企業ネットワーク最前線

富士通がテレワークを全社員3.5万人に導入、AIによる働き方改革も推進へ

文◎太田智晴(編集部) 2017.02.28

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

富士通 執行役員 人事本部長
林博司氏

富士通はICTを活用した「テレワーク勤務制度」を今年4月から正式導入すると発表した。全社員約3万5000人が対象だ。また、長時間労働を前提とした働き方を変えるためのICTツールの導入や、AIを活用した社員の生産性向上にも取り組む。

 

富士通は、全社員3万5000人を対象に「テレワーク勤務制度」を4月21日から導入する。

同社は2015年度から約1200名を対象にテレワークのトライアルを行っており、「トライアルを通じて、一定程度の目途が立ったことから、テレワークの全社導入を決めた」と執行役員 人事本部長の林博司氏は話した。

富士通が全社員に導入するテレワーク勤務制度のポイント
富士通が全社員に導入するテレワーク勤務制度のポイント

 


全社員が対象だが、「自律的・計画的に働ける社員」であることが条件。「入社まもないトレイニー社員や、明らかに勤務状況に問題がある社員は除くが、ほとんどの社員が対象になると考えている」と林氏は説明した。テレワークを利用する際は、上司への事前連絡が必要になる。

また、4月に一気に導入するわけではなく、「テレワーク勤務制度の趣旨の周知徹底ができた職場から順次導入していく」という。これは、「テレワークの趣旨をいかに周知徹底するかが成功の決め手」とトライアルで分かったため。全社員向けのeラーニング動画や、マネジメント向けの研修などを通じて周知徹底を図る計画だ。

 

サテライトオフィスの展開にも力を入れる
サテライトオフィスの展開にも力を入れる


サテライトオフィスの整備も進める。すでに東京・汐留本社にサテライトオフィスを開設しているほか、各事業所にも広げていく方針。さらに、「主要ターミナル駅にも、こういう設備が欲しいという要望があるので、社外の設備を活用することも考えている」(林氏)という。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

brocade1703
nw1703
yamaha1704

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】AI・IoT・ARで《超》働き方改革
     <Part1> AI・チャットボットが社員の“相棒”
     <Part2> IoTで脱・ブラック職場
     <Part3> AR/VR/MRによる働き方改革のインパクト

●[インタビュー]ジュニパーネットワークス 社長 古屋知弘氏
●[ビジネス最前線]4つのLPWAでIoTの新市場を拓くKDDI
●[技術&トレンド]電話局を変革するCORDとは何か?

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
NECプラットフォームズ

スペシャルトピックス

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

大量の通信機器の設定作業を正確かつ迅速に行い、現場へ確実に届ける!

Ruckusなら特定方向に電波を集中送信する特許技術で安定したWi-Fiを実現

USB型WiMAX2+端末をWi-Fiルーター化する史上初の製品が登場した。

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ngn2016
isobeiot10
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます