企業ネットワーク最前線

参入3年で50倍に成長!チェック・ポイントがSMB市場に大攻勢

文◎百瀬崇(ライター) 2017.02.15

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

これまでエンタープライズ向けのイメージが強かったチェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズが、SMB市場でも躍進している。同社のSMB戦略をレポートする。

 

「今後さらにSMB市場への攻勢を強めていく」――。チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズでSMB営業部長を務める真田賢太氏は、11月に札幌で開催した中小企業向けITセキュリティセミナーの壇上で、こう意気込んだ。

従来、エンタープライズを主戦場としてきたチェック・ポイントが、SMB市場に参入したのは2013年下半期のこと。かなりの後発といえるが、その後、順調にSMB市場での存在感を増してきている。

「参入年度と比べて、2016年は販売台数が50倍近くに拡大した」と真田氏は明かす。

Check Point 700シリーズ
SMB向けのセキュリティアプライアンス「Check Point 700シリーズ」。Wi-Fiモデルも用意している


SMB向けの4つの強みSMB市場での実績を伸ばすチェック・ポイント。もちろん精神論だけで猪突猛進してきたわけではない。着実にSMB向けソリューションを充実させてきた。

システムエンジニアリング部 セキュリティエキスパートの小林晋崇氏は、チェック・ポイントのSMB向けソリューションの訴求ポイントを4つ挙げる。

1つめは、最新の脅威に対応するための「ThreatCloud」だ。チェック・ポイントのラボでの検証結果や、世界中で導入されている同社製品が検知した情報、第三者機関から提供を受けた情報など、グローバルの脅威情報をクラウド上のデータベースに集約し、UTMへリアルタイム配信する仕組みだ。

2つめは設定が簡単なこと。チェック・ポイントのSMB向けセキュリティアプライアンス「Check Point 700シリーズ」はエンタープライズ向けとは異なるOSを搭載しており、インターフェースはすべて日本語化。ハンズオントレーニングを受けたパートナー企業なら、2~3分で初期設定が行えるという。

3つめは、脅威情報などをレポートとしてアウトプットする機能だ。700シリーズにはレポート機能が標準搭載されており、検知したマルウェアの数、インターネットトラフィックやアプリケーションの利用状況、マルウェアに感染したPCやサーバーの台数とIPアドレスなどを可視化できる(図表)。

 


図表 Check Point 700シリーズが標準搭載するレポート機能
図表 Check Point 700シリーズが標準搭載するレポート機能

 

4つめはクラウドマネジメントサービスの「Security Management Portal」。機器管理のためのサービスがバンドルされており、機器のリモート管理やファームウェア更新、コンフィグの自動バックアップなどをクラウド上で行うことができる。これにより例えばIT担当者がいない中小企業などに対し、SIerがリモート運用サービスなどを提供することも容易である。

「“モノ売り”ではなく“コト売り”。SMBのためのサービス付きで販売するのがチェック・ポイントの特色だ」と小林氏は話す。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

arbor1705
yamato1703
brocade1703

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】FUTURE NETWORK
    未知なるネットワークとの遭遇

    2020年5Gの旅/地球丸ごとIoT化計画/NWに知性が宿る
    IPの“限界”を超える日/人類未踏のテラヘルツ波 ほか

● NTTコミュニケーションズ 取締役 ネットワークサービス部長  大井貴氏
● モバイルセキュリティ最新動向  ● NB-IoT商用化の準備整う!
● ドコモ・KDDIのドローン戦略 ● 仮想化でビーコン運用の課題を解決

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

ランサムウェア対策機能などを備えたSMB向けクラウドサービスが始まる。

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

大量の通信機器の設定作業を正確かつ迅速に行い、現場へ確実に届ける!

Ruckusなら特定方向に電波を集中送信する特許技術で安定したWi-Fiを実現

USB型WiMAX2+端末をWi-Fiルーター化する史上初の製品が登場した。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
isobe170420
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます