新製品&新サービス

日揮とNEC、AI・IoT活用のプラント異常予兆検知サービスを共同提供

文◎business network.jp編集部 2017.02.02

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

日揮とNECは2017年2月2日、AIとIoTを活用したプラント運転データ解析サービス提供に関する協業を開始した。石油精製、化学、LNG(液化天然ガス)・ガス、発電、資源開発分野などにおけるプラント運転異常の予兆を検知するシステムの構築とサービスの提供を共同で行う。

日揮は、数多くのプラント建設で蓄積したノウハウを基に、これまでからプラント運転データ解析サービスを提供していた。また、NECも以前から、同社のAI技術群である「NEC the WISE」を活用し、プラントの異常予兆監視・エネルギー需要予測・品質分析などのシステムを提供している。

共同提供するプラント運転データ解析サービスは、これまで両社がそれぞれ単独で提供してきたサービスと比べ、データの網羅性が向上するほか、異常予兆の解析時間の短縮も可能だという。日揮とNECは今後2年以内に国内外で30プラントへのサービス提供を目標に、さらに協業を強化していく予定にしている。

スペシャルトピックスPR

nttsoft201701
recomot201701
ゼンハイザー201701

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】AI・IoT・ARで《超》働き方改革
     <Part1> AI・チャットボットが社員の“相棒”
     <Part2> IoTで脱・ブラック職場
     <Part3> AR/VR/MRによる働き方改革のインパクト

●[インタビュー]ジュニパーネットワークス 社長 古屋知弘氏
●[ビジネス最前線]4つのLPWAでIoTの新市場を拓くKDDI
●[技術&トレンド]電話局を変革するCORDとは何か?

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
NECプラットフォームズ

スペシャルトピックス

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

大量の通信機器の設定作業を正確かつ迅速に行い、現場へ確実に届ける!

Ruckusなら特定方向に電波を集中送信する特許技術で安定したWi-Fiを実現

USB型WiMAX2+端末をWi-Fiルーター化する史上初の製品が登場した。

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

ソフトバンクが提供開始した「PrimeMeeting」なら、社内外問わずあらゆる端末から参加できる。

過酷な環境下での長期利用にも耐える「TOUGHPAD FZ-N1」はBCPやTCO削減に貢献する。

社内外の電話帳を基点にスピーディで安全なコミュニケーションを実現!

UC機能も備えた「moconavi」はMDMベースのEMMとは違う!

ゼンハイザーのスピーカーフォンなら、数人~20人超の会議まで幅広く。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ngn2016
isobeiot10
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます