企業ネットワーク最前線

参入3年で50倍に成長!チェック・ポイントがSMB市場に大攻勢

文◎百瀬崇(ライター) 2017.02.15

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

これまでエンタープライズ向けのイメージが強かったチェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズが、SMB市場でも躍進している。同社のSMB戦略をレポートする。

 

「今後さらにSMB市場への攻勢を強めていく」――。チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズでSMB営業部長を務める真田賢太氏は、11月に札幌で開催した中小企業向けITセキュリティセミナーの壇上で、こう意気込んだ。

従来、エンタープライズを主戦場としてきたチェック・ポイントが、SMB市場に参入したのは2013年下半期のこと。かなりの後発といえるが、その後、順調にSMB市場での存在感を増してきている。

「参入年度と比べて、2016年は販売台数が50倍近くに拡大した」と真田氏は明かす。

Check Point 700シリーズ
SMB向けのセキュリティアプライアンス「Check Point 700シリーズ」。Wi-Fiモデルも用意している


SMB向けの4つの強みSMB市場での実績を伸ばすチェック・ポイント。もちろん精神論だけで猪突猛進してきたわけではない。着実にSMB向けソリューションを充実させてきた。

システムエンジニアリング部 セキュリティエキスパートの小林晋崇氏は、チェック・ポイントのSMB向けソリューションの訴求ポイントを4つ挙げる。

1つめは、最新の脅威に対応するための「ThreatCloud」だ。チェック・ポイントのラボでの検証結果や、世界中で導入されている同社製品が検知した情報、第三者機関から提供を受けた情報など、グローバルの脅威情報をクラウド上のデータベースに集約し、UTMへリアルタイム配信する仕組みだ。

2つめは設定が簡単なこと。チェック・ポイントのSMB向けセキュリティアプライアンス「Check Point 700シリーズ」はエンタープライズ向けとは異なるOSを搭載しており、インターフェースはすべて日本語化。ハンズオントレーニングを受けたパートナー企業なら、2~3分で初期設定が行えるという。

3つめは、脅威情報などをレポートとしてアウトプットする機能だ。700シリーズにはレポート機能が標準搭載されており、検知したマルウェアの数、インターネットトラフィックやアプリケーションの利用状況、マルウェアに感染したPCやサーバーの台数とIPアドレスなどを可視化できる(図表)。

 


図表 Check Point 700シリーズが標準搭載するレポート機能
図表 Check Point 700シリーズが標準搭載するレポート機能

 

4つめはクラウドマネジメントサービスの「Security Management Portal」。機器管理のためのサービスがバンドルされており、機器のリモート管理やファームウェア更新、コンフィグの自動バックアップなどをクラウド上で行うことができる。これにより例えばIT担当者がいない中小企業などに対し、SIerがリモート運用サービスなどを提供することも容易である。

「“モノ売り”ではなく“コト売り”。SMBのためのサービス付きで販売するのがチェック・ポイントの特色だ」と小林氏は話す。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

ソフトバンク201612
softbank201701
panasonic201701

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】クラウド化する
   企業ネットワークの新作法。

●[インタビュー]坂村健 東大教授「オープンIoTで社会全体を効率化」 ●[第2特集]今すぐ使えるIoT向けLTE「カテゴリー1」 ●[商品特集]インターネット分離・無害化ソリューション ●[技術&トレンド]SD-WANで広がる映像系IoTの可能性/電池不要のIoT無線「EnOcean」

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

ソフトバンクが提供開始した「PrimeMeeting」なら、社内外問わずあらゆる端末から参加できる。

過酷な環境下での長期利用にも耐える「TOUGHPAD FZ-N1」はBCPやTCO削減に貢献する。

社内外の電話帳を基点にスピーディで安全なコミュニケーションを実現!

UC機能も備えた「moconavi」はMDMベースのEMMとは違う!

ゼンハイザーのスピーカーフォンなら、数人~20人超の会議まで幅広く。

ソフトバンクの「SfB連携電話会議サービス」で実現しよう。

IoTでは珍しいクルマ特化型の「クルマツナグプラットフォーム」に注目だ。

既設PBX・回線をOffice 365と連携できる「Sonus SBC」にお任せだ。

ゼンハイザーのUC向けスピーカーフォン、ヘッドセットなら、通話品質も仕事の効率もアップ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ngn2016
isobe170201
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます