ニュース

NTT、ネットワークの障害原因を瞬時に判定するAI技術を開発

文◎business network.jp編集部 2017.01.30

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

NTTは2017年1月30日、ネットワーク障害における「障害原因」と「装置等から発せられるアラーム」の間の因果関係を自律的に導出するネットワーク分野のAI技術を開発したと発表した。

これはNTTグループのAI技術「corevo」によるもので、推定精度が継続的に向上するネットワーク障害原因推定のシステム化が可能になるという。

今回開発したAI技術は、具体的には、障害時にネットワーク装置等から発せられるアラーム等のイベントから、その障害に特有のイベントの組み合わせを抽出することで、障害原因とイベントのルールを導き出すアルゴリズム。人では見出すことの難しかったルールを瞬時に導き出すことが可能だという。さらに、保守者の日々の運用ノウハウを学習することで、ルールの精度を向上することもできる。

このAI技術を用いた障害原因推定がシステム化されると、これまで数時間から数日かかることもあった分析作業を数秒程度に短縮することができ、スキルフリーで迅速なネットワーク障害対応が可能になるとのこと。また、継続的なルールの生成・修正が行われることにより、あらゆるネットワーク環境において、利用するたびに推定精度が向上するシステムの可能性を今回示せたとしている。

NTTでは今後、システムとしての実用化を図り、ネットワーク保全の自動化を目指す計画だ。

NTTグループのAI技術「corevo」によるネットワーク分野のAI技術

 

スペシャルトピックスPR

brocade1703
nw1703
yamaha1704

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】AI・IoT・ARで《超》働き方改革
     <Part1> AI・チャットボットが社員の“相棒”
     <Part2> IoTで脱・ブラック職場
     <Part3> AR/VR/MRによる働き方改革のインパクト

●[インタビュー]ジュニパーネットワークス 社長 古屋知弘氏
●[ビジネス最前線]4つのLPWAでIoTの新市場を拓くKDDI
●[技術&トレンド]電話局を変革するCORDとは何か?

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ヤマハSWX2100-PoE

スペシャルトピックス

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

大量の通信機器の設定作業を正確かつ迅速に行い、現場へ確実に届ける!

Ruckusなら特定方向に電波を集中送信する特許技術で安定したWi-Fiを実現

USB型WiMAX2+端末をWi-Fiルーター化する史上初の製品が登場した。

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ngn2016
isobeiot10
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます