ニュース

ドコモ、全方位に映像を表示する「浮遊球体ドローンディスプレイ」を開発

文◎business network.jp編集部 2017.04.17

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

NTTドコモは2017年4月17日、全方位に映像を表示しながら飛行する「浮遊球体ドローンディスプレイ」を世界で初めて開発したと発表した。スタジアムやコンサートホールなどのイベント会場向けソリューションとして、2018年度の商用化を目指す。

ドコモが開発した浮遊球体ドローンディスプレイは、環状のフレームにLEDを並べた「LEDフレーム」の内部にドローンを備えており、LEDフレームを高速に回転させながら飛行。回転するLEDの光の残像でできた球体ディスプレイを、任意の場所に移動して見せることができる。

これにより、コンサートやライブ会場において、空中で動き回る球体ディスプレイによるダイナミックな演出や、会場を飛び回り広告を提示するアドバルーンのような広告媒体としての活用が可能だという。

浮遊球体ドローンディスプレイの外観(左)と点灯時(右)
浮遊球体ドローンディスプレイの外観(左)と点灯時(右)



ドローンの機体周りへの球形ディスプレイの搭載については、ディスプレイがドローンのプロペラによる空気の流れの妨げになる、ディスプレイ搭載による重量の増加といった課題があった。しかし、LEDの残像によりディスプレイを表示する技術を応用することで、これらの課題をクリアした。

浮遊球体ドローンディスプレイの最大直径は約88cm、重量は3.4kg。4月29日から幕張メッセで開催される「ニコニコ超会議」の「NTT ULTRA FUTURE MUSEUM 2017」に出展し、会場内でデモ飛行する予定だという。

浮遊する浮遊球体ドローンディスプレイ
浮遊する浮遊球体ドローンディスプレイ

スペシャルトピックスPR

takarajoho1706
yamaha1706
sony1706

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】つながる工場の
   ネットワーク入門

  <Part 1>一般オフィスとはココが違う!産業用イーサネットの世界
  <Part 2>工場IoT化の教科書 <Part 3>つながる工場の守り方

● シスコシステムズ 執行役員 A・マッティー氏「働き方改革は“会議改革”から!世界中の会議室をコラボ空間に」 ● ソニー、100km飛ぶ「独自LPWA」で世界狙う ● ビジネスチャットの「つぶやき」で働き方改革

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ライムライトネットワークス Abanner

スペシャルトピックス

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
sbw2017_2
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます