企業ネットワーク最前線

IoTでつくろう!新しいニッポン

【医療費×IoT】健康への“意識改革”で医療費増をストップ

文◎唐島明子(編集部) 2017.04.18

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

医療費の増大が止まらない。そんな日本の現状にストップをかけるための取り組みが、会津若松市で進んでいる。IoTを活用したヘルスケアサービスで、市民の健康に対する“意識改革”を促す作戦だ。

 
「ICT先進都市と言えば会津若松市」――。そんな認識が定着し始めている会津若松市では、ICTを活用した数々のプロジェクトが展開されている。

同市がICT活用に積極的な背景には、ICT専門大学の会津大学、震災復興のため会津若松市に福島イノベーションセンターを開設したアクセンチュア、そして何よりICT活用に意欲的な室井照一市長の存在がある。

会津若松市を実証フィールドとした先進的な取り組みは、日本が抱えている課題の解決につながる可能性を秘めている。その取り組みの1つが「IoTヘルスケアプラットフォーム事業」であり、医療費の課題に対する解決策として期待されている。

医療費の増加と「2025年問題」長年にわたり、日本の医療費は増え続けている。厚生労働省が2016年9月13日に発表した内容によれば、2015年度の概算医療費は41.5兆円。前年度比で1.5兆円も増加した。

会津若松市も例外ではない。市の人口は減少しているにもかかわらず、医療費は増加するばかり。医療費のなかでも特に目立っているのは介護給付費だ。現在、同市の人口は約12万人だが、介護給付費は年間100億円にも上るという。

これから8年後、日本は「2025年問題」に直面する。団塊の世代が75歳以上の後期高齢者に到達する2025年、医療や年金、介護、福祉など様々な面できしみが生じ、数多くの深刻な問題が噴出する。

「そうなるのが分かっていて、指をくわえて見ているわけにはいかない」。そうした問題意識のもと、会津若松市は2025年問題の対策を練るため、健康福祉部各課のグループリーダー会議を2013年から定期開催した。

その会議の検討結果を、会津若松市の健康福祉部・高齢福祉課で主幹を務める宮森健一朗氏は次のように語る。

「必要だと考えた対策の1つが『健康づくりの推進』。団塊の世代はもちろん、若い世代も含めた予防医療に取り組み、健康寿命を延ばすことだった」
会津若松市
(左奥から時計回り)会津若松市・健康福祉部高齢福祉課主幹の宮森健一朗氏、同・企画政策部副参事でスマートシティ推進担当の村井遊氏、アクセンチュア・福島イノベーションセンター長の中村彰二朗氏、会津若松市・国保年金課の目黒純氏。宮森氏と中村氏が左手首に付けているのは、IoTヘルスケアプラットフォームにバイタルデータを集めるためのスマートウォッチ
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

arbor1705
checkpoint1706
takarajoho1706

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】つながる工場の
   ネットワーク入門

  <Part 1>一般オフィスとはココが違う!産業用イーサネットの世界
  <Part 2>工場IoT化の教科書 <Part 3>つながる工場の守り方

● シスコシステムズ 執行役員 A・マッティー氏「働き方改革は“会議改革”から!世界中の会議室をコラボ空間に」 ● ソニー、100km飛ぶ「独自LPWA」で世界狙う ● ビジネスチャットの「つぶやき」で働き方改革

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ライムライトネットワークス Cbanner

スペシャルトピックス

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

ランサムウェア対策機能などを備えたSMB向けクラウドサービスが始まる。

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
sbw2017_2
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます