ICT×未来

NFVでテレビ中継網がさらに進化――SD-WANで広がる映像系IoTの可能性

文◎坪田弘樹(編集部) 2017.03.23

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

日本のテレビ網は世界初のSDN――。NTTコムは2012年からSDNを適用した広域網を放送業界に提供してきた。同社はこれをベースに、4K/8K時代の新サービスを生み出す「映像SD-WAN」を目指す。

我々が毎日視聴している地上デジタルテレビ放送。その基盤ネットワークにSDN(Software-Defined Networking)が用いられていることは、あまり知られていない。どころか、構築されたのは2012年のことだというから、我々は知らないうちに、世界で最も早くSDNが導入された最先端の広域ネットワークの恩恵を受けていたことになる。

NHKおよび民放各局が利用するテレビ中継網をSDN化したのは、電電公社時代からテレビ中継専用のバックボーンネットワークの設計・構築、運用を担ってきたNTTコミュニケーションズだ。技術開発部長を務める山下達也氏は12月に開催した説明会で、SDNの先進事例としてこの取り組みを紹介した。

さらに同氏は、その技術と運用ノウハウをベースとして、放送業界だけでなく多様な業種の映像系アプリケーション/サービスに活用できる「映像SD-WAN(Software-Defined WAN)」の実現を目指しているとも話した。「4K/8Kの時代には、映像はすべての業界に絡んでくる。映像SD-WANを我々の主力サービスにしたい」

回線切り替えをSDNで全自動化現在のテレビ放送において、SDNはどのように活用されているのか。

NTTコムは地上デジタル放送の基幹回線として、各テレビ局のキー局と系列局の番組配信や素材集信に使われる映像専用回線を提供している。24時間365日、1パケットのロスも許されないミッションクリティカル性の高いネットワークだ。同社は2012年、この回線上で提供する、テレビ局間を結ぶ映像伝送サービスにSDNを導入した。

それによって実現した機能を示したのが図表1だ。


図表1 テレビ中継網におけるSDNの活用機能の例
図表1 テレビ中継網におけるSDNの活用機能の例

 


放送運行においては、あるときは東京のキー局から全国の系列局に、あるときは東日本は東京から、西日本は大阪からといったように番組配信、つまり回線運用の形態が変わる。この回線切り替えを秒単位で行うのにSDNが使われている(図表1の左)。放送局側の担当者が予約システムに登録を行うと、指定した時間に自動的にそれが実行される仕組みだ。

もう1つ、複数局からキー局に集められる映像素材のスイッチングにもSDNは使われている。キー局の担当者はワンクリック操作で、中継映像を切り替えることができる。

この仕組みは、当時スウェーデンの新興ベンダーであったTail-f SystemsのSDNコントローラを使って実現されている。様々なベンダーのハードウェア、仮想アプライアンス、SDNコントローラと連携する汎用ソリューションとして設計されたもので、サービスの仕様に従ってネットワークを自動的に設定・制御する機能を持つ。なお、Tail-f社は2014年にシスコシステムズが買収。そのSDNコントローラは「Cisco Network Services Orchestrator」として現在、シスコのサービスプロバイダー向け製品の中核となっている。

2012年から運用を開始したこのテレビ中継網は翌年9月、欧州最大の放送機器展であるIBCの「Innovation Awards」を受賞。MPLSにSDNを適用した先進性と、映像伝送の運用性向上が高く評価されたという。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

citrix1704
microsoft1705
recomot1705

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】実験で分かった! LPWAのホントの実力
     日本を覆い始めたLPWA網/LPWAの電波はどれくらい飛ぶ?
     独自LoRaなら40km先まで/コストの実際のところは?
     1基地局あたりの接続デバイス数は?/「耐移動性」はある?

●富士通 執行役員 妹尾雅之氏「光伝送も基地局もオープン化時代」
●280MHzポケベル帯で事業化狙う広域無線「FlexNet」
●UC最新動向 ●深刻化するDDoS攻撃対策

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

大量の通信機器の設定作業を正確かつ迅速に行い、現場へ確実に届ける!

Ruckusなら特定方向に電波を集中送信する特許技術で安定したWi-Fiを実現

USB型WiMAX2+端末をWi-Fiルーター化する史上初の製品が登場した。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
ngn2016
isobe170420
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます