企業ネットワーク最前線

F5から「セキュリティ専用機」、SSL可視化とDDoS対策を新ブランドで投入

文◎太田智晴(編集部) 2017.03.01

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

F5ネットワークスがセキュリティの新ブランド「Herculon(ハーキュロン)」を立ち上げた。従来からBIG-IPシリーズの1機能としてセキュリティ関連機能を提供していたF5だが、さらにセキュリティ専用のアプライアンスも投入する。

 

F5ネットワークスジャパンは2017年3月1日、新セキュリティブランド「Herculon」を発表した。特定のセキュリティ機能に特化した製品のための新ブランドで、4月1日から2つの製品の提供を開始する。

 

ジョン・クーン氏 谷村透氏
米F5ネットワークス プロダクトマネジメント シニアディレクターのジョン・クーン氏(左)とF5ネットワークスジャパン セキュリティソリューションアーキテクトの谷村透氏


まず1つめは、SSL可視化専用のアプライアンス「Herculon SSL Orchestrator」だ。

「あるサービスプロバイダーに聞いたところによると、彼らのネットワークを通るトラフィックの7~8割が暗号化されている」

米F5ネットワークス プロダクトマネジメント シニアディレクターのジョン・クーン氏がこう語った通り、ここ数年、SSL/TLS暗号化されたWebトラフィックは急激に増加している。

その結果、標的型攻撃対策に「死角」が生じているとF5ネットワークスジャパン セキュリティソリューションアーキテクトの谷村透氏は指摘した。例えば、「C&Cサーバーと通信するトラフィックがSSL暗号化されることによって、検知できないという問題が生じている」(谷村氏)。

もちろん、次世代ファイアウォールなどのセキュリティアプライアンスのほとんどは、SSL/TLS暗号化されたトラフィックもスキャンできる。ただ、SSL/TLSの可視化機能をオンにすると、セキュリティアプライアンスに多大な負荷がかかるため、オンにしていない企業が多いのが実情だ。

ユーザー企業のセキュリティ担当者は今、SSL/TLS可視化機能をオンにするためセキュリティアプライアンスの性能を増強するか、SSL/TLS暗号化されたトラフィックを「死角」として見過ごすかの選択を迫られているわけだ。

 

SSL暗号化の問題点
SSL暗号化の問題点


そこで出番となるのが、SSL可視化のための専用アプライアンスである。Herculon SSL Orchestratorを導入すれば、既存のセキュリティアプライアンスへの投資を保護しながら、SSL/TLSで暗号化されたトラフィックの可視化が行えるようになる。

 

Herculon SSL Orchestratorの主な特徴
Herculon SSL Orchestratorの主な特徴


 

SSL可視化アプライアンスは、例えばF5と同じADCベンダーであるA10ネットワークスなど、他社からも発売されている。

他社製品と比較した強みとして、谷村氏が挙げた点の1つが、高速な複合・再暗号化処理。「楕円暗号化方式が多く採用されつつあるが、これについても他社と比べて、ハードウェアで非常に高速処理できる」とした。

また、サービスチェーンの機能も差別化ポイントだという。

Herculon SSL Orchestratorは、SSL/TLS暗号化されたトラフィックを復号化して各セキュリティアプライアンスに渡すわけだが、トラフィックのコンテキスト(属性)に応じて、どのセキュリティアプライアンスのチェックを通すかのポリシーを細かく制御できる。

例えば、金融/ECサイトのURLへのアクセスであれば、従業員の個人情報を保護するためバイパスさせたり、レピュテーション(評判)の低いIPアドレスへのアクセスであれば、より多くのセキュリティアプライアンスを通したりといったことが行える。

Herculon SSL Orchestratorの主な特徴
トラフィックのコンテキストに応じたサービスチェーンが可能

 


さらに構成の柔軟さも他社より優れた点とのこと。他社の場合、SSL可視化アプライアンスの物理ポートの制約を受けるが、Herculon SSL Orchestratorにはそうした制約がないという。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

nec1710
ipswitch1710
yamaha1711

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
次世代SPS2017_B

スペシャルトピックス

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot16
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます