ビジネス・企業

中国・深セン、NB-IoT技術を活用したスマート・ウォーター・プロジェクトが始動

文◎business network.jp編集部 2017.03.30

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ファーウェイ、深セン水務グループ、チャイナ・テレコム(中国電信)の3社は、2017年3月22日、商用NB-IoT技術を活用したスマート・ウォーター・プロジェクトの始動を発表した。

NB-IoT技術を活用したサービスの大規模展開には、ネットワークカバレッジが前提条件となる。チャイナ・テレコム深セン支社は、2016年から800MHz帯を利用してNB-IoT技術への対応を進めるネットワーク・アップグレード・プログラムに着手。現在までに深セン市全体で、500以上のNB-IoT対応基地局を展開しているという。

深セン水務グループは、これまでに深セン・塩田区の南方明珠花園をはじめとする住宅街に、約1200台のNB-IoT対応スマートメーターを設置。またチャイナテレコム深セン支社が提供する移動体通信ネットワークとクラウドベースの水道サービス基盤を活用し、水道管理システムを包括的に刷新した。

スマートウォーターにより、家庭用メーターのインテリジェント検針と水道管の漏洩感知が可能になる。メーターの読み取りミスによる水道料金の請求漏れや、水道管の漏れによる損失などを回避できる。さらに水道事業者は、利用者グループごとの水道使用パターンを分析し、より合理的に水道管網を構築・再構築することで、利便性と信頼性のある水道サービスを利用者に提供可能になる。

ファーウェイは2017年、30以上のNB-IoT対応ネットワークを20を超える国と地域で稼働させ、水道・電気・ガス、スマートシティ、スマート農業などの分野でサービスを開始させる予定だという。
 

スペシャルトピックスPR

recomot1705
qloog1705
macnica1705

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】実験で分かった! LPWAのホントの実力
     日本を覆い始めたLPWA網/LPWAの電波はどれくらい飛ぶ?
     独自LoRaなら40km先まで/コストの実際のところは?
     1基地局あたりの接続デバイス数は?/「耐移動性」はある?

●富士通 執行役員 妹尾雅之氏「光伝送も基地局もオープン化時代」
●280MHzポケベル帯で事業化狙う広域無線「FlexNet」
●UC最新動向 ●深刻化するDDoS攻撃対策

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

大量の通信機器の設定作業を正確かつ迅速に行い、現場へ確実に届ける!

Ruckusなら特定方向に電波を集中送信する特許技術で安定したWi-Fiを実現

USB型WiMAX2+端末をWi-Fiルーター化する史上初の製品が登場した。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
ngn2016
isobe170420
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます