企業ネットワーク最前線

今すぐ使えるIoT向けLTE「カテゴリー1」を徹底解説

文◎唐島明子(編集部) 2017.03.14

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

IoT向けの通信料金プランが出るなど、通信コストは下がってきたが、デバイスコストはまだ高い。そんな課題を解消し、IoTを大きく一歩前進させるLTE「カテゴリー1」が、いよいよ利用できるようになった。

IoT向けLTEの一番手「カテゴリー1」を搭載したIoTデバイスが、ついに登場した。

カテゴリー1対応のLTE版IoTゲートウェイだ。ネットワークインテグレーターのレンジャーシステムズが、2016年12月から評価用の端末レンタルを受付開始し、2017年1月から提供し始めた。

IoTで「カテゴリー1」に脚光カテゴリー1の「カテゴリー」とは、正確には「UE(User Equipment)カテゴリー」のこと。スマートフォンやモバイルWi-Fiルーターなど、LTEデバイスの技術仕様で、移動通信システムの標準化を行う3GPPが策定している。

LTEのカテゴリーには、カテゴリー1の他にもカテゴリー2、3、4、5があり、6以降はLTE-Advanced用だ。

例えば、カテゴリー3(iPhone 5/5sが対応)の通信性能は、2×2MIMOで最大通信速度は下り100Mbps/上り50Mbps、カテゴリー4(iPhone 6/6 Plusが対応)は2×2MIMOで最大通信速度は下り150Mbps/上り50Mbpsだ。

それに対して、カテゴリー1はMIMOはなく、最大通信速度は下り10Mbps/上り5Mbps。他のカテゴリーと比較すると1ケタも低速だ。2008年のRelease 8で定義されていたものの、高速化が追及されてきたこれまでのLTEにおいては、忘れ去られていた存在だった。

それが今、低速なカテゴリー1に大きな注目が集まる時代がやってきている。IoTの盛り上がりとともに、「通信速度はほどほどでいいから、膨大な数のセンサーやデバイスをとにかく安くネットワークにつなぎたい」という、これまでにはなかったニーズが出てきたためだ。

安さは通信速度とのトレードオフで実現される。MIMOがないカテゴリー1は、アンテナが少なく回路もシンプルな分、既存の他のカテゴリーと比較すると通信モジュールのコストを安くできる。カテゴリー1を採用すれば、デバイスコストを安く抑えられるのだ。

一方、通信コストはキャリアやMVNOの値付け次第だが、ほどほどの通信速度でいいデバイスのデータ通信量はたかが知れている。最大通信速度が遅い分、通常より安価に利用できる可能性もある。

通信モジュールの安さをウリの1つとするLTEベースのIoT向けネットワークとしては、LTE版のLPWAである「NB-IoT(カテゴリーNB1)」と「カテゴリーM1」もあるが、いずれも2016年に3GPPのRelease 13で標準化されたばかりだ。商用利用が実現されるのは、標準化されてから2年ほどはかかるのが一般的で、まだ日本ではNB-IoT/カテゴリーM1は商用フェーズにはない。

そうしたなか、今すぐ使えるIoT向けLTEとして、カテゴリー1をめぐる動きが活発化している。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

skyley1708
ibm1708
logicool1709

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】セルラーLPWAでGO!
●LTE-MとNB-IoTの違い/●世界のセルラーLPWA商用展開マップ/●注目セルラーLPWA事例 ほか

◆[インタビュー]NTTドコモ 執行役員 大野友義氏「対話型AIであらゆる生活を革新」 ◆LTEコードレス「sXGP」- 自営PHSから自営LTEへ ◆OTTも参戦!海底ケーブル市場の今 ◆ネットワーク監視ツール ◆働き方改革で拡大する法人スマデバ

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
IIJグローバルソリューションズ

スペシャルトピックス

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ms
iot15
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます