ICT×未来

ICT業界 未来シナリオ2017

SD-WANは確実に浸透する!――キャリアは「競合」ではなく「主役」に

文◎坪田弘樹(編集部) 2017.01.31

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

国内企業からの関心も非常に高いSD-WAN。当初は通信事業者の既存サービスの脅威になると目されたが、むしろ通信事業者こそがSD-WAN市場の主役として成長を牽引していきそうだ。

 

米IDCによれば、SD-WANの市場規模は2020年にグローバルで60億ドルに達する見込みだ。2015年の2.2億ドルから、年平均成長率90%で急激に伸びると予測されている。

日本企業の関心も高い。10月に「SD-WANに関する企業ニーズ調査」の結果を発表したIDC Japan・コミュニケーションズ シニアマーケットアナリストの小野陽子氏は「想定よりもすごく関心が高かった。『大きなメリットがある』と回答した企業は約半分。他のWAN関連の調査と比べても非常に高い」と話す(図表1)。

 


図表1 ユーザー企業のSD-WANへの期待
図表1 IDC Japan「国内SD-WAN企業ニーズ調査」にみるSD-WANへの関心度
出典:IDC Japan「国内SD-WAN企業ニーズ調査」

 

SD-WANは、企業の拠点間網にSDN技術を適用し、冗長化されたWAN回線をアプリケーションごとに使い分けられるようにするものだ。ユーザー自身がSDNコントローラから拠点間のWANを集中管理できることも大きなメリットである。

様々なタイプのIP/MPLS網、インターネット回線をアンダーレイネットワークとして組み合わせ、「その上で用途に応じてオーバーレイネットワークを柔軟に使えるようにするSD-WANのコンセプトは、今後の企業ネットワーク構築法の軸になっていく」と話すのは、ガートナージャパンのリサーチ部門ネットワーク担当リサーチディレクターを務める池田武史氏だ。

「SD-WANを単なるWANの最適化の手法とだけ捉えずに、SDNも組み合わせた新しいネットワークのあり方につながるテクノロジーと捉えることが重要。2017年には、当たり前に検討すべきものになる」

スペシャルトピックスPR

yamato1703
brocade1703
nw1703

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】実験で分かった! LPWAのホントの実力
     日本を覆い始めたLPWA網/LPWAの電波はどれくらい飛ぶ?
     独自LoRaなら40km先まで/コストの実際のところは?
     1基地局あたりの接続デバイス数は?/「耐移動性」はある?

●富士通 執行役員 妹尾雅之氏「光伝送も基地局もオープン化時代」
●280MHzポケベル帯で事業化狙う広域無線「FlexNet」
●UC最新動向 ●深刻化するDDoS攻撃対策

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

大量の通信機器の設定作業を正確かつ迅速に行い、現場へ確実に届ける!

Ruckusなら特定方向に電波を集中送信する特許技術で安定したWi-Fiを実現

USB型WiMAX2+端末をWi-Fiルーター化する史上初の製品が登場した。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
ngn2016
isobe170420
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます