企業ネットワーク最前線

今すぐ使えるIoT向けLTE「カテゴリー1」を徹底解説

文◎唐島明子(編集部) 2017.03.14

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

IoT向けの通信料金プランが出るなど、通信コストは下がってきたが、デバイスコストはまだ高い。そんな課題を解消し、IoTを大きく一歩前進させるLTE「カテゴリー1」が、いよいよ利用できるようになった。

IoT向けLTEの一番手「カテゴリー1」を搭載したIoTデバイスが、ついに登場した。

カテゴリー1対応のLTE版IoTゲートウェイだ。ネットワークインテグレーターのレンジャーシステムズが、2016年12月から評価用の端末レンタルを受付開始し、2017年1月から提供し始めた。

IoTで「カテゴリー1」に脚光カテゴリー1の「カテゴリー」とは、正確には「UE(User Equipment)カテゴリー」のこと。スマートフォンやモバイルWi-Fiルーターなど、LTEデバイスの技術仕様で、移動通信システムの標準化を行う3GPPが策定している。

LTEのカテゴリーには、カテゴリー1の他にもカテゴリー2、3、4、5があり、6以降はLTE-Advanced用だ。

例えば、カテゴリー3(iPhone 5/5sが対応)の通信性能は、2×2MIMOで最大通信速度は下り100Mbps/上り50Mbps、カテゴリー4(iPhone 6/6 Plusが対応)は2×2MIMOで最大通信速度は下り150Mbps/上り50Mbpsだ。

それに対して、カテゴリー1はMIMOはなく、最大通信速度は下り10Mbps/上り5Mbps。他のカテゴリーと比較すると1ケタも低速だ。2008年のRelease 8で定義されていたものの、高速化が追及されてきたこれまでのLTEにおいては、忘れ去られていた存在だった。

それが今、低速なカテゴリー1に大きな注目が集まる時代がやってきている。IoTの盛り上がりとともに、「通信速度はほどほどでいいから、膨大な数のセンサーやデバイスをとにかく安くネットワークにつなぎたい」という、これまでにはなかったニーズが出てきたためだ。

安さは通信速度とのトレードオフで実現される。MIMOがないカテゴリー1は、アンテナが少なく回路もシンプルな分、既存の他のカテゴリーと比較すると通信モジュールのコストを安くできる。カテゴリー1を採用すれば、デバイスコストを安く抑えられるのだ。

一方、通信コストはキャリアやMVNOの値付け次第だが、ほどほどの通信速度でいいデバイスのデータ通信量はたかが知れている。最大通信速度が遅い分、通常より安価に利用できる可能性もある。

通信モジュールの安さをウリの1つとするLTEベースのIoT向けネットワークとしては、LTE版のLPWAである「NB-IoT(カテゴリーNB1)」と「カテゴリーM1」もあるが、いずれも2016年に3GPPのRelease 13で標準化されたばかりだ。商用利用が実現されるのは、標準化されてから2年ほどはかかるのが一般的で、まだ日本ではNB-IoT/カテゴリーM1は商用フェーズにはない。

そうしたなか、今すぐ使えるIoT向けLTEとして、カテゴリー1をめぐる動きが活発化している。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

citrix1704
microsoft1705
recomot1705

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】つながる工場の
   ネットワーク入門

  <Part 1>一般オフィスとはココが違う!産業用イーサネットの世界
  <Part 2>工場IoT化の教科書 <Part 3>つながる工場の守り方

● シスコシステムズ 執行役員 A・マッティー氏「働き方改革は“会議改革”から!世界中の会議室をコラボ空間に」 ● ソニー、100km飛ぶ「独自LPWA」で世界狙う ● ビジネスチャットの「つぶやき」で働き方改革

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ライムライトネットワークス Abanner

スペシャルトピックス

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

ランサムウェア対策機能などを備えたSMB向けクラウドサービスが始まる。

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
sbw2017_2
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます