ニュース

富士通研究所、スマホ生体認証のみでIoT機器を介したクラウドサービスを利用できる新技術

文◎business network.jp編集部 2017.02.16

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

富士通研究所は、スマートフォンの生体認証機能と近距離無線機能を活用し、IoT機器を介したクラウドサービスを安全かつ簡単に利用できる技術を開発したと発表した。

想定される利用シーンは、駅の宅配ボックスやシェアードカー、ドアロックなど。従来型のID・パスワード方式では多数のID・パスワードを利用者が管理したり、サービスを利用するたびに認証しなければならない。しかし開発技術を利用すれば、スマートフォンの生体認証を行うだけで鍵の開閉などができるようになる。

利用シーンのイメージ


今回、富士通研究所が開発した技術は、生体情報をスマートフォンの外に出さずにクラウド上のサービス利用者の生体認証を実現するFIDO技術を応用したという。

まず、利用者がIoT機器(宅配ボックス、シェアードカー、ドアロックなど)を利用する際に、利用者は自分のスマートフォンをIoT機器に物理的に接近させる。それにより、スマートフォン上のソフトウェアとIoT機器上のソフトウェアがそれぞれ秘密情報を相互に交換し、スマートフォンとIoT機器の間に一時的にセキュアな通信経路を生成する。

新技術を利用した場合の認証経路のイメージ図


次に、利用者がスマートフォン上の生体認証機能で認証を行うと、セキュアな通信経路を通じてスマートフォン上での生体認証結果と本人がIoT機器の前にいることに証明書をクラウドサービスに送信。クラウドサービスは、これらの情報から本人確認と本人がIoT機器の前にいることを同時に検証することでIoT機器の利用者認証を行い、IoT機器を通じてクラウドサービスを利用者に提供する。

これにより、例えば駅の宅配ボックスをスマホで開錠して荷物を受け取ったり、シェアードカーをスマホで開錠してエンジンを始動することができるようになる。また、民泊やホテルなどにおいても、スマホで認証して鍵を開けられる。

今後同社は、今回開発した技術の検証を進め、実用化を目指すという。

スペシャルトピックスPR

caso1704
watchguard1704
necpf1704

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】AI・IoT・ARで《超》働き方改革
     <Part1> AI・チャットボットが社員の“相棒”
     <Part2> IoTで脱・ブラック職場
     <Part3> AR/VR/MRによる働き方改革のインパクト

●[インタビュー]ジュニパーネットワークス 社長 古屋知弘氏
●[ビジネス最前線]4つのLPWAでIoTの新市場を拓くKDDI
●[技術&トレンド]電話局を変革するCORDとは何か?

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ヤマハSWX2100-PoE

スペシャルトピックス

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

大量の通信機器の設定作業を正確かつ迅速に行い、現場へ確実に届ける!

Ruckusなら特定方向に電波を集中送信する特許技術で安定したWi-Fiを実現

USB型WiMAX2+端末をWi-Fiルーター化する史上初の製品が登場した。

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ngn2016
isobeiot10
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます