企業ネットワーク最前線

SDNでサイバー攻撃対策を自動化――セキュリティ業務負荷軽減の切り札に!

文◎坪田弘樹(編集部) 2017.04.19

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

サイバー攻撃対策は最早、“人手”では追いつかない危機的な状況に陥っている。これを抜本的に解決するのが、セキュリティ対策ツールとSDNの連携による自動化だ。SDNはサイバー攻撃対策の切り札になり得る。

 
サイバー攻撃に対抗するための作業負荷の増大に多くの企業・団体が悩まされている。これを解消する切り札となり得るのが、セキュリティ対策の「自動化」だ。

外部からの侵入を完全に防ぐことが不可能となった今、セキュリティ対策の負担は増すばかりだ。外部と中を隔てる防御壁を強靭化することに加え、すり抜けてきた攻撃をいち早く検知して対処する必要がある。

自動化とは、この検知から対処までを、人が介在せずにセキュリティツールが自律的に行えるようにすることだ。対処を迅速化して被害が拡大するのを防ぐとともに、人の作業負荷も軽減できる。

アラートが鳴りっぱなしの企業もこれまでのセキュリティ対策は、様々な製品を個別に使わなければならなかったため作業が複雑で、しかも運用担当者には高度な知識・スキルが必要だ。運用担当者のPCには、マルウェア感染の“疑いがある”ことを知らせるアラームがひっきりなしに届き、対処が追いつかない状況に陥っているケースも少なくない。初動対応が遅れれば感染が拡大し、情報漏えいのリスクも増す。

このような状況を改善するには、“手間がかかりすぎる”“高度なスキルを持つ人しか対処できない”というセキュリティ対策の現状を抜本的に変える必要がある。そこでセキュリティ製品ベンダーが注力しているのが製品間の連携だ。

例えば、エンドポイントを保護する製品が発見した脅威情報を、ゲートウェイ製品やサンドボックス解析製品と自動的に共有する。そうして未知の脅威を検知した後、人手をかけず瞬時に分析し、各製品が連携して防御する。あるいは、複数のセキュリティツールの情報を集約して分析することで、リスクの優先付けを行ったり、誤った判定を排除したりして対処をしやすくし、運用担当者の負荷を軽減する。

このように、各種のセキュリティ対策ツールの連携が進む一方で、セキュリティ対策ツールとSDN(Software-Defined Networking)との連携・自動化にも注目が集まっている。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

sony1706
yamaha1704
caso1704

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】つながる工場の
   ネットワーク入門

  <Part 1>一般オフィスとはココが違う!産業用イーサネットの世界
  <Part 2>工場IoT化の教科書 <Part 3>つながる工場の守り方

● シスコシステムズ 執行役員 A・マッティー氏「働き方改革は“会議改革”から!世界中の会議室をコラボ空間に」 ● ソニー、100km飛ぶ「独自LPWA」で世界狙う ● ビジネスチャットの「つぶやき」で働き方改革

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ライムライトネットワークス Cbanner

スペシャルトピックス

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

ランサムウェア対策機能などを備えたSMB向けクラウドサービスが始まる。

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
sbw2017_2
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます