企業ネットワーク最前線

デジタル変革と通信業界[最終回]

デジタル変革に成功したSIerに学ぶ――鍵は「技術力」のデジタル化

文◎坪田弘樹(編集部) 2017.01.16

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

SI技術とノウハウをデジタル化し、クラウドサービスとして顧客に価値を提供する。そうした新たな手法でビジネスを急成長させたネットブレインズの取り組みから、デジタル変革で成功する秘訣を探る。

 

ネットワーク構築・運用を手がけるSIerがデジタル化時代に即してビジネスモデルを転換するには、どうすればいいのか。

この特集の第3回で述べたように、強みである設計・構築、運用に関わる技術とノウハウをデジタル化し、クラウドサービスとして提供することが1つの解になり得る。クラウド技術を使って迅速かつ低コストにサービス提供を行えるようにすることで、ユーザーに対して、コスト・期間をかけずに新たなテクノジーを利用できるという価値を提供するのだ。

これを体現した例がある。ネットブレインズが2014年1月に開始したUTM(統合脅威管理)販売ビジネスだ。

ネットブレインズ
(左から)ネットブレインズ 代表取締役の古畑雅士氏、ソリューション事業部 セキュアソリューション営業部部長の福沢信生氏、ソリューション事業部 WG営業部の島崎将司氏


2年半で売上の柱に成長ネットブレインズは社員数27名の中小規模SIerであり、1995年の設立以降、大手SIerの下請けで行うLAN構築が売上の大半だった。だが、同社はリーマンショックをきっかけに事業変革に乗り出す。代表取締役の古畑雅士氏は「当時、売上は半分以下になった。そこから中堅中小企業をターゲットに直接、サーバーも含めたシステム構築や運用サポートの事業を広げてきた」と話す。

UTM販売ビジネスもそうした取り組みの1つだ。2014年1月から、ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンのUTM製品と合わせて、その導入・運用を支援するクラウドマネジメントサービス「NetBrains Remote & Report Service(NBRS)」の販売を開始した。それ以前に、UTMのユーザー企業に直接提供していた運用サポートのノウハウをデジタル化し、クラウドサービスとして仕立て上げることで、より多くの顧客企業に提供できるようにしたのだ。

これにより、IT管理者がいない中小企業でもUTMを有効に活用できるようにした。セキュアソリューション営業部部長の福沢信生氏は「中小のお客様はセキュリティ対策の必要性を感じていても、UTMをどう運用していいかわからず導入を躊躇う。そこで、UTMと一緒にレポーティングと導入・運用支援を格安で提供すれば、他にないサービスになると考えた」と話す。

2年半前に始めたこのビジネスは、今や同社の売上の4 割近くを稼ぎ出すまでに成長している。

UTMとNBRSはリセラー経由の間接販売で展開しており、ゼロから開拓したリセラー数は現在100社を超え、年間のUTM販売台数は1200台にものぼる。そのうち7割以上がNBRSを合わせて導入しているという。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

skyley1708
ibm1708
logicool1709

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】セルラーLPWAでGO!
●LTE-MとNB-IoTの違い/●世界のセルラーLPWA商用展開マップ/●注目セルラーLPWA事例 ほか

◆[インタビュー]NTTドコモ 執行役員 大野友義氏「対話型AIであらゆる生活を革新」 ◆LTEコードレス「sXGP」- 自営PHSから自営LTEへ ◆OTTも参戦!海底ケーブル市場の今 ◆ネットワーク監視ツール ◆働き方改革で拡大する法人スマデバ

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
yamaha_YSL_V810

スペシャルトピックス

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ms
iot15
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます