新製品&新サービス

ネットワン、クラウド構築・運用を簡素化する新ネットワークソリューションを発表

文◎坪田弘樹(本誌) 2017.04.06

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ネットワンシステムズは2017年4月5日、アリスタネットワークスとヴイエムウェアとの提携により、クラウドの構築・運用を簡素化する新たなネットワークソリューションを7月から提供すると発表した。複数のクラウド、オンプレミスを「1つのクラウドシステムとして構築、運用することを容易にする」と、ネットワンシステムズ執行役員の篠浦文彦氏は話す。


(左から)ネットワンシステムズ執行役員の篠浦文彦氏、
ネットワンコネクト代表執行役社長の平川慎二氏、
ネットワンコネクト事業統括部長の中嶋二三男氏


ソリューションの核となるのは「SD-HCI」(Software Defined Hyper Converged Infrastructure)と呼ぶソフトウェア。アリスタの仮想ネットワークソフト「Arista vEOS」、ネットワーク管理ソフト「Arista CloudVision」、ヴイエムウェアの仮想ネットワークソフト「VMware NSX」をベースに、4月に設立した新会社ネットワンコネクトがソフトウェアパッケージを独自開発する。これにハードウェア、クラウド設計・構築サービスおよび運用保守サポートを合わせて提供する。

なお、SD-HCIの開発には、Arista Networksでグローバルオペレーションズ&マーケティング担当上級副社長のマーク・フォス氏、VMwareでネットワーキング&セキュリティ担当最高技術戦略責任者のグイド・アッペンツェラー氏がアドバイザーとして参画する。



今回提供するクラウドネットワークソリューションの全体像


また、ネットワンシステムズがすでに提供している、複数のクラウドを閉域網で接続する「クラウドHUB」、クラウドと拠点を接続するWANをソフトウェアで制御する「SD-WAN」も組み合わせて提供する。SD-HCIにこれらとの連携機能を実装することで、複数のクラウドで構成するハイブリッドクラウド基盤から拠点接続までを包括して統合管理できるソリューションを実現するという。


SD-HCIの機能とは
SD-HCIの主要機能は次の5つだ。

7月から提供を始める(1)プライベートクラウドネットワーキング機能は、クラウド環境に最適なネットワークを短期に設計・構築できるようにするもの。仮想オーバーレイネットワークと物理的なアンダーレイネットワーク全体の統合管理機能も提供する。

10月には、プライベートクラウドとパブリッククラウド間をつなぐ仮想ネットワークを構築して統合管理する(2)ハイブリッドクラウドネットワーキング機能を提供する。また、複数のクラウド/事業拠点を横断したアプリケーション可視化、アクセス制御、次世代型仮想ファイアウォールなどの(3)セキュリティ機能も実装する予定だ。

2018年には、前述の(4)SD-WANによる拠点接続、(5)クラウドネットワーク全体の可視化機能を加える。



SD-HCIの機能概要


ハイブリッドクラウド基盤の構築・運用に必要になるこうした機能群をパッケージ化し、短期間に導入できるようにするのがSD-HCIの最大の狙いだ。ネットワンコネクト事業統括部長の中嶋二三男氏は「お客様ごとにカスタマイズしながら導入していくには膨大な時間とコストがかかる。これをパッケージ化し、検証済みのハードウェアと合わせて提供することで、構築に時間をかけずに短期間でデータセンターを有益に使っていただけるようにする」と話す。

SD-HCIとともに提供するサポートサービスも、下画像のように、プランニングから導入・構築、運用保守、評価、EOL管理までライフサイクル全般をカバーする。ユーザーの運用負荷を低減することで「コア業務に特化していただけるようになる」(中嶋氏)。



クラウドのライフサイクル全般をカバーするサポートを提供


SD-HCIソフトウェアパッケージの価格は2000万円から。ネットワンシステムズおよびネットワンパートナーズの既存チャネル経由で販売するほか、ネットワンコネクトの代表執行役社長を務める平川慎二氏は「ネットワンコネクト独自の新規パートナーも開拓していきたい」と話した。

スペシャルトピックスPR

necpf1711
nec1711
hpearuba1711

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
次世代SPS2017_B

スペシャルトピックス

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot16
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます