企業ネットワーク最前線

デジタル変革と通信業界[最終回]

デジタル変革に成功したSIerに学ぶ――鍵は「技術力」のデジタル化

文◎坪田弘樹(編集部) 2017.01.16

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

SI技術とノウハウをデジタル化し、クラウドサービスとして顧客に価値を提供する。そうした新たな手法でビジネスを急成長させたネットブレインズの取り組みから、デジタル変革で成功する秘訣を探る。

 

ネットワーク構築・運用を手がけるSIerがデジタル化時代に即してビジネスモデルを転換するには、どうすればいいのか。

この特集の第3回で述べたように、強みである設計・構築、運用に関わる技術とノウハウをデジタル化し、クラウドサービスとして提供することが1つの解になり得る。クラウド技術を使って迅速かつ低コストにサービス提供を行えるようにすることで、ユーザーに対して、コスト・期間をかけずに新たなテクノジーを利用できるという価値を提供するのだ。

これを体現した例がある。ネットブレインズが2014年1月に開始したUTM(統合脅威管理)販売ビジネスだ。

ネットブレインズ
(左から)ネットブレインズ 代表取締役の古畑雅士氏、ソリューション事業部 セキュアソリューション営業部部長の福沢信生氏、ソリューション事業部 WG営業部の島崎将司氏


2年半で売上の柱に成長ネットブレインズは社員数27名の中小規模SIerであり、1995年の設立以降、大手SIerの下請けで行うLAN構築が売上の大半だった。だが、同社はリーマンショックをきっかけに事業変革に乗り出す。代表取締役の古畑雅士氏は「当時、売上は半分以下になった。そこから中堅中小企業をターゲットに直接、サーバーも含めたシステム構築や運用サポートの事業を広げてきた」と話す。

UTM販売ビジネスもそうした取り組みの1つだ。2014年1月から、ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンのUTM製品と合わせて、その導入・運用を支援するクラウドマネジメントサービス「NetBrains Remote & Report Service(NBRS)」の販売を開始した。それ以前に、UTMのユーザー企業に直接提供していた運用サポートのノウハウをデジタル化し、クラウドサービスとして仕立て上げることで、より多くの顧客企業に提供できるようにしたのだ。

これにより、IT管理者がいない中小企業でもUTMを有効に活用できるようにした。セキュアソリューション営業部部長の福沢信生氏は「中小のお客様はセキュリティ対策の必要性を感じていても、UTMをどう運用していいかわからず導入を躊躇う。そこで、UTMと一緒にレポーティングと導入・運用支援を格安で提供すれば、他にないサービスになると考えた」と話す。

2年半前に始めたこのビジネスは、今や同社の売上の4 割近くを稼ぎ出すまでに成長している。

UTMとNBRSはリセラー経由の間接販売で展開しており、ゼロから開拓したリセラー数は現在100社を超え、年間のUTM販売台数は1200台にものぼる。そのうち7割以上がNBRSを合わせて導入しているという。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

unisys201702
nissho201702
yamato1703

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】AI・IoT・ARで《超》働き方改革
     <Part1> AI・チャットボットが社員の“相棒”
     <Part2> IoTで脱・ブラック職場
     <Part3> AR/VR/MRによる働き方改革のインパクト

●[インタビュー]ジュニパーネットワークス 社長 古屋知弘氏
●[ビジネス最前線]4つのLPWAでIoTの新市場を拓くKDDI
●[技術&トレンド]電話局を変革するCORDとは何か?

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ヤマハSWX2100-24G

スペシャルトピックス

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

大量の通信機器の設定作業を正確かつ迅速に行い、現場へ確実に届ける!

Ruckusなら特定方向に電波を集中送信する特許技術で安定したWi-Fiを実現

USB型WiMAX2+端末をWi-Fiルーター化する史上初の製品が登場した。

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

ソフトバンクが提供開始した「PrimeMeeting」なら、社内外問わずあらゆる端末から参加できる。

過酷な環境下での長期利用にも耐える「TOUGHPAD FZ-N1」はBCPやTCO削減に貢献する。

社内外の電話帳を基点にスピーディで安全なコミュニケーションを実現!

UC機能も備えた「moconavi」はMDMベースのEMMとは違う!

ゼンハイザーのスピーカーフォンなら、数人~20人超の会議まで幅広く。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ngn2016
isobeiot10
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます