企業ネットワーク最前線

「IoTで新たな宿泊体験を」、11種のIoTデバイスが集結した最先端ホステル

文◎小林秀雄(ITジャーナリスト) 2017.03.15

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

8月に福岡でオープンした「アンドホステル」は、様々なIoTデバイスが連動することによって、宿泊客に新たな体験を提供している。その利用データをデバイスメーカーにフィードバックし、IoTの普及も後押しする。

福岡市博多区を流れる博多川にほど近い場所に建つ宿泊施設「アンドホステル」は、ITベンチャーのand factory(本社・東京都渋谷区)がプロデュースして2016年8月にオープンした。

相部屋をメインとするホステル(簡易宿所)は、安価に泊まれるので外国人に人気の宿泊施設だ。

ただし、アンドホステルは料金以外の魅力も備える。最先端のIoT技術の利便性を体験できることだ。4部屋ある個室の“IoTルーム”には、スマートフォンアプリで操作できる鍵や照明のほか、部屋にいながらにして世界の風景が楽しめるデジタル窓、光や香りで快適な眠りに誘導する睡眠機など11種類のIoTデバイスが設置されている(図表1)。


図表1 アンドホステルに導入されているIoTデバイス
図表1 アンドホステルに導入されているIoTデバイス


IoTデバイスの連携で新たな体験インバウンド(訪日外国人)の急増に伴い、宿泊施設は不足状態が続く。そこに商機があるとand factoryは考えた。スマートフォン事業に強みを持つand factoryの飯村洋平執行役員は「単純に宿泊施設を提供するだけでは面白くない。プラスαの価値としてIoTを加えていこうと考えた」と話す。

and factory 執行役員 飯村洋平氏
and factory 執行役員 飯村洋平氏

 


その思いの背景には、IoTに対する一般消費者の認知が不十分だという認識もあったという。産業界ではIoTへの関心が高まっている一方で、消費者がIoTの利便性を体験できる場所が少ないことがその理由だと同社は見ており、そうした状況では、IoTデバイスメーカーが消費者の声を製品の改善にフィードバックすることもままならない。

そこで、様々なIoTデバイスを1カ所で体験できるようにするとともに「生活者とIoTデバイスメーカーをつなぐ場所をつくろう」(飯村氏)と「スマートホステル」をコンセプトに事業を立ち上げたのだ。

宿泊施設にどんなIoTデバイスを採用するか。同社は生活者の視点を軸に検討を進めた。「IoTデバイスメーカーは製品や技術の凄さを前面に打ち出すのに対して、我々は、どういう体験ができるとユーザーが快適と感じるかを起点として宿泊客の行動シーンを設計した」と飯村氏は話す。そのシーンを設計する過程で、複数のIoTデバイスが連携して動くことが大切だと考えたという。

人は1つのシーンでいくつかの動作を連続的に行う。例えば、暗くなっている部屋に帰るというシーンでは、ドアのロックを解錠し、次に壁のスイッチを押して照明をつける。そうしたシーンでいくつものIoTデバイスを一つひとつ操作するのは不便だ。もし、1つの操作で複数のIoTデバイスが利用できるようになれば、消費者に新しい体験を提供できる。

そこで同社は、異なるメーカーが開発した複数のIoTデバイスが連携して動くIoTプラットフォームを構築しようと考えた。そのために、メーカーと交渉するのと併せて、IoTデバイスの利用データをメーカーにフィードバックすることにした。

これはメーカーにとって大きな魅力だ。生のニーズに基づいてデバイスを改善することができるからだ。

この提案に賛同したメーカー各社がデバイスのAPIに関する情報を提供。それを受けて同社は組込みソフトの権威である九州大学大学院の福田晃教授の監修のもと、IoTデバイスの横断的利用を可能にするIoTプラットフォーム「&IoT」を開発した。

様々なIoTデバイスを1つのアプリで操作可能にした「&IoT」アプリの画面
様々なIoTデバイスを1つのアプリで操作可能にした「&IoT」アプリの画面


&IoTは、1つのアプリから複数のIoTデバイスを操作できるようにするとともに、宿泊客の利用シーンに合わせていくつものIoTデバイスを連動して動かす機能を持つ。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

necpf1704
citrix1704
microsoft1705

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】実験で分かった! LPWAのホントの実力
     日本を覆い始めたLPWA網/LPWAの電波はどれくらい飛ぶ?
     独自LoRaなら40km先まで/コストの実際のところは?
     1基地局あたりの接続デバイス数は?/「耐移動性」はある?

●富士通 執行役員 妹尾雅之氏「光伝送も基地局もオープン化時代」
●280MHzポケベル帯で事業化狙う広域無線「FlexNet」
●UC最新動向 ●深刻化するDDoS攻撃対策

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

大量の通信機器の設定作業を正確かつ迅速に行い、現場へ確実に届ける!

Ruckusなら特定方向に電波を集中送信する特許技術で安定したWi-Fiを実現

USB型WiMAX2+端末をWi-Fiルーター化する史上初の製品が登場した。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
ngn2016
isobe170420
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます