量の増加といった課題があった。しかし、LEDの残像によりディスプレイを表示する技術を応用することで、これらの課題をクリアした。

浮遊球体ドローンディスプレイの最大直径は約88cm、重量は3.4kg。4月29日から幕張メッセで開催される「ニコニコ超会議」の「NTT ULTRA FUTURE MUSEUM 2017」に出展し、会場内でデモ飛行する予定だという。

浮遊する浮遊球体ドローンディスプレイ
浮遊する浮遊球体ドローンディスプレイ

スペシャルトピックスPR

skyley1708
ibm1708
logicool1709

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】エッジコンピューティングの全貌
<Part 1>いま大注目のエッジとは? <Part 2>工場で始まったエッジ革命
<Part 3>シスコ事例にみる使い方と実装方法
<Part 4>ドコモが考えるエッジコンピューティング

● [インタビュー]大阪大学教授 三瓶政一氏「5Gは4Gまでとは根本的に違う」 ●基礎から学ぶ「CASB」 ●ビデオ会議で注目の「ハドルルーム」 ● Bluetooth meshで大規模IoT ●NTTコム、eSIM実験の狙い ●自律走行型ロボットで働き方改革

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
IIJグローバルソリューションズ

スペシャルトピックス

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ws2017
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます